DAppsランキングトップ10「TRON・EOS」が独占|TRX価格も順調に回復

by BITTIMES

分散型アプリケーション(DApps)の開発促進にも力を入れているトロン(Tron/TRX)は、DAppsユーザーからも高い評価を受けており、ユーザー数も増加してきています。以前はイーサリアムベースのDAppsが主流となっていましたが、現在はTRONが主流になりつつある傾向が見られ始めています。

こちらから読む:新しいDAppsのリリースが続く「TRON/TRX」関連ニュース

TRONベースのDAppsが「6割」を獲得

トロン(Tron/TRX)の創設者であるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、世界中でリリースされている1,700種類以上(*1)の分散型アプリケーション(DApps)に関する
・取引量
・トランザクション数
・アクティブユーザー数
などの重要な情報を確認することができるWebサイト「DappRadar(ダップレーダー)」で、TRONがトップ10の6割を占めていることを報告しました。
(*1)2019年1月時点

このデータではイオス(EOS)をベースとしたDAppが1位を獲得しているものの、全体の6割はTRONベースのDAppsが占めており、EOSベースのDAppsが残りの4割を占めています。特に注目すべき点はイーサリアム(Ethereum/ETH)ベースのDAppsがトップ10のランキングに入っていない点です。ジャスティン・サン氏はこのことを踏まえて次のようなコメントを投稿しています。

TRONは「世界トップ10のDapps」の6割を占めていますが、イーサリアムは0です。

将来的にはトップ10の全てを独占することになるでしょう。

トロンは2018年10月に「Tron Virtual Machine(TVM)」をリリースして以降、急速な成長を続けています。最近の報告によると、TRONのエコシステムには現在200種類を終えるDAppsが構築されており、TRONのブロックチェーンはイーサリアムよりも「200倍」も早いと伝えられています。

最近ではDApps開発のアクセラレータープログラムも開催されており、総額1億円もの賞金が開発者たちに送られています。エコシステム全体の成長に重点を置いているTRONは今後もその規模をさらに拡大させていく可能性を秘めています。

トロン(TRON/TRX)の価格上昇率「134%」

トロン(TRON/TRX)の価格は、2018年12月15日以降、一時的に「134%」の上昇を記録していることも報告されています。現在の仮想通貨市場では、ビットコイン(Bitcoin/BTC)を含む多くの仮想通貨で「価格の低迷」または「さらなる下落」が見られていますが、TRXは現在も上昇傾向を維持しており、2019年1月28日時点では「1TRX=3.05円」となっています。

過去90日間のチャートで見てもその他の通貨に比べると、大きな下落は見られていません。2018年10月時点では「1TRX=約1円」で取引されていましたが、現在は3円台を維持しており、さらに回復する傾向も見られています。

2018年10月29日〜2019年1月28日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2018年10月29日〜2019年1月28日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

ジャスティン・サン氏は2019年内に「時価総額ランキング4位」を獲得することを今年の目標として掲げていました。当時の順位は「10位」でしたが、そこから1ヶ月以内にTRONは「8位」にまで浮上してきています。

記事執筆時点で時価総額ランキング4位に位置付けられているイオス(EOS)の時価総額は「約2,297億円」となっていますが、トロン(TRX)の時価総額も「約2,042億円」となっており、それほど大きな差がある訳ではありません。

2019年1月28日 仮想通貨時価総額ランキング(画像:coinmarketcap.com)2019年1月28日 仮想通貨時価総額ランキング(画像:coinmarketcap.com)

現在のTRONの成長速度を踏まえて考えると「2019年内に時価総額ランキング4位」という目標は、比較的早い段階で達成される可能性があるとも考えられます。DApps開発の成長と共に時価総額や価格の面でも順調に成長を続けているTRONには今後も期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

サンノゼ州立大学の「ブロックチェーン学習」促進へ|TRON財団が学生たちと知識共有

サンノゼ州立大学の「ブロックチェーン学習」促進へ|TRON財団が学生たちと知識共有

Huaweiビットコインウォレットを標準搭載へ|すべての旧機種にも対応

Huaweiビットコインウォレットを標準搭載へ|すべての旧機種にも対応

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

トロン(TRON/TRX)ETH・EOSの「合計ボリューム」を凌駕|約48億円の取引量を記録

トロン(TRON/TRX)ETH・EOSの「合計ボリューム」を凌駕|約48億円の取引量を記録

Ubisoft:イーサリアム基盤の収集アイテム「Rabbids Token」リリース

Ubisoft:イーサリアム基盤の収集アイテム「Rabbids Token」リリース

Weiss Ratings:CARDANO(ADA)本格的に稼働すれば「DAppsの王者」に

Weiss Ratings:CARDANO(ADA)本格的に稼働すれば「DAppsの王者」に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す