DAppsランキングトップ10「TRON・EOS」が独占|TRX価格も順調に回復

by BITTIMES

分散型アプリケーション(DApps)の開発促進にも力を入れているトロン(Tron/TRX)は、DAppsユーザーからも高い評価を受けており、ユーザー数も増加してきています。以前はイーサリアムベースのDAppsが主流となっていましたが、現在はTRONが主流になりつつある傾向が見られ始めています。

こちらから読む:新しいDAppsのリリースが続く「TRON/TRX」関連ニュース

TRONベースのDAppsが「6割」を獲得

トロン(Tron/TRX)の創設者であるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、世界中でリリースされている1,700種類以上(*1)の分散型アプリケーション(DApps)に関する
・取引量
・トランザクション数
・アクティブユーザー数
などの重要な情報を確認することができるWebサイト「DappRadar(ダップレーダー)」で、TRONがトップ10の6割を占めていることを報告しました。
(*1)2019年1月時点

このデータではイオス(EOS)をベースとしたDAppが1位を獲得しているものの、全体の6割はTRONベースのDAppsが占めており、EOSベースのDAppsが残りの4割を占めています。特に注目すべき点はイーサリアム(Ethereum/ETH)ベースのDAppsがトップ10のランキングに入っていない点です。ジャスティン・サン氏はこのことを踏まえて次のようなコメントを投稿しています。

TRONは「世界トップ10のDapps」の6割を占めていますが、イーサリアムは0です。

将来的にはトップ10の全てを独占することになるでしょう。

トロンは2018年10月に「Tron Virtual Machine(TVM)」をリリースして以降、急速な成長を続けています。最近の報告によると、TRONのエコシステムには現在200種類を終えるDAppsが構築されており、TRONのブロックチェーンはイーサリアムよりも「200倍」も早いと伝えられています。

最近ではDApps開発のアクセラレータープログラムも開催されており、総額1億円もの賞金が開発者たちに送られています。エコシステム全体の成長に重点を置いているTRONは今後もその規模をさらに拡大させていく可能性を秘めています。

トロン(TRON/TRX)の価格上昇率「134%」

トロン(TRON/TRX)の価格は、2018年12月15日以降、一時的に「134%」の上昇を記録していることも報告されています。現在の仮想通貨市場では、ビットコイン(Bitcoin/BTC)を含む多くの仮想通貨で「価格の低迷」または「さらなる下落」が見られていますが、TRXは現在も上昇傾向を維持しており、2019年1月28日時点では「1TRX=3.05円」となっています。

過去90日間のチャートで見てもその他の通貨に比べると、大きな下落は見られていません。2018年10月時点では「1TRX=約1円」で取引されていましたが、現在は3円台を維持しており、さらに回復する傾向も見られています。

2018年10月29日〜2019年1月28日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2018年10月29日〜2019年1月28日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

ジャスティン・サン氏は2019年内に「時価総額ランキング4位」を獲得することを今年の目標として掲げていました。当時の順位は「10位」でしたが、そこから1ヶ月以内にTRONは「8位」にまで浮上してきています。

記事執筆時点で時価総額ランキング4位に位置付けられているイオス(EOS)の時価総額は「約2,297億円」となっていますが、トロン(TRX)の時価総額も「約2,042億円」となっており、それほど大きな差がある訳ではありません。

2019年1月28日 仮想通貨時価総額ランキング(画像:coinmarketcap.com)2019年1月28日 仮想通貨時価総額ランキング(画像:coinmarketcap.com)

現在のTRONの成長速度を踏まえて考えると「2019年内に時価総額ランキング4位」という目標は、比較的早い段階で達成される可能性があるとも考えられます。DApps開発の成長と共に時価総額や価格の面でも順調に成長を続けているTRONには今後も期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

Binance US:XEM・TRXなど「仮想通貨18銘柄」上場を検討

Binance US:XEM・TRXなど「仮想通貨18銘柄」上場を検討

ビットポイント:最大1万円相当のTRXがもらえる「若葉の候 取引入門キャンペーン」開始

ビットポイント:最大1万円相当のTRXがもらえる「若葉の候 取引入門キャンペーン」開始

ブロックチェーンゲーム「ブレヒロ」専用アプリ公開【先着1万人にETHプレゼント】

ブロックチェーンゲーム「ブレヒロ」専用アプリ公開【先着1万人にETHプレゼント】

Tron(TRX)「最も革新的なパブリックチェーン賞」を受賞

Tron(TRX)「最も革新的なパブリックチェーン賞」を受賞

注目度の高い仮想通貨ニュース

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

カルダノ(ADA)のステーキングアドレス数「下落期間中に約10%増加」

カルダノ(ADA)のステーキングアドレス数「下落期間中に約10%増加」

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引「取引所」サービス提供開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引「取引所」サービス提供開始

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す