TRON財団に元SECの「規制対応専門家」が参加|法務責任者・共同顧問弁護士に

by BITTIMES   

TRON財団は2019年1月9日、米国証券取引委員会(SEC)に9年間在籍していた経歴を持つ証券規制の専門家David Labhart(デビット・ラバート)氏を「法務責任者」及び「共同顧問弁護士」として採用したことを発表しました。世界各国の規制に基づいた"健全なブロックチェーン"の構築を目指しているトロン(TRX)は順調に成長を続けており、現在時価総額ランキング「8位」にまで上り詰めています。

こちらから読む:人気のETHゲームがトロンに移行「TRON/TRX」関連ニュース

証券業界で「15年間」のキャリア|David Labhart氏

Lawyer

David Labhart(デビット・ラバート)氏は、証券業界で約15年間に渡って様々な役職を経験してきた人物であり、法律や金融規制に関する数多くの専門的な知識を有しています。2004年9月に法律事務所である「Wilmer Cutler Pickering Hale and Dorr」に務めはじめた同氏は、2007年1月までの期間で、内部調査やSECの執行措置などを担当したと伝えられています。

その後米国証券取引委員会(SEC)で約9年間の職務を務めていたLabhart氏は、ブローカーディーラー、投資顧問、自主規制機関に焦点をあてたコンプライアンス検査室の監督代理人としての役割も担っており、150年以上の歴史を持つアメリカの金融サービス会社「S&P Global Ratings」にも務めていたとされています。

Labhart氏はプレスリリースの中で「TRON」について次のように述べています。

ー David Labhart
TRONへの参加は、金融業界の最前線に情熱を持って関わってきた私のキャリアにおける新たな進歩です。テクノロジーが規制を満たしている場合、ブロックチェーンと仮想通貨は世界の金融システムの進化における次のステップとなります。私はこの新しいテクノロジーの利点や潜在的な影響に対するジャスティンの情熱と長期的な展望に興奮しています。

規制に基づいた「健全なブロックチェーン」目指す

blockchain

ラバート氏はTRON財団で「法務責任者」及び「共同顧問弁護士」の役割を担うことになっており、世界の金融当局との対話を進めていく上でのアドバイスを行うと説明されています。TRONに加わった同氏は、北米のコンプライアンスを管理し、ブロックチェーン人工知能(AI)、クラウドコンピューティングの規制への影響などの規制上の問題について助言を行なったと伝えられています。

TRONの創設者であり最高経営責任者(CEO)でもあるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は今回のプレスリリースの中で、トロン(TRON)が世界各国の規制当局や金融当局と協力して、責任を持ってブロックチェーンやピア・ツー・ピア(P2P)などの技術を開発していくことを約束しています。

ー Justin Sun
仮想通貨市場が成長していくにつれて、TRONは「いかなる規制要件にも違反せずに将来を見据えて安定して成長を遂げている」と世界中の投資家や規制当局から信頼されなければいけません。

David Labhart氏が新たに参加することによって、TRONは世界各国の規制に基づいた健全なパブリック・ブロックチェーンとしてさらなる成長を遂げていくことになるでしょう。

トロン(Tron/TRX)の価格|2019年1月10日

トロン(Tron/TRX)の価格は現在順調に回復し続けており、2019年1月10日時点では「1TRX=3.16円」まで上昇しています。

過去30日間で「110.6%」の上昇を記録しているTRONは、時価総額ランキングで「ビットコインSV」を抜き、現在8位に位置付けられています。

2018年12月11日〜2019年1月10日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月11日〜2019年1月10日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中央管理で成長する仮想通貨「BinanceCoin/BNB」大手格付け機関が評価

中央管理で成長する仮想通貨「BinanceCoin/BNB」大手格付け機関が評価

Swipeの仮想通貨デビットカードが「Samsung Pay」で利用可能に

Swipeの仮想通貨デビットカードが「Samsung Pay」で利用可能に

Elon Musk:ビットコインの仕組みを賞賛「紙幣よりも優れた価値移転手段」

Elon Musk:ビットコインの仕組みを賞賛「紙幣よりも優れた価値移転手段」

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

Cardano財団:4大会計事務所「PwC」と連携|商用化戦略展開へ

Cardano財団:4大会計事務所「PwC」と連携|商用化戦略展開へ

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン「半減期直後の価格下落」に要注意|資産運用会社CEOが警告

ビットコイン「半減期直後の価格下落」に要注意|資産運用会社CEOが警告

仮想通貨・ブロックチェーン業界に「春」到来:Reddit共同創設者Alexis Ohanian

仮想通貨・ブロックチェーン業界に「春」到来:Reddit共同創設者Alexis Ohanian

ウォレットを超えたXRP Ledger銀行アプリ「Xumm」を紹介:リップル投資部門

ウォレットを超えたXRP Ledger銀行アプリ「Xumm」を紹介:リップル投資部門

仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Telegram:TONブロックチェーン・仮想通貨Gramの「計画中止」を正式発表

Telegram:TONブロックチェーン・仮想通貨Gramの「計画中止」を正式発表

【続報】コインチェック「約300名の個人情報流出」の可能性|不正アクセス問題で

【続報】コインチェック「約300名の個人情報流出」の可能性|不正アクセス問題で

Nike商品購入で「仮想通貨還元」英フィンテック企業がキャッシュバックサービス開始

Nike商品購入で「仮想通貨還元」英フィンテック企業がキャッシュバックサービス開始

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

MicroBTの新型マイニングマシン「700台」を導入:NASDAQ上場企業

MicroBTの新型マイニングマシン「700台」を導入:NASDAQ上場企業

Huobi Japan:フォビトークンがもらえる「HT新規取扱い記念キャンペーン」開始

Huobi Japan:フォビトークンがもらえる「HT新規取扱い記念キャンペーン」開始

Klaytn:暗号資産KLAYの韓国取引所上場に「撤回要求」一方的決定だと批判

Klaytn:暗号資産KLAYの韓国取引所上場に「撤回要求」一方的決定だと批判

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す