Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Dogeverse($DOGEVERSE)は、ミームコイン市場で初となるマルチチェーン犬コインです。

現在プレセールの最終ステージを行っていますが、資金調達額が1500万ドルを超え、プレセール終了までのカウントダウンが始まっています。

最終ステージとなるDogeverseのプレセール、資金調達額は1500万ドルへ

Dogeverseの画像

Dogeverseは、今月初めに1300万ドルのマイルストーンを達成して予定よりも早くプレセールの最終ステージを開始しましたが、資金調達スピードが加速して早くも1500万ドル以上の資金調達を完了させました。

Dogeverseプレセールのハードキャップ(資金調達上限額)は、1700万2500ドルとなっているため、プレセールはまもなく終了することが予想されています。

最終ステージでは、$DOGEVERSEを0.00031ドルの固定価格で入手することができます。

Dogeverseチームは、プレセール終了後に最初のDEX(分散型取引所)への上場を行うことを示唆しており、総供給量の10%(200億$DOGEVERSE)を取引所での流動性確保に割り当てています。

チームは、この先CEX(中央集権取引所)への上場も目指すことも宣言しており、投資家たちからの期待が高まっています。

マルチチェーン犬コインという特徴をもつDogeverse

Dogeverseの画像

$DOGEVERSEはマルチチェーンとして、Ethereum(ETH)、Binance(BNB)チェーン、Polygon(MATIC)、Solana(SOL)、Avalanche(AVAX)、Base(BASE)と、6つの主要ブロックチェーンに対応しています。

また、ミームコイン分野でトップを走るDogecoin($DOGE、ドージコイン)をテーマとして、コスモ・ドージ(Cosmo the Doge)という子犬をミームに設定しています。

このコスモ・ドージは、仮想通貨という宇宙世界にある星々(コイン)を飛び回り、自由に行き来できる優れた能力があると説明されています。

Dogeverseプロジェクトは、このようなマルチチェーン犬コインとしての特徴を活かして、異なるブロックチェーンのコミュニティを統合することを目指しています。

Dogeverseのマルチチェーン機能には、WormholeとPortal Bridgeという技術が含まれており、$DOGEVERSE保有者はサポートされているチェーン間でトークンを好きなように移動させることができるようになります。

さらに、マルチチェーンである$DOGEVERSEは、そのリーチを拡大して取引所での流動性を高める上に、保有者にとっての実用性も高められるので、今まで単一のブロックチェーンを選択していたミームコイン愛好家へ新たな選択肢を提供していくでしょう。

ステーキング機能も導入しているDogeverse

$DOGEVERSEのマルチチェーン機能に加えて、プロジェクトチームはトークン保有者向けにステーキング機能も導入しています。

$DOGEVERSEのステーキング機能は、現在58%のAPY(年間利回り)で、保有者へ受動的な報酬を提供しています。

プレセールでの購入者は、すぐに$DOGEVERSEをステーキングして報酬を獲得することができるため、受動的な報酬を求める投資家がたくさん集まっています。

このように、クロスチェーンの相互運用性と受動的収入の機会を組み合わせることで、Dogeverseのチームはミームコインを次のレベルへと高めることを目指しています。

Dogeverseの画像

DOGEVERSEのエコフレンドリーさも投資家を魅了

仮想通貨業界で長い歴史を持つBitcoin(BTC、ビットコイン)は、ブロックの検証とマイニング(採掘)にProof-of-Work(PoW、プルーフ・オブ・ワーク)という方法を用いていますが、これには多くのエネルギーが消費されるため、環境への影響が懸念されていました。

その点、$DOGEVERSEが対応しているブロックチェーンはどれもPoWを利用しておらず、エコフレンドリーさにも配慮したチームの姿勢が投資家を魅了しています。

このような$DOGEVERSEの魅力は、仮想通貨の大手メディアでも取り上げられており、市場全体での知名度は高まりつつあります。

DogeverseのX(旧Twitter)の公式アカウントでは、すでに1万7000人以上のフォロワーが、Telegramの公式チャンネルでは1万人以上の登録者が集まっています。

Dogeverseの公式サイトを見る


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マクロ環境の低迷が続く中、暗号分野も厳しいベアマーケットが到来

マクロ環境の低迷が続く中、暗号分野も厳しいベアマーケットが到来

プレセール開催中のアルトシグナルが890,000ドルを調達|ライトコインは半減期を前に価格上昇中

プレセール開催中のアルトシグナルが890,000ドルを調達|ライトコインは半減期を前に価格上昇中

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

OneSwap:仮想通貨市場予測で利益を獲得できる新機能「PREDICTION」公開へ

OneSwap:仮想通貨市場予測で利益を獲得できる新機能「PREDICTION」公開へ

柴ミーム(Shiba Memu)がミームコイン市場をリードする|驚きのAI活用法とは?

柴ミーム(Shiba Memu)がミームコイン市場をリードする|驚きのAI活用法とは?

アナリストがアルトコインに注目|強気相場で次のパンプに備える

アナリストがアルトコインに注目|強気相場で次のパンプに備える

注目度の高い仮想通貨ニュース

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

OKCoinJapan:アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供へ

OKCoinJapan:アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供へ

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す