自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

by BITTIMES   

ゼネラル・モーターズ(General Motors/GM)は、複数の自動運転車両から収集したデータをブロックチェーンで管理するプラットフォームの開発を検討している可能性があります。2018年11月29日に米国特許商標庁が公開した同社子会社の特許出願書類には、分散型台帳上でそれらの情報を保管できるようにするための方法が記されています。

こちらから読む:活用方法は様々「ブロックチェーン」が自動車業界にもたらす変化

自動車の「ナビゲーション機能」などに活用

navigation

米国の大手自動車メーカー「ゼネラル・モーターズ(General Motors/GM)」の子会社である「GM​​ Global Technology Operations LLC(GMグローバル・テクノロジー・オペレーションズ)」は、自動運転車両から送信されたデータをブロックチェーン技術を用いて管理する特許出願書類を米国特許商標庁に提出しています。

2018年11月29日公開されたこの特許出願書類には、自動運転車両の全てのデータをブロックチェーン上で保管するための方法が記されています。この書類には収集されたあらゆる情報は同じブロックチェーンを利用しているユーザー間で簡単に共有できるとも説明されており、自動車とそれに関連するその他の機関との間で重要な情報を共有するためにブロックチェーンのセキュリティを強化するための方法についての説明なども記されています。

この技術は「ナビゲーション」を行う際に利用することを目的としていると説明されており、各車両から送信された情報を安全に管理して複数の車両間で利用できるようにするだけでなく、地域内における車両の混雑状況や位置情報の提供にも適していると説明されています。

さらにこの文章では、複数の独立したプラットフォーム間でのデータ共有なども提案されており、地方自治体や市町村、公共施設、空港などといった公共施設を結ぶ際に使用することによって、タクシーやその他の有料サービスを運営するためのライセンスの妥当性を判定することもできると説明されています。

また車両に違反切符が切られた場合などには、関連当局が運用するブロックチェーンとそれらの情報を共有することもできると説明されています。このシステムに支払いを組み込んだ場合には、通行料や駐車料金といった車両に関連するその他有料サービスの料金を賄うための残高を維持することもできるようになるとされています。

ブロックチェーン搭載車両を共同開発

mobi

General Motorsは、以前からブロックチェーン関連のプロジェクトに取り組んでおり、
BMW(ビー・エム・ダブリュー)
Ford(フォード)
・Renault(ルノー)
などのその他の大手自動車メーカーと協力して「MOBI(モビリティ・オープン・ブロックチェーン・イニシアチブ)」という団体なども立ち上げています。

この団体は「ブロックチェーン搭載車両」を開発するためのトーナメントなども行なっており、100万ドル(約1億1,200万円)を超えるほどのトークンを用意して、実際に車両に実装することができるブロックチェーンネットワークの構築などに取り組んでいます。

MOBIに参加している「BMW」や「Ford」は、すでに複数のブロックチェーンプロジェクトに取り組んでいることを発表しており、独自トークンを活用して渋滞問題を解決するための取り組みや、車両の修理履歴、より詳細な製品情報などを簡単に確認することができるサービスの開発などにも取り組んでいます。

自動車業界ブロックチェーンの活用を積極的に進めているこれらの企業と同様に今後は「General Motors」からの新たな発表にも注目が集まります。それぞれでブロックチェーンの研究開発を進めながらも、他社とも協力しつつ新しいシステムの開発に取り組んでいる自動車業界はこれから急速な発展を遂げることになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Tron CEO:仮想通貨取引所FCoinユーザーに「1,000BTT」付与すると発表

Tron CEO:仮想通貨取引所FCoinユーザーに「1,000BTT」付与すると発表

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止|ロシアの厳しい対応

仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止|ロシアの厳しい対応

米マイアミ市長:ビットコインによる「給料支払い・納税受け入れ」などを検討

米マイアミ市長:ビットコインによる「給料支払い・納税受け入れ」などを検討

SwiftDemandがDAOベースの仮想通貨を開発中

SwiftDemandがDAOベースの仮想通貨を開発中

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

Chiliz&Socios:クロアチアの強豪「Dinamo Zagreb」と提携|$DZGファントークン発行へ

Chiliz&Socios:クロアチアの強豪「Dinamo Zagreb」と提携|$DZGファントークン発行へ

Zaif:現金10万円やカイカコインがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:現金10万円やカイカコインがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

c0ban取引所:最大10万円分の日本円・RYOがもらえる「2つのキャンペーン」開催

c0ban取引所:最大10万円分の日本円・RYOがもらえる「2つのキャンペーン」開催

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す