カルダノ(CARDANO/ADA)は最も魅力的な仮想通貨プロジェクト|eToro

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(ADA)のプロジェクトを高く評価しているレポートが発表され一部で話題となっています。世界でもトップクラスの投資プラットフォームであるeToro(イートロ)は、ADAやそれを支えるCardanoブロックチェーンに関する調査を行い、その報告書を発表しました。

こちらから読む:カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)とは?

eToroからの高評価

etoro

eToro(イートロ)の上級アナリストであるMati Greenspan(マティ・グリーンスパン)氏は、「カルダノエイダコイン(ADA)が最も魅力的なプロジェクトである」と述べています。

彼は「もしカルダノプロジェクトが上手くいった場合には、非常に大きなプロジェクトになる可能性を秘めている」と語っており、「カルダノは高性能でスケーラブルなネットワークであり、分散型アプリケーション(DApp)をより安全に素早く実行することができる」と説明しています。

Cardanoは、第3世代のブロックチェーンを代表するその他の新しいプロジェクトと共に、よりスケーラブルで持続可能なネットワークを構築するための新しいテクノロジーの開発を目指しており、最も成功したより確立されたプロジェクトとしてプライバシー、セキュリティ、ガバナンスを維持しています。

Cardanoを支える強力なメンバー

Charles-Hoskinson

Cardanoの創設者兼CEOであるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏と共に、イーサリアムブロックチェーンを共同設立しています。ホスキンソン氏は天才数学者としても知られており、現在もカルダノブロックチェーンの開発に非常に力を入れています。

またカルダノ財団の会長であるMichael Parsons(マイケル・パーソンズ)氏は、銀行業界で25年間も経験を積んでおり、ビットコイン(BTC)を初期から支持していた人物の一人でもあります。

これらの人々が支えるカルダノブロックチェーンは、非常に大きな可能性を秘めており、グローバルテクノロジーに長期的な影響を与える可能性を秘めているとの高い評価を受けています。

Ouroboros(ウロボロス)

ouroboros

Cardanoはビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)とは異なる特徴を持っています。
この二つの主要な仮想通貨は、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)プロトコルを使用してコンセンサスを達成し、ネットワークを検証します。PoWはコンピュータのハードウェアを使用したマイニング(採掘)を行う必要がありますが、カルダノのブロックチェーンはそのようなマイニングではなく、所有権を証明するOuroboros(ウロボロス)のシステムに基づいています。

ウロボロスでは、仮想通貨の保有することによってマイニングを行うシステムである「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」を採用しており、その保有している量や期間によって、マイニングのしやすさが変化するような仕組みとなっています。これによって、マイニングのために高性能が装置が必要な従来のものと比べ、圧倒的な低コストでマイニングを行うことができます。さらに、承認作業の優先度が決まっているため、トランザクションの処理速度が早く、51%アタック(*1)にも強い耐性を備えています。
(*1)51%アタック:特定のグループや個人がマイニングの計算能力の過半数を占めることによって、不正な取引を行う行為のこと

この技術は非常に高い評価を受けており、通貨を保有することで個人でもマイニングに参加することができることなどから、参入障壁も低く、より平等なマイニング環境が構築されることが期待されています。

長期的に大きな成功を成し遂げる可能性

今回発表された報告書では、カルダノプロジェクトがまだ開発中であり、完全には運用されていないことから『今後プラットフォーム上でより多くのDAppsが構築されるにつれて"大幅に変わってくる可能性があるトランザクション量"を特定することは困難である』と説明されています。しかしそれと同時に、最終的にはこれらのこと全体を踏まえて次のように結論づけています。

カルダノは長期的なロードマップを達成していくにつれて、大きな成功を成し遂げる可能性を秘めている。

グリーンスパン氏は、coinjournal.netからのインタビューに対して、カルダノプロジェクトで開発が進められている「Shelleyへの移行」や「Cardanoベースのアプリケーション開発」などの全てが価格に影響すると語っています。

また、現時点でも数多くのクライアントから非常に多くのコメントが寄せられているとも語っており、この数日間だけでもさらに注目が集まっていることを強調しています。

カルダノエイダコイン(ADA)は、長いロードマップに記されている革新的な計画や、実際に実装されてきた魅力的な機能によって、長期的な投資の対象として非常に高い評価を集めています。

カルダノエイダコイン(ADA)は仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)などから購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Cardano】Shelleyテストネット、ステークプール登録数が「240」を突破

【Cardano】Shelleyテストネット、ステークプール登録数が「240」を突破

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

チャールズ・ホスキンソン「イーサリアムが成功するとは思わなかった」

チャールズ・ホスキンソン「イーサリアムが成功するとは思わなかった」

CARDANO(ADA)基軸の仮想通貨取引所「IronX」パブリックセール開催中

CARDANO(ADA)基軸の仮想通貨取引所「IronX」パブリックセール開催中

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

アルトコイン市場に回復傾向|XRPなど複数銘柄で「10%以上」の急騰を観測

アルトコイン市場に回復傾向|XRPなど複数銘柄で「10%以上」の急騰を観測

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

Starbucks:仮想通貨決済オプション「Bakkt Cash」を追加

Starbucks:仮想通貨決済オプション「Bakkt Cash」を追加

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

Socios公式ファントークン「SOCIOSユナイテッド(SSU)」公開

Socios公式ファントークン「SOCIOSユナイテッド(SSU)」公開

不動産セキュリティトークン発行(STO)に向け「実証実験」を実施:LIFULL

不動産セキュリティトークン発行(STO)に向け「実証実験」を実施:LIFULL

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」提供へ|XRP・LTCなど5名柄に対応

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」提供へ|XRP・LTCなど5名柄に対応

【速報】ビットコイン価格「80万円台」に急落|仮想通貨市場は全面安の展開に

【速報】ビットコイン価格「80万円台」に急落|仮想通貨市場は全面安の展開に

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す