カルダノ(CARDANO/ADA)は最も魅力的な仮想通貨プロジェクト|eToro

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(ADA)のプロジェクトを高く評価しているレポートが発表され一部で話題となっています。世界でもトップクラスの投資プラットフォームであるeToro(イートロ)は、ADAやそれを支えるCardanoブロックチェーンに関する調査を行い、その報告書を発表しました。

こちらから読む:カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)とは?

eToroからの高評価

etoro

eToro(イートロ)の上級アナリストであるMati Greenspan(マティ・グリーンスパン)氏は、「カルダノエイダコイン(ADA)が最も魅力的なプロジェクトである」と述べています。

彼は「もしカルダノプロジェクトが上手くいった場合には、非常に大きなプロジェクトになる可能性を秘めている」と語っており、「カルダノは高性能でスケーラブルなネットワークであり、分散型アプリケーション(DApp)をより安全に素早く実行することができる」と説明しています。

Cardanoは、第3世代のブロックチェーンを代表するその他の新しいプロジェクトと共に、よりスケーラブルで持続可能なネットワークを構築するための新しいテクノロジーの開発を目指しており、最も成功したより確立されたプロジェクトとしてプライバシー、セキュリティ、ガバナンスを維持しています。

Cardanoを支える強力なメンバー

Charles-Hoskinson

Cardanoの創設者兼CEOであるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏と共に、イーサリアムブロックチェーンを共同設立しています。ホスキンソン氏は天才数学者としても知られており、現在もカルダノブロックチェーンの開発に非常に力を入れています。

またカルダノ財団の会長であるMichael Parsons(マイケル・パーソンズ)氏は、銀行業界で25年間も経験を積んでおり、ビットコイン(BTC)を初期から支持していた人物の一人でもあります。

これらの人々が支えるカルダノブロックチェーンは、非常に大きな可能性を秘めており、グローバルテクノロジーに長期的な影響を与える可能性を秘めているとの高い評価を受けています。

Ouroboros(ウロボロス)

ouroboros

Cardanoはビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)とは異なる特徴を持っています。
この二つの主要な仮想通貨は、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)プロトコルを使用してコンセンサスを達成し、ネットワークを検証します。PoWはコンピュータのハードウェアを使用したマイニング(採掘)を行う必要がありますが、カルダノのブロックチェーンはそのようなマイニングではなく、所有権を証明するOuroboros(ウロボロス)のシステムに基づいています。

ウロボロスでは、仮想通貨の保有することによってマイニングを行うシステムである「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」を採用しており、その保有している量や期間によって、マイニングのしやすさが変化するような仕組みとなっています。これによって、マイニングのために高性能が装置が必要な従来のものと比べ、圧倒的な低コストでマイニングを行うことができます。さらに、承認作業の優先度が決まっているため、トランザクションの処理速度が早く、51%アタック(*1)にも強い耐性を備えています。
(*1)51%アタック:特定のグループや個人がマイニングの計算能力の過半数を占めることによって、不正な取引を行う行為のこと

この技術は非常に高い評価を受けており、通貨を保有することで個人でもマイニングに参加することができることなどから、参入障壁も低く、より平等なマイニング環境が構築されることが期待されています。

長期的に大きな成功を成し遂げる可能性

今回発表された報告書では、カルダノプロジェクトがまだ開発中であり、完全には運用されていないことから『今後プラットフォーム上でより多くのDAppsが構築されるにつれて"大幅に変わってくる可能性があるトランザクション量"を特定することは困難である』と説明されています。しかしそれと同時に、最終的にはこれらのこと全体を踏まえて次のように結論づけています。

カルダノは長期的なロードマップを達成していくにつれて、大きな成功を成し遂げる可能性を秘めている。

グリーンスパン氏は、coinjournal.netからのインタビューに対して、カルダノプロジェクトで開発が進められている「Shelleyへの移行」や「Cardanoベースのアプリケーション開発」などの全てが価格に影響すると語っています。

また、現時点でも数多くのクライアントから非常に多くのコメントが寄せられているとも語っており、この数日間だけでもさらに注目が集まっていることを強調しています。

カルダノエイダコイン(ADA)は、長いロードマップに記されている革新的な計画や、実際に実装されてきた魅力的な機能によって、長期的な投資の対象として非常に高い評価を集めています。

カルダノエイダコイン(ADA)は仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)などから購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の通貨ペア「2種類」を新たに追加

BINANCE:カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の通貨ペア「2種類」を新たに追加

コインベース:仮想通貨4種類の上場を発表|XRP・ADAなどの取り扱いも検討

コインベース:仮想通貨4種類の上場を発表|XRP・ADAなどの取り扱いも検討

eToro:ビットコインがもらえる「カラオケATM」をロンドンに|BTC誕生10周年記念!

eToro:ビットコインがもらえる「カラオケATM」をロンドンに|BTC誕生10周年記念!

チャールズ・ホスキンソン「イーサリアムが成功するとは思わなかった」

チャールズ・ホスキンソン「イーサリアムが成功するとは思わなかった」

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月3日〜9日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月3日〜9日

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

注目度の高い仮想通貨ニュース

カタパルト実装に前進!NEM財団「最新ウォレットアプリ」開発パートナー企業を発表

カタパルト実装に前進!NEM財団「最新ウォレットアプリ」開発パートナー企業を発表

ブロックチェーンゲーム会社「Lucid Sight」アニモカ・ブランドと提携|アジア市場進出へ

ブロックチェーンゲーム会社「Lucid Sight」アニモカ・ブランドと提携|アジア市場進出へ

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

ブロックチェーンで「デジタル取引」促進へ|インド決済公社が導入を検討

ブロックチェーンで「デジタル取引」促進へ|インド決済公社が導入を検討

本日開催!GMOコイン:仮想通貨FX BTC「スプレッド大幅縮小」チャレンジ

本日開催!GMOコイン:仮想通貨FX BTC「スプレッド大幅縮小」チャレンジ

サトシ・ナカモトは誰なのか?謎を解くための「15のヒント」を提示:John McAfee

サトシ・ナカモトは誰なのか?謎を解くための「15のヒント」を提示:John McAfee

ドイツ半導体大手「infineon」自動車へのブロックチェーン導入でXAINと協力

ドイツ半導体大手「infineon」自動車へのブロックチェーン導入でXAINと協力

Louis Vuitton・Diorのオーナー企業「LVMH」ブロックチェーン導入へ|60以上の高級ブランドに実装

Louis Vuitton・Diorのオーナー企業「LVMH」ブロックチェーン導入へ|60以上の高級ブランドに実装

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

オンライン旅行代理店がトロン(TRON/TRX)決済に対応「55万以上のホテル予約」が可能に

オンライン旅行代理店がトロン(TRON/TRX)決済に対応「55万以上のホテル予約」が可能に

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月14日〜20日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月14日〜20日

ビットコイン先物の承認獲得へ向け、ニューヨークで「Bit License」取得を検討:Bakkt

ビットコイン先物の承認獲得へ向け、ニューヨークで「Bit License」取得を検討:Bakkt

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す