Facebook:ステラ(Stellar)ブロックチェーンを利用した決済ネットワーク構築か?

by BITTIMES   

Facebook(フェイスブック)のブロックチェーン研究チームは、仮想通貨ステラ(Stellar/XML)の開発メンバーとの会談を行い、支払いネットワークや銀行業界に大きな影響を与える可能性のある分散型ソリューションの開発に向けたプロジェクトに取り組んでいると報じられています。

こちらから読む:Facebookのブロックチェーン研究チームとは?独自の仮想通貨も

Facebook(フェイスブック)のブロックチェーン研究チームは最近、ステラ(Stellar/XML)のメンバーとの話し合いを行い、協力して新しいブロックチェーン製品を開発するための方法を模索していると伝えられています。

ビジネス・インサイダーの報道によると、Facebookはブロックチェーンプラットフォームを構築するために、ステラのネットワークを利用する可能性があるとのことで、Stellerのブロックチェーン技術をFacebookの既存のサービスや製品にどのように統合することができるかについての話し合いを行なっているとのことです。

また、ステラのブロックチェーンをフォークすることによって、独自のブロックチェーンを作り出す可能性もあるとも伝えられています。Stellerをフォークさせることによって、Facebookは自らのブロックチェーンを構築するために大きな費用を投じることなく、機能性が高い、高速で実績のあるネットワークにアクセスすることができます。

ステラ(Stellar)はコメントを拒否

これらの取り組みを通じてFacebookは独自の仮想通貨を発行するのではないか?ともみられていましたが、一連の報道内容については、両当事者からの公式発表などは確認されておらず、はっきりとした情報は分かっていません。

今回の件に対して、ステラ(Stellar/XML)側はコメントを拒否しているとも伝えられており、複数のメディアで報じられている内容には、多少の違いが生まれています。

Facebookは報道を否定

報道内容に関してはFacebook側から後日コメントがなされており、海外メディアである「チェダー」は『Facebookの広報担当者も一連の報道内容を否定した』と伝えています。Facebookの広報担当者はチェダーに対して次のように語っています。

私たちはステラとのどんな協議にも応じていませんし、彼らのテクノロジーを使うことも検討していません。

しかし、Facebookがブロックチェーン技術や仮想通貨の発行に関する取り組みを行なっているという報道は以前から、多くのメディアで報じられており、実際にそれらの取り組みを行なっていることも徐々に明らかになってきています。

今回の報道でさらに注目を集め、大きな話題となったことなどから、近い将来にこれらのプロジェクトに関する具体的な内容が正式に発表させる可能性もあると言えるでしょう。今後の新たな発表には大きな注目が集まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Shibarium「3・4回目のSHIBバーン」を実施|合計取引件数は1億6,000万を突破

Shibarium「3・4回目のSHIBバーン」を実施|合計取引件数は1億6,000万を突破

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン企業「EQUI Global」の共同設立者に就任

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン企業「EQUI Global」の共同設立者に就任

Huobiが10億ドルのブロックチェーン基金を開始

Huobiが10億ドルのブロックチェーン基金を開始

米マーベル「Marvel公式NFTデジタルグッズ」リリースへ|収集品アプリVeVeと協力

米マーベル「Marvel公式NFTデジタルグッズ」リリースへ|収集品アプリVeVeと協力

ジャスミー「カーボンクレジット取引所」2024年春リリースへ|参加組織の募集開始

ジャスミー「カーボンクレジット取引所」2024年春リリースへ|参加組織の募集開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す