カルダノブロックチェーンが農業を救う|世界で活用される技術とビジョン

by BITTIMES   

カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)を支える天才数学者として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、さまざまな国を訪れながらカルダノブロックチェーンの活用に取り組んでいます。現在進行中のいくつかの活用事例を紹介します。

エチオピアのアグリテック産業にカルダノの技術を活用

イーサリアム(ETH)の共同設立者でありカルダノの創業者兼CEOであるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、エチオピアの科学技術省との、農業にブロックチェーン技術などを活用する「アグリテック(Agritech)」に関する覚書(MOU)に署名しました。

このプロジェクトの参加者はサプライチェーンに沿ってコーヒーを追跡したり、詐欺を減らすために土地登録の目的でブロックチェーンを使用する方法を模索していきます。

ホスキンソン氏は自身のアイデアを共有するだけでなく、カルダノのブロックチェーンテクノロジーを自分たちで使う方法を開発者に教える予定にもなっています。

今回結ばれたパートナーシップは教育を取り決めの中核としていることなどから、長期的な影響を持つことが予想されます。

ホスキンソン氏は、自身のTwitterで今回のMOU締結を次のように報告しています。

エチオピアの科学技術省とブロックチェーン開発者のトレーニングやアグリテック産業にカルダノの利用を進めるためのMOUを締結しました

カルダノ開発者育成への取り組み

IOHKでアフリカのオペレーションディレクターを務めているJohn O'Connor(ジョン・オコナー)氏は、アフリカで開発者を育成することへの取り組みやその重要性を詳しく説明しています。

彼によると、アフリカへの進出はカルダノ開発者の育成から始まっており、現在はバルバドスとギリシャの大学と連携してエンジニアリングスクールを運営しているとのことです。

若い卒業生を雇い集中的に訓練することによって、コース終了時にはIOHKによってジュニアソフトウェア開発者として雇用され、トレーニングを継続することでそれぞれのスキルに応じた給与が支払われる予定となっています。

またこのトレーニングは義務ではなく無料で受けることができ、現場の有力な学者によって提供されます。

オコナー氏はこの取り組みについて次のように述べています。

「私たちはエチオピアで最初のコースを提供し、年末までにはエチオピアの開発者たちにカルダノのコードに貢献できることを期待しています。」

土地登録の問題解決にも

ホスキンソン氏は今年、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで開発途上国におけるカルダノの目標をより広範に説明し、土地所有者が適切な記録の保持ができていないために、自分の財産を追い払われているという土地登記簿周辺の問題について語っています。

現在、ルワンダ・ケニア・ガーナなどの国々はカルダノとIOHKのブロックチェーン上の土地登録に支えられています。

ホスキンソン氏は、彼が仮想通貨の世界に入った理由の1つが「自分の問題を解決できるように、世界中の人々にこのツールを提供するためにはどのような機能が必要かを探求すること」であったことを明かしています。

ホスキンソン氏はSIRIN LABSにも訪問

ホスキンソン氏はアフリカに向かう前に、SIRIN LABSを訪れたことも明かしています。

SIRIN LABS Token(SRN)を発行しているSIRIN LABSが発売を予定している『FINNEYスマートフォン』には、ADAコインが導入されることも発表されています。

エイダコインも利用できるFINNEYスマートフォンとは?

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格

今回の発表は、カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格に目立った変化は与えていません。仮想通貨全体の価格暴落に伴い、一時25円近くまで下落したADAはその後回復し現在40円前後で取引されています。

カルダノ・エイダコインの詳しい解説はこちら

カルダノエイダコイン(ADA)は仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)などから購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase Pro:LINK・XRPなど4銘柄で「ユーロ・英ポンド建て」取引ペアを追加

Coinbase Pro:LINK・XRPなど4銘柄で「ユーロ・英ポンド建て」取引ペアを追加

BitPay:XRP決済による「ギフトカード購入サービス」提供へ

BitPay:XRP決済による「ギフトカード購入サービス」提供へ

ブルンジ共和国:仮想通貨取引の「全面禁止」を決定|投資家・消費者の保護を優先

ブルンジ共和国:仮想通貨取引の「全面禁止」を決定|投資家・消費者の保護を優先

国際送金世界2位「Ria Money Transfer」RippleNetに参加|4兆円規模の取引さらに効率化へ

国際送金世界2位「Ria Money Transfer」RippleNetに参加|4兆円規模の取引さらに効率化へ

JPモルガン:ブロックチェーン決済ネットワークが拡大 ー 75以上の銀行が参加

JPモルガン:ブロックチェーン決済ネットワークが拡大 ー 75以上の銀行が参加

TikTok運営会社:ブロックチェーン・AI関連の「合弁会社」を設立=Bloomberg報道

TikTok運営会社:ブロックチェーン・AI関連の「合弁会社」を設立=Bloomberg報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

総合格闘技団体PFL「Socios.com」で公式ファントークン発行へ|投票イベントなどを開催

総合格闘技団体PFL「Socios.com」で公式ファントークン発行へ|投票イベントなどを開催

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

不動産賃貸契約にブロックチェーン活用「スマート契約」プレ商用サービス開始

不動産賃貸契約にブロックチェーン活用「スマート契約」プレ商用サービス開始

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

ザイフ「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催

ザイフ「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

インド初の暗号資産銀行サービス「UNICAS」登場|実店舗などでBTCなど8銘柄取り扱い

インド初の暗号資産銀行サービス「UNICAS」登場|実店舗などでBTCなど8銘柄取り扱い

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す