ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

by BITTIMES   

Blockchain World Conference(BWC)に登壇することを予定していたJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、現在数々の"死の脅威"に晒されていることを考慮して、急遽ストリーミング配信での講演に変更することを余儀無くされました。

世界一のブロックチェーンカンファレンスと言われるBWCは、7月11日〜13日の3日間に渡ってニュージャージー州のアトランティックシティ『Harrah's Resort』で開催されました。100人以上の講演者や80以上の出展者が参加したというこのイベントは、当初の予定でも世界中の10,000人の視聴者にライブストリーミング配信することが予定されていました。

このビックイベントの目玉となっていたのが、数々の仮想通貨に価格高騰を巻き起こしてきた「マカフィー砲」などで知られるセキュリティー専門家のジョン・マカフィー氏による基調講演となっていましたが、13日の発表でマカフィー氏の直接の登壇はなく『未公開の"安全な場所"からのストリーミング配信』に変更されることが明かされました。

マカフィー氏は数多くの死の脅威に脅かされているため、BWCチームは午前11時(米国東部標準時)に秘密の安全な場所から基調講演をライブストリーミングするように頼みました。 マカフィー氏の世界的に影響力のあるメッセージは、暗殺を企てる人々によって阻害されるべきものではありません!

マカフィー氏はこの1ヶ月間で波乱の人生を歩んでおり、数週間前にも何者かに毒殺を図られたことで、死の淵を彷徨っていました。

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)の推薦者は逮捕されるのを楽しみにするといい」といった発言や、仮想通貨取引所HitBTCに対する宣戦布告、インド準備銀行(RBI)と関係を持つ金融機関などに対してボイコットを求める、などの過激な対応を続けてきたマカフィー氏は数多くの個人や団体から命を狙われていると考えられています。

彼は"真の分散型社会"への移行を真剣に望んでおり、既存の中央集権的だと言われる銀行や政府などの巨大な組織に真っ向から反発しています。

このようなことから、暗殺を目論んでいる人物が多数いる可能性は非常に高いものの、一部の人々からは「BWCによる宣伝活動の一環なのではないか?」という声も上がっています。

CCNがこの件についてBWCにコメントを求めていますが、カンファレンスの主催者はそれらの脅威に関する情報提供を拒否しています。しかし彼らはそれと同時に、これらが"世間からの注目を集めるための宣伝活動である"という疑惑をはっきりと否定しており、これらの問題が非常に現実的で深刻なものであることを強調しています。

ーーこれがPR活動の一環ではないことを証明できますか?

はい、できます。
宣伝活動ではありません。これは全て非常に現実的な問題であるため、私たちはジョンの安全を確保するために厳しい予防措置を取らなくてはなりません。

これらの脅威がどこからくるものなのかに関しては定かではありませんが、いずれにしてもマカフィー氏は常に命の危険と戦っているようです。ストリーミング配信ではあるものの、BWCでマカフィー氏が語った内容には非常に注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

ヘッドフォンメーカー「Monster Products」が3億ドルのICOを計画

ヘッドフォンメーカー「Monster Products」が3億ドルのICOを計画

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

送金アプリ「XRP TipBot」銀行ライセンス取得へ|さらなるサービス拡大の可能性

送金アプリ「XRP TipBot」銀行ライセンス取得へ|さらなるサービス拡大の可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す