「ビットコイン価格は1億円に達する可能性がある」マーク・ユースコ氏が大胆予測

by BITTIMES   

ビットコイン価格は今月 60万円を突破し、順調にその市場価格を拡大させています。
アメリカの大手ヘッジファンドでも、ビットコインや暗号通貨に対する評価が見直され、市場に続々と投資家が集まりはじめました。
そんな中、Morgan Creek Capital Management(モーガン・クリーク・キャピタル・マネジメント)のファンドマネージャーである、Mark W. Yusko(マーク・ユースコ氏)が、

「ビットコインの価格は、長期的には100万ドル(約 1億1,000万円)に達する可能性がある。」

と大胆な予測を行いました。
現在の価格がおよそ 60万円ですから、今よりもさらに 180倍以上に高騰する予測です。
彼はなぜここまで大胆な予測を行なったのでしょうか?

ビットコイン価格は10年で1億ドルへ

Yusko氏は、

「 10年以上かかるが、ビットコイン価格は 100万ドル( 1億1,000万円)を目標に設定しており、これがベストシナリオだ。」

と発言しています。続けて彼は、ビットコイン価格の「控えめ」なシナリオとして、

「ビットコイン価格が、20年以内に5,500万円に達する可能性は75%だ。」

と、どちらにしてもビットコイン価格が、今よりも数十倍以上高騰すると大胆に予測しました。
彼は、ビットコインが多くの人が使用するにつれて価値が上昇する現象(ネットワーク効果)と貴金属(金など)よりも管理しやすく、投資家が集まっていることを予測の材料としているようです。

ビットコインとスマートフォン

ビットコイン高騰と密接に関係しているのが「スマートフォンの普及率」です。
すでに全世界の 50%、半数以上の人がスマートフォンを手にしており、2020年には 75%まで普及率が上昇する予測が出ています。
当然、スマートフォンの普及率が伸びれば、ビットコイン・暗号通貨人口も増加します。
あるデータでは、今後 10年以内に「現金を使わない人口」は 30%を超え、「ビットコインの人口は 61倍」にまで膨れ上がると予測されています。
これは 2013年には 12万人ほどだったビットコインユーザー数が、今年に入り 650万人と 54倍以上になったデータから算出されています。
650万人のユーザー数が 61倍になれば、ビットコインの人口は約 4億人にまで増加する見込みです。
今後 10年で、スマートフォンを持つ人は「 60億人」にまで達する可能性があるので、そこから計算すると全世界の「 6.6%」の人がビットコインを利用すれば到達いたします。
10年で 6.6%ですから、達成可能な範囲だと考えられます。当然、暗号通貨市場全体もまだまだ伸びていくはずです。
まだまだ伸びしろがある暗号通貨市場、期待に胸が高鳴りますね。
関連記事
→「仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月25日〜31日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月25日〜31日

ビットコインの将来は安泰「2018年は素晴らしい1年だった」Spencer Bogart

ビットコインの将来は安泰「2018年は素晴らしい1年だった」Spencer Bogart

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

人権財団:仮想通貨「ビットコイン」による寄付を受け入れ|BTCPay Serverを採用

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

IOTA技術で「プラスチックごみのリサイクル」を推進:ドイツバイオテック協会BIOTA

IOTA技術で「プラスチックごみのリサイクル」を推進:ドイツバイオテック協会BIOTA

ビットコイン(BTC)の価格下落「行き過ぎている」と指摘:BINANCE CEO

ビットコイン(BTC)の価格下落「行き過ぎている」と指摘:BINANCE CEO

注目度の高い仮想通貨ニュース

The Sandbox:人気アニメ「The Smurfs(スマーフ)」と提携|仮想ビレッジ構築へ

The Sandbox:人気アニメ「The Smurfs(スマーフ)」と提携|仮想ビレッジ構築へ

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

ブロックチェーンで「週刊少年ジャンプ人気漫画の公式コミュニティ」構築:Gaudiy

ブロックチェーンで「週刊少年ジャンプ人気漫画の公式コミュニティ」構築:Gaudiy

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

ザイフ「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催

ザイフ「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

長期投資戦略として「ビットコインを大量購入」英上場企業Mode Global Holdings

長期投資戦略として「ビットコインを大量購入」英上場企業Mode Global Holdings

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す