仮想通貨市場「低迷」の原因を指摘|イーサリアム共同設立者:Joseph Lubin

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は、2018年の仮想通貨市場で見られた価格の下落・低迷は専門的な知識を有していない人々による憶測や妄想によって引き起こされたものであると指摘し、現在の市場は「クリプトボトム(仮想通貨の低迷期)」であると発言しました。

こちらから読む:ブロックチェーン業界を牽引する重要人物「Joseph Lubin」関連ニュース

市場低迷の原因は「不確実な憶測や妄想」

Joseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は、2018年12月22日のツイートで価格の下落が続いた今年の仮想通貨市場は「クリプトボトム(仮想通貨の低迷期)」であると語りました。同氏は、2018年の価格下落は仮想通貨やブロックチェーンに関する知見を有していない人々による、不安や恐れなどの感情によってもたらされたと説明しています。

私は2018年を"クリプトボトム"と呼びます。この低迷は私たちの4番目、5番目の友人たちによる膨大な量の恐れ、不確実性、疑いによってもたらされました。

ジョセフ・ルービン氏は、仮想通貨やブロックチェーンに関する実際のデータを持っておらず、専門的な知識も有していない「ジャーナリストやブロガー」を「4番目、5番目の友人」として表現しており、そのような人々が生み出した膨大な数の憶測や早まった妄想によって市場の低迷が引き起こされたと説明しています。

最近の報道では、ルービン氏が立ち上げたブロックチェーン企業「ConsenSys(コンセンシス)」が仮想通貨市場の価格下落の影響などを受けて人員を50%〜60%削減することを計画しているとも報告されていましたが、ルービン氏はこの報道を否定しています。同氏は現在も外部プロジェクトへの投資を続けているだけでなく、将来のために新規採用を続けているとも説明しており、先週は15人を採用したとも報告しています。

ルービン氏はこれまでにも仮想通貨やブロックチェーンの技術開発は着々と進んでいるため『仮想通貨市場は今後も成長を続ける』と語っていますが、今回のツイートに関連した一連のコメントの最後では誤解を招くことのないように「クリプトボトム」は2018年〜2019年であることを付け加えています。

ブロックチェーン専門家:長期的には楽観視

Joseph-Lubin-Block

2018年に続いている価格下落は多くの人々に影響を及ぼしており、中国のマイナーやその他のブロックチェーン企業も厳しい状況にあることが報告されています。

しかし、実際に仮想通貨に関する専門知識を有している人々の多くは、価格の下落とは対照的にブロックチェーン関連の技術開発や一般普及のための基盤作りは着実に進んでいるため、今後も仮想通貨市場はさらに成長を続けると語っています。

仮想通貨は昨年末の価格高騰によって一般にも広く知られることになったものの、投機的な感情で市場に参加する「投資経験を持たない人々」が増加したことによって、詐欺などの問題も発生しており、市場はやや混乱気味な状態に陥っています。

仮想通貨の「認知度」自体は急激に高まりましたが、技術的な面をしっかりと理解できている人はまだ限られているため、人々がブロックチェーンや仮想通貨に対する知識をしっかり理解できるようになるまでは、ルービン氏が指摘しているような問題が付きまとうことになると考えられます。しかしこの厳しい低迷期を抜け出すことができれば、仮想通貨業界は成熟に向かってさらなる成長を続けていくことになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

下落続きのXRP価格「15円台突入」の可能性も

下落続きのXRP価格「15円台突入」の可能性も

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

運営資金「1億円」仮想通貨投資に流用|大阪・学校法人の前理事長に批判相次ぐ

運営資金「1億円」仮想通貨投資に流用|大阪・学校法人の前理事長に批判相次ぐ

注目度の高い仮想通貨ニュース

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」3月15日からサービス開始:株式会社マーキュリー

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」3月15日からサービス開始:株式会社マーキュリー

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す