ブロックチェーンで管理する百科事典「Everipedia」リリース|IQトークンで報酬も

by BITTIMES   

Wikipedia(ウィキぺディア)のブロックチェーン版とも言われるピア・ツー・ピア(P2P)のオンライン百科事典「Everipedia(エヴァリペディア)」が8月9日に公開されました。イオス(EOS)のBlockchain上で公開されているこのサービスでは、記事編集者への報酬として使用される『IQトークン』を発行しています。

こちらから読む:Everipediaの特徴となるブロックチェーンとは?技術の基本から学ぶ

Everipedia(エヴァリペディア)とは

Everipedia(エヴァリペディア)は、現代社会のために新しく作成された次世代型の百科事典です。
Wikipediaのように世界中に公開されているこの百科事典は、すでに600万件を超える記事が作成されており、無料で閲覧することができます。

Wikipediaの問題点を解決

Everipediaは現在、イオス(EOS)のブロックチェーン上で公開されており、すでに8,000人のユーザーが参加しています。最高情報責任者(CIO)には、Wikipediaの共同設立者であるLarry Sanger(ラリー・サンガー)博士が就任していることもあり、注目が集まっています。

Wikipediaは世界的中で最も多く利用されているオンライン百科事典として現在も愛されていますが、誤った情報が記載されていることもあったため、以前からそれらの問題点を指摘する意見も見られていました。

また、Wikipediaは非営利団体である「ウィキメディア財団」によって運営されているため、資金面は外部からの寄付に頼っている現状があるため、複数の問題なのも発生していました。

Everipediaは、このような問題に適切に対処するために、ネイティブトークンである『IQトークン』を発行しています。

IQトークン

『IQトークン』は、正確な情報を収集して正しく分類し、より適切な情報としてEveripediaで共有したユーザーに対する報酬として支払われます。

IQトークンが配布されることによって、Wikipediaの問題点として挙げられてきたいくつかの問題点を解決できることが期待されています。

Everipediaの利点

サンガー博士は、Everipediaの分散型ネットワークが持つ利点について、次のように説明しています。

ネットワークは分散化されているので、Everipedia以外の複数の百科事典からの記事を集めることになります。

これによって同じトピックに関する異なる記事を掲載することができるため、最終的には様々な分野の人物、グループ、および専門家によって評価された、同じトピックに関連する違う記事を探すことができる評価システムが完成します。

Everipediaが発表された当初は、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを使用することが予定されていましたが、スケーラビリティなどの問題を考慮した結果、イオス(EOS)のブロックチェーン上で公開することが決定されました。

複数の言語にも対応

everipedia

現時点は英語での記事が主流となっていますが、綺麗な文章で解説されているためGoogleの翻訳機能などを使うことによって、内容も理解しやすい文章となっています。今後さらに記事の編集者が増えることによって、内容もさらに充実して、急速に発展していく可能性も秘めています。

すでに20ヶ国語以上のページが開設されているため、今後もさらに多くの国の言語にも対応していくことになると考えられます。日本語版の編集者も必要になると考えられるため、興味のある方は今のうちからEveripediaを閲覧しておくと良いでしょう。

オンライン百科事典として不動の地位を築いてきたWikipediaの競合となる可能性を秘めているEveripediaには、大きな注目と期待が集まっています。

詳しくはEveripediaの公式サイトをご覧ください

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

NEM・Symbol関連の「新たなウェブサイト」公開|2020年マーケティングプランも

NEM・Symbol関連の「新たなウェブサイト」公開|2020年マーケティングプランも

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

ブロックチェーンの学生向けオンラインコースを開始|インドとIBMが協力

ブロックチェーンの学生向けオンラインコースを開始|インドとIBMが協力

Theta Labs:Chrome拡張機能「Theta Wallet(シータ・ウォレット)」リリース

Theta Labs:Chrome拡張機能「Theta Wallet(シータ・ウォレット)」リリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す