仮想通貨市場「低迷」の原因を指摘|イーサリアム共同設立者:Joseph Lubin

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は、2018年の仮想通貨市場で見られた価格の下落・低迷は専門的な知識を有していない人々による憶測や妄想によって引き起こされたものであると指摘し、現在の市場は「クリプトボトム(仮想通貨の低迷期)」であると発言しました。

こちらから読む:ブロックチェーン業界を牽引する重要人物「Joseph Lubin」関連ニュース

市場低迷の原因は「不確実な憶測や妄想」

Joseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は、2018年12月22日のツイートで価格の下落が続いた今年の仮想通貨市場は「クリプトボトム(仮想通貨の低迷期)」であると語りました。同氏は、2018年の価格下落は仮想通貨やブロックチェーンに関する知見を有していない人々による、不安や恐れなどの感情によってもたらされたと説明しています。

私は2018年を"クリプトボトム"と呼びます。この低迷は私たちの4番目、5番目の友人たちによる膨大な量の恐れ、不確実性、疑いによってもたらされました。

ジョセフ・ルービン氏は、仮想通貨やブロックチェーンに関する実際のデータを持っておらず、専門的な知識も有していない「ジャーナリストやブロガー」を「4番目、5番目の友人」として表現しており、そのような人々が生み出した膨大な数の憶測や早まった妄想によって市場の低迷が引き起こされたと説明しています。

最近の報道では、ルービン氏が立ち上げたブロックチェーン企業「ConsenSys(コンセンシス)」が仮想通貨市場の価格下落の影響などを受けて人員を50%〜60%削減することを計画しているとも報告されていましたが、ルービン氏はこの報道を否定しています。同氏は現在も外部プロジェクトへの投資を続けているだけでなく、将来のために新規採用を続けているとも説明しており、先週は15人を採用したとも報告しています。

ルービン氏はこれまでにも仮想通貨やブロックチェーンの技術開発は着々と進んでいるため『仮想通貨市場は今後も成長を続ける』と語っていますが、今回のツイートに関連した一連のコメントの最後では誤解を招くことのないように「クリプトボトム」は2018年〜2019年であることを付け加えています。

ブロックチェーン専門家:長期的には楽観視

Joseph-Lubin-Block

2018年に続いている価格下落は多くの人々に影響を及ぼしており、中国のマイナーやその他のブロックチェーン企業も厳しい状況にあることが報告されています。

しかし、実際に仮想通貨に関する専門知識を有している人々の多くは、価格の下落とは対照的にブロックチェーン関連の技術開発や一般普及のための基盤作りは着実に進んでいるため、今後も仮想通貨市場はさらに成長を続けると語っています。

仮想通貨は昨年末の価格高騰によって一般にも広く知られることになったものの、投機的な感情で市場に参加する「投資経験を持たない人々」が増加したことによって、詐欺などの問題も発生しており、市場はやや混乱気味な状態に陥っています。

仮想通貨の「認知度」自体は急激に高まりましたが、技術的な面をしっかりと理解できている人はまだ限られているため、人々がブロックチェーンや仮想通貨に対する知識をしっかり理解できるようになるまでは、ルービン氏が指摘しているような問題が付きまとうことになると考えられます。しかしこの厳しい低迷期を抜け出すことができれば、仮想通貨業界は成熟に向かってさらなる成長を続けていくことになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米SEC:現物ビットコインETF全ての判断を延期|BTCは全戻し状態に

米SEC:現物ビットコインETF全ての判断を延期|BTCは全戻し状態に

MetaMask「PayPalを使用したETH購入」が可能に|米国ユーザー向けに提供

MetaMask「PayPalを使用したETH購入」が可能に|米国ユーザー向けに提供

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

Solana上のラップドトークン「soBTC・soETH」がデペグ|実際価格の半分程度に

Solana上のラップドトークン「soBTC・soETH」がデペグ|実際価格の半分程度に

【続報あり】ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBTC」DTCCのリストから削除

【続報あり】ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBTC」DTCCのリストから削除

ビットコイン価格「10,000ドルまで下落する可能性がある」と予想:Mark Mobius氏

ビットコイン価格「10,000ドルまで下落する可能性がある」と予想:Mark Mobius氏

注目度の高い仮想通貨ニュース

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す