真の価値は「時価総額以上」ブロックチェーン技術採用は急速に進む:Joseph Lubin

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者でありながらブロックチェーン企業「ConsenSys(コンセンシス)」の創設者としても知られるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は、2018年12月1日に投稿したツイートの中で現在の仮想通貨時価総額はコミュニティの活動を反映したものではないと語り、"Blockchain"は市場での評価よりも優れたものであることを説明しました。同氏は分散型ネットワークは現在も世界中で急速に成長していると語っています。

こちらから読む:ブロックチェーン業界を牽引する重要人物「Joseph Lubin」関連ニュース

拡大する「分散型ネットワーク」

イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は、今月1日に自身のTwitter上で以下のようなツイートを投稿しました。

ブロックチェーンはマーケット以上のものであり、ムーブメントそのものです。

市場で表される時価総額は活動を反映したものではありません。分散型ネットワークは拡大しています。

・Infuraは毎日100億ものAPIリクエスト
・Truffleは100万ダウンロード
・MetaMaskも100万ダウンロード
・イーサリアムノードの数は12,000
・イーサリアムアドレスの数は480万
・LinkedInのブロックチェーン求人は3倍に成長しています。

ルービン氏が挙げている前者3つのアプリケーションは、イーサリアムのインフラを支える3つの主要製品として知られており、コミュニティの間では「TIM」とも呼ばれています。

Truffle(トリュフ)

Truffle

Truffle(トリュフ)は、イーサリアムの技術を使った分散型アプリケーション(DApps)を作成するためのフレームワークとして広く愛用されています。

DAppsを作成する際には、イーサリアムで使用されているプログラミング言語である「Solidity(ソリディティ)」でコントラクトを作成し、その他の言語でも使いやすいものにするためにコンパイルしたり、イーサリアムネットワークにデプロイしたりなど、様々な作業を行う必要がありますが、「Truffle」を使用すればこれらの作業をシンプルな作業で完了することができます。

ルービン氏が立ち上げた「ConsenSys」が提供しているこのフレームワークは高い信頼を獲得しており、すでに非常に多くの企業が活用してDAppsの開発に取り組んでいます。

Truffleに関する詳しい情報は以下の公式サイトからどうぞ
>Truffleの公式サイトはこちら

INFURA(インフラ)

INFURA

INFURA(インフラ)は、イーサリアムのノードをホスティングしてくれるサービスです。

イーサリアム上でアカウントを作成したり、送金やマイニング、サービスの公開を行うためにはイーサリアムノードを立ち上げて、イーサリアムネットワークに参加する必要がありますが、自分のPC上にノードを立ち上げた場合にはブロックチェーン上に記録されている何百GBものデータがダウンロードされることになるため、同期するだけでも数日かかることになり、時間も容量も無駄になってしまいます。

INFURAが提供しているノードはすでに同期作業が完了しているため、これらの無駄を省くことができます。INFURAを使用するユーザーは、通常どおり自分でコントラクトを書いて、DAppsやスマートコントラクトを公開する際に「INFURA」を経由して公開することができます。

INFURAに関する詳しい情報は以下の公式サイトからどうぞ
>INFURAの公式サイトはこちら

MetaMask(メタマスク)

METAMASK

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアム(ETH)やETHのプラットフォームを使用して発行されているトークンを一括管理することができるホットウォレットです。

イーサリアムを保有している非常に多くのユーザーに使用されており、Google Chromeなどのウェブブラウザの拡張機能としてインストールすることで使用する事ができます。分散型取引所(DEX)やDAppsを利用する際に必須のウォレットでもあり、一度インストールしておけば様々な場面で簡単にイーサリアムを使用した取引を行うことができます。

MetaMaskの詳しい情報は以下の公式サイトからどうぞ
>MetaMaskの公式サイトはこちら

ジョセフ・ルービン氏はこれらのサービスの利用者数が指数関数的に成長していることを説明しています。これらのサービスのユーザー数が増加していることは単にアプリの人気が高まっていることを示すものではありません。特に「Truffle」や「INFURA」は主に開発者が使用するものであるため、そのユーザー数が増加しているということは、今後さらにイーサリアムを活用したアプリケーションの開発が進むことになることを意味しています。

政府機関の「イーサリアム」活用事例

ethereum-earth

イーサリアムの価格だけを見ると2018年1月からは下落が続いていますが、その裏では確実に技術開発が進められてきており、イーサリアム全体のエコシステムはより強固なものへと成長を続けています。また、確実に基盤を整えてきているイーサリアムの技術は企業だけでなく国家レベルでも採用され始めており、すでに複数の政府機関もこれらの技術を活用しています。

チリ:国家エネルギー委員会

チリの国家エネルギー委員会は、今年初めにイーサリアムの技術を活用していくことを明らかにしています。同委員会は、セキュリティやトレーサビリティを向上させ、情報の信頼性をさらに高めていくためにイーサリアムを選択したと説明しています。

同国では、エネルギーデータを追跡するためにイーサリアムのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用しており、データの提供やハッキング行為などへの対処を援助したことに対して感謝の意を表明しています。

カナダ:国立研究評議会

カナダの国立研究評議会(National Research Council/NRC)は、2018年8月20日にイーサリアム上にブロックチェーン・エクスプローラー(Blockchain Explorer)を構築したことを発表しました。

「Catena(カテナ)」と呼ばれるこのブロックチェーン・エクスプローラーは、ネットワーク上に保存されている「公開された助成金」と「投稿データ」をイーサリアムブロックチェーン上で検索することができると説明されています。

ルービン氏は、ブロックチェーン技術は個人だけでなく、国全体に多くの利益をもたらすものであると説明しており、すでに現実世界の問題を数多く解決していると説明しています。現在イーサリアムの時価総額は約1兆3,000億円となっていますが、この金額は現在進められている数多くのプロジェクトが世の中に広く浸透していくにつれてより大きく成長していく可能性を秘めています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格|2018年12月4日

イーサリアム(Ethereum/ETH)のここ最近の最安値は先月25日の約11,000円となっており、2018年12月4日時点の価格は「1ETH=12,000円」となっています。

イーサリアムの現在価格が実際の価値に伴っていないと言った意見は複数見られており、『イーサリアムは過小評価されている』とも言われています。すでに数多くの企業に採用されており、国家プロジェクトでも活用されているイーサリアムの現在価格は非常に安値であるとも考えられます。イーサリアムの過去最高値は今年1月に記録した「1ETH=16万円」となっています。

2018年11月4日〜12月4日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月4日〜12月4日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【速報】BITPoint:仮想通貨「約35億円相当」が流出|ホットウォレットの資産が被害に

【速報】BITPoint:仮想通貨「約35億円相当」が流出|ホットウォレットの資産が被害に

TRON・BINANCEの両CEOが語る「仮想通貨市場の今後」と「下落相場」

TRON・BINANCEの両CEOが語る「仮想通貨市場の今後」と「下落相場」

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

Forbes(フォーブス):ブロックチェーンによる「コンテンツ管理」へ ー Civilと提携

Forbes(フォーブス):ブロックチェーンによる「コンテンツ管理」へ ー Civilと提携

イーサリアムは今後いくらになるか?【2018年〜2021年予測】

イーサリアムは今後いくらになるか?【2018年〜2021年予測】

サトシ・ナカモトが「ビットコインの神」を痛烈批判|BCHハードフォークで戦争勃発か

サトシ・ナカモトが「ビットコインの神」を痛烈批判|BCHハードフォークで戦争勃発か

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

GMOコイン:ウォレットアプリに「暗号資産FX 急騰急落アラート」機能を追加

GMOコイン:ウォレットアプリに「暗号資産FX 急騰急落アラート」機能を追加

日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」販売開始:日本暗号資産市場株式会社

日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」販売開始:日本暗号資産市場株式会社

TAOTAO(タオタオ)「My Crypto Heroesキャッシュバックキャンペーン」開催

TAOTAO(タオタオ)「My Crypto Heroesキャッシュバックキャンペーン」開催

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す