ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

by BITTIMES

Blockchain World Conference(BWC)に登壇することを予定していたJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、現在数々の"死の脅威"に晒されていることを考慮して、急遽ストリーミング配信での講演に変更することを余儀無くされました。

世界一のブロックチェーンカンファレンスと言われるBWCは、7月11日〜13日の3日間に渡ってニュージャージー州のアトランティックシティ『Harrah's Resort』で開催されました。100人以上の講演者や80以上の出展者が参加したというこのイベントは、当初の予定でも世界中の10,000人の視聴者にライブストリーミング配信することが予定されていました。

このビックイベントの目玉となっていたのが、数々の仮想通貨に価格高騰を巻き起こしてきた「マカフィー砲」などで知られるセキュリティー専門家のジョン・マカフィー氏による基調講演となっていましたが、13日の発表でマカフィー氏の直接の登壇はなく『未公開の"安全な場所"からのストリーミング配信』に変更されることが明かされました。

マカフィー氏は数多くの死の脅威に脅かされているため、BWCチームは午前11時(米国東部標準時)に秘密の安全な場所から基調講演をライブストリーミングするように頼みました。 マカフィー氏の世界的に影響力のあるメッセージは、暗殺を企てる人々によって阻害されるべきものではありません!

マカフィー氏はこの1ヶ月間で波乱の人生を歩んでおり、数週間前にも何者かに毒殺を図られたことで、死の淵を彷徨っていました。

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)の推薦者は逮捕されるのを楽しみにするといい」といった発言や、仮想通貨取引所HitBTCに対する宣戦布告、インド準備銀行(RBI)と関係を持つ金融機関などに対してボイコットを求める、などの過激な対応を続けてきたマカフィー氏は数多くの個人や団体から命を狙われていると考えられています。

彼は"真の分散型社会"への移行を真剣に望んでおり、既存の中央集権的だと言われる銀行や政府などの巨大な組織に真っ向から反発しています。

このようなことから、暗殺を目論んでいる人物が多数いる可能性は非常に高いものの、一部の人々からは「BWCによる宣伝活動の一環なのではないか?」という声も上がっています。

CCNがこの件についてBWCにコメントを求めていますが、カンファレンスの主催者はそれらの脅威に関する情報提供を拒否しています。しかし彼らはそれと同時に、これらが"世間からの注目を集めるための宣伝活動である"という疑惑をはっきりと否定しており、これらの問題が非常に現実的で深刻なものであることを強調しています。

ーーこれがPR活動の一環ではないことを証明できますか?

はい、できます。
宣伝活動ではありません。これは全て非常に現実的な問題であるため、私たちはジョンの安全を確保するために厳しい予防措置を取らなくてはなりません。

これらの脅威がどこからくるものなのかに関しては定かではありませんが、いずれにしてもマカフィー氏は常に命の危険と戦っているようです。ストリーミング配信ではあるものの、BWCでマカフィー氏が語った内容には非常に注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

中東二国の中央銀行が仮想通貨を「共同開発」サウジアラビア・アラブ首長国連邦

中東二国の中央銀行が仮想通貨を「共同開発」サウジアラビア・アラブ首長国連邦

リップル(XRP)約40億円の取引記録を確認|送金コストは「わずか3円」

リップル(XRP)約40億円の取引記録を確認|送金コストは「わずか3円」

リップル(XRP)基軸市場に「TRX」の通貨ペアを追加:仮想通貨取引所BTCEXANEW

リップル(XRP)基軸市場に「TRX」の通貨ペアを追加:仮想通貨取引所BTCEXA

ロールス・ロイスなど「最高級車」が仮想通貨で購入可能に|BTC・BCH決済に対応

ロールス・ロイスなど「最高級車」が仮想通貨で購入可能に|BTC・BCH決済に対応

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

仮想通貨市場へ参入計画する企業「190社以上」に|事業者登録への関心高まる

仮想通貨市場へ参入計画する企業「190社以上」に|事業者登録への関心高まる

仮想通貨XRPは「BTC・ETH」以上に分散化されている|Ripple CEO:Brad Garlinghouse

仮想通貨XRPは「BTC・ETH」以上に分散化されている|Ripple CEO:Brad Garlinghouse

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月16日〜22日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月16日〜22日

シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」リップル(XRP)市場に5種類の通貨ペアを追加

シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」リップル(XRP)市場に5種類の通貨ペアを追加

ブロックチェーン支持者と「延命治療」の深い関わり|人体冷凍保存を支援する著名人

ブロックチェーン支持者と「延命治療」の深い関わり|人体冷凍保存を支援する著名人

「ビットコインは順調に成長している」2018年データから読み取る将来性:Jameson Lopp

「ビットコインは順調に成長している」2018年データから読み取る将来性:Jameson Lopp

リップル社の国際送金ネットワークに加盟する金融機関「200以上」に:RippleNet

リップル社の国際送金ネットワークに加盟する金融機関「200以上」に:RippleNet

NASDAQ上場企業の株式を「トークン化」仮想通貨取引所DX.Exchange:2019年1月7日始動

NASDAQ上場企業の株式を「トークン化」仮想通貨取引所DX.Exchange:2019年1月7日始動

仮想通貨取引所「DX.Exchange」リップル(XRP)など13銘柄取り扱い開始

仮想通貨取引所「DX.Exchange」リップル(XRP)など13銘柄取り扱い開始

イーサリアム(ETH)時価総額ランキングでリップル(XRP)から「2位」を奪還

イーサリアム(ETH)時価総額ランキングでリップル(XRP)から「2位」を奪還

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す