「ビットコイン価格は1億円に達する可能性がある」マーク・ユースコ氏が大胆予測

by BITTIMES   

ビットコイン価格は今月 60万円を突破し、順調にその市場価格を拡大させています。
アメリカの大手ヘッジファンドでも、ビットコインや暗号通貨に対する評価が見直され、市場に続々と投資家が集まりはじめました。
そんな中、Morgan Creek Capital Management(モーガン・クリーク・キャピタル・マネジメント)のファンドマネージャーである、Mark W. Yusko(マーク・ユースコ氏)が、

「ビットコインの価格は、長期的には100万ドル(約 1億1,000万円)に達する可能性がある。」

と大胆な予測を行いました。
現在の価格がおよそ 60万円ですから、今よりもさらに 180倍以上に高騰する予測です。
彼はなぜここまで大胆な予測を行なったのでしょうか?

ビットコイン価格は10年で1億ドルへ

Yusko氏は、

「 10年以上かかるが、ビットコイン価格は 100万ドル( 1億1,000万円)を目標に設定しており、これがベストシナリオだ。」

と発言しています。続けて彼は、ビットコイン価格の「控えめ」なシナリオとして、

「ビットコイン価格が、20年以内に5,500万円に達する可能性は75%だ。」

と、どちらにしてもビットコイン価格が、今よりも数十倍以上高騰すると大胆に予測しました。
彼は、ビットコインが多くの人が使用するにつれて価値が上昇する現象(ネットワーク効果)と貴金属(金など)よりも管理しやすく、投資家が集まっていることを予測の材料としているようです。

ビットコインとスマートフォン

ビットコイン高騰と密接に関係しているのが「スマートフォンの普及率」です。
すでに全世界の 50%、半数以上の人がスマートフォンを手にしており、2020年には 75%まで普及率が上昇する予測が出ています。
当然、スマートフォンの普及率が伸びれば、ビットコイン・暗号通貨人口も増加します。
あるデータでは、今後 10年以内に「現金を使わない人口」は 30%を超え、「ビットコインの人口は 61倍」にまで膨れ上がると予測されています。
これは 2013年には 12万人ほどだったビットコインユーザー数が、今年に入り 650万人と 54倍以上になったデータから算出されています。
650万人のユーザー数が 61倍になれば、ビットコインの人口は約 4億人にまで増加する見込みです。
今後 10年で、スマートフォンを持つ人は「 60億人」にまで達する可能性があるので、そこから計算すると全世界の「 6.6%」の人がビットコインを利用すれば到達いたします。
10年で 6.6%ですから、達成可能な範囲だと考えられます。当然、暗号通貨市場全体もまだまだ伸びていくはずです。
まだまだ伸びしろがある暗号通貨市場、期待に胸が高鳴りますね。
関連記事
→「仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「ビットコインを世界の単一通貨に」Apple共同設立者の純粋な望み

「ビットコインを世界の単一通貨に」Apple共同設立者の純粋な望み

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

ビットコイン価格:対ロシアルーブル(RUB)で「過去最高値」を更新

ビットコイン価格:対ロシアルーブル(RUB)で「過去最高値」を更新

ビットコイン投資で大損した芸能人の今…

ビットコイン投資で大損した芸能人の今…

【重要】GMOコイン:暗号資産FX・取引所サービスの「レバレッジ倍率」変更へ

【重要】GMOコイン:暗号資産FX・取引所サービスの「レバレッジ倍率」変更へ

韓国銀行連合会「大量のアルトコイン取扱う仮想通貨取引所のリスク」について警告

韓国銀行連合会「大量のアルトコイン取扱う仮想通貨取引所のリスク」について警告

注目度の高い仮想通貨ニュース

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

Coincheckつみたて:最大3万円がもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

Coincheckつみたて:最大3万円がもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

PayPal(ペイパル)暗号資産の売買・保有サービス「イギリス」でも提供開始

PayPal(ペイパル)暗号資産の売買・保有サービス「イギリス」でも提供開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月29日〜9月4日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月29日〜9月4日

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月15日〜21日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月15日〜21日

米Coinbase:BTC・ETH・PoS・DeFi関連の暗号資産に「5億ドル」投資へ

米Coinbase:BTC・ETH・PoS・DeFi関連の暗号資産に「5億ドル」投資へ

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

コインチェック:仮想通貨積立サービスに「モナコイン(MONA)」追加

コインチェック:仮想通貨積立サービスに「モナコイン(MONA)」追加

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す