歴史上最大!仮想通貨のイベント「Blockchain World Conference」

by BITTIMES   

Blockchain World Conference(BWC)は、「7月11日に開催される"第1回目の真にグローバルなブロックチェーンイベント"がその他のすべてのイベントを凌駕し、歴史上最大の仮想通貨の祭典になる」と発表しました。

Blockchain World Conference(BWC)

Blockchain World Conference(BWC)は、ニュージャージー州アトランティックシティの『Harrah's Resort』で、7月11日〜13日の3日間にわたって開催されます。

8000人以上の出席者、120以上の出展者、100人以上の講演者が参加するこのイベントは、12万平方メートル以上の展示スペースを誇っています。またイベントの内容は世界中の25,000人の視聴者にライブストリーミング配信されます。

Blockchain World Conference(BWC)の主な焦点と目標は、長期的な成長と持続可能な拡大を達成するためにBlockchain技術の範囲と幅を拡大することです。

ジョン・マカフィー氏降臨

この3日間に渡る大規模なブロックチェーンネットワーキングと議論を包み込めるのは、仮想通貨の王と言われるジョン・マカフィー氏以外にはいません。

仮想通貨への彼の直接的な関与の過程で、彼はこのスペースの有名なスポークスマンの一人になりました。

特に彼のツイッタープロフィールにコインを載せているときに、市場に強い影響を与えているため、暗号コミュニティ全体で「マカフィー効果」を持つと広く認識されています。

マカフィー氏の他にも、他にも数え切れないほどのCEOやCTOと仮想通貨プロジェクトMDが今回の会議でスピーチと講演を行います。

チケットの価格

イベントのチケット価格は、世界中の多くの他のブロックチェーン会議と同様に精査されています。エントリーの障壁は、多くの仮想通貨愛好家や専門家が出席を拒否する高い価格帯に設定されています。

Blockchain World Conference(BWC)のチケット価格Blockchain World Conference(BWC)のチケット価格(bwcevent.comから)

早期の割引が6月15日まで利用可能になったにもかかわらず、すでに他のイベントよりも多くの出席者が予想されており、チケットの価格は746ドル(約8万円)から3,000ドル(約33万円)となっています。

高額なイベントを拒否するヴィタリック・ブテリン氏

イーサリアム(ETH)の共同設立者でもあるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、今年の『Consensus Blockchain Conference』に参加することを拒否しました。

私は今年、@coindeskのコンセンサス2018会議をボイコットしており、他の人たちも同じことを強く奨励しています。 ここに私の推論があります。

1.Coindeskは、無意識のうちに詐欺に貢献している。OMGについての最新の記事を参照してください、*directly links*は贈与詐欺に直接リンクしています。

ボイコットの理由としてブテリン氏は、"彼らのEIP 999の報道はひどかった"とも語っており、"彼らはEIP 999が受け入れからほど遠いことが明白なときにチェーンが分割されると主張する、非常にセンセーショナルな記事を発表した"と説明しています。

その他の理由の中には、カンファレンスの費用が高額であることも含まれていました。

4.そして、カンファレンスには23,000ドル(約253万円)の費用がかかります。
私は個人的に、そのレベルの費用を求めるものに貢献することを拒否します

今回のイベントは、その種の最大の博覧会としてのブロックチェーン開発の光景であることは間違いありませんが、将来的にはこのスペースで選ばれた金融エリートに利益をもたらし、大量のチケット売り上げ利益を上げるのではなく、これらのイベントを誰もが利用できるようにすることに関心を持つ展覧会を見ることができるでしょう。

Blockchain World Conference(BWC)の詳細については以下の公式サイトからどうぞ
>bwcevent.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

KILL TO EARN採用のTPSゲーム「Sector Seven」ベトナムでβ版ローンチ・トーナメント開催

KILL TO EARN採用のTPSゲーム「Sector Seven」ベトナムでβ版ローンチ・トーナメント開催

OKCoinJapan:カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)取扱いへ

OKCoinJapan:カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)取扱いへ

コインチェック「ネム(NEM/XEM)の購入・売却サービス一時停止」を発表

コインチェック「ネム(NEM/XEM)の購入・売却サービス一時停止」を発表

XRPは有価証券か?Ripple社に対する「訴訟問題」についてBINANCE CEOが語る

XRPは有価証券か?Ripple社に対する「訴訟問題」についてBINANCE CEOが語る

HEXA:NFT活用したWEB3.0型ブログサービス「6ブログ」正式版リリース

HEXA:NFT活用したWEB3.0型ブログサービス「6ブログ」正式版リリース

仮想通貨法案成立で日本が仮想通貨先進国へ

仮想通貨法案成立で日本が仮想通貨先進国へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー「自己対当取引防止機能」を導入|相場操縦行為を未然に防ぐ

ビットフライヤー「自己対当取引防止機能」を導入|相場操縦行為を未然に防ぐ

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

シバイヌの「*Shib Name Token」どんな名前を取得すべき?D3社がガイドライン公開

シバイヌの「*Shib Name Token」どんな名前を取得すべき?D3社がガイドライン公開

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す