ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークで高騰中

by BITTIMES   

ビットコインキャッシュのハードフォークが明日 11月13日に迫り、ビットコインキャッシュの高騰が続いています。
今回の高騰もビットコインのハードフォーク時と同様に、コインが生成される際に、資産が増加する目的で買いが集中していることがその理由と見て間違い無いでしょう。
ビットコインキャッシュがハードフォークを行う理由は、「マイニング難易度のアルゴリズム修正」のためです。
ビットコインキャッシュは、マイニング(採掘)に問題があると誕生時から指摘されており、今回のハードフォークは新しいルール適用のために行います。

ビットコインのハードフォーク内容

ちなみに、変更されるアルゴリズムは「 Emergency Difficulty Adjustment(エマージェンシー・ディフィカルト・アジャストメント・以下EDA)」というもので、適用されるアルゴリズムは「 D601 」に基づいて開発されたアルゴリズム「 DAA 」と報告されています。
ビットコインキャッシュは「資金詰まり」が大きな問題として指摘されていました。
ビットコインは「マイニング」によって、取引データを処理していますが、ビットコインキャッシュは、マイニングを行うマイナー不足によって、「取引処理がされない」「取引処理が遅れる」などの問題が起きていました。
現状マイナーによっては、ビットコインのマイニングとビットコインキャッシュのマイニングを、収益効率の良いものをシステムで自動的に変更しながら行なっています。
しかし、ビットコインキャッシュの採掘難易度が通常のビットコインよりも上回った場合、収益性が落ちるためビットコインキャッシュのマイニングを行わない、
つまり、取引の反映がされない。という現象が起きてしまいます。
おそらく、今回はビットコインキャッシュの採掘難易度を下げる方向で修正をかけてくるはずです。
DAA で今後ビットコインキャッシュは、
・平均ブロック間隔を600秒に設定する
・ハッシュレートが安定している場合、難易度調整を行わない
・ハッシュレートが急激に変化した場合には、難易度を即座に調整する
・ハッシュレートと難易度の間のフィードバックからの振動を避ける
・復元力を持たせる
以上の仕組みを追加する予定です。
ビットコインキャッシュを管理する「 Bitcoin ABC」は、Amaury Séchet(アマウリー・セーシェ氏)が考案した「 D601 」元に開発をしたようですが、今回のハードフォークに伴うウォレットなどのソフトウェアのアップデートが必要になるため、一部開発者からは非難の声も集まっています。
今回のハードフォークでビットコインキャッシュマイニングのネットワークが安定するのか注目が集まっています。
今後の価格変動と合わせて注視したいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

Amazonでビットコインが使える「Purse」サービス継続に向け方向転換

Amazonでビットコインが使える「Purse」サービス継続に向け方向転換

コインチェック「Sharely(シェアリー)」の公式サイト公開|バーチャル株主総会の運営支援

コインチェック「Sharely(シェアリー)」の公式サイト公開|バーチャル株主総会の運営支援

米CME:イーサリアムのインデックス強化「先物提供」の可能性も?

米CME:イーサリアムのインデックス強化「先物提供」の可能性も?

注目度の高い仮想通貨ニュース

カナダ天然資源省:ブロックチェーン基盤の「電気自動車充電管理プロジェクト」に資金提供

カナダ天然資源省:ブロックチェーン基盤の「電気自動車充電管理プロジェクト」に資金提供

PayPal:米国で「暗号資産4銘柄の売買・保管サービス」提供開始

PayPal:米国で「暗号資産4銘柄の売買・保管サービス」提供開始

STAX:暗号資産対応の「新規株式公開(IPO)」実施へ【オーストラリア初】

STAX:暗号資産対応の「新規株式公開(IPO)」実施へ【オーストラリア初】

ビットコイン価格:対ロシアルーブル(RUB)で「過去最高値」を更新

ビットコイン価格:対ロシアルーブル(RUB)で「過去最高値」を更新

Uniswapなどの偽アプリに要注意「暗号資産200万円相当」が盗難被害

Uniswapなどの偽アプリに要注意「暗号資産200万円相当」が盗難被害

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

NFT購入者に人気の「ブロックチェーンゲーム」は?【ブロックチェーンコンテンツ協会調査】

NFT購入者に人気の「ブロックチェーンゲーム」は?【ブロックチェーンコンテンツ協会調査】

GMOコイン:新規口座開設後「最短10分」で取引が可能に|申込みの審査体制を強化

GMOコイン:新規口座開設後「最短10分」で取引が可能に|申込みの審査体制を強化

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

【Chiliz&Socios】トルコのサッカークラブ「イスタンブールBBSK」のファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】トルコのサッカークラブ「イスタンブールBBSK」のファントークン発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す