TRON(TRX)時価総額ランキング「4位」目指す|2019年掲げる2つの野望:Justin Sun

by BITTIMES   

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、これまでにも数多くの目標を掲げた上で実際にそれらを達成してきました。「世界一のパブリックチェーン」を構築するという大きな野望を持つサン氏は、2019年も大規模な目標を掲げた上でさらなる成長を遂げていくことを計画しています。

こちらから読む:日本企業との提携でさらに期待高まる「TRON/TRX」関連ニュース

目標1:TRX時価総額ランキング「4位」獲得

Justin Sun(ジャスティン・サン)氏は、トロン(Tron/TRX)が2019年内に「CoinMarketCap」の時価総額ランキングで"4位"を獲得することを目標に掲げています。

2019年1月5日時点の時価総額ランキングは、
1位:ビットコイン(Bitcoin/BTC)
2位:イーサリアム(Ethereum/ETH)
3位:リップル(Ripple/XRP)
4位:ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
となっており、トロン(TRX)は「10位」に位置付けられています。

ビットコインキャッシュの時価総額は「約3,000億円」となっており、トロンの時価総額は「約1,600億円」となっているため、単純に考えるとトロンが4位を獲得するためには現在のTRX時価総額を「2倍」にまで増加させる必要があります。

この目標は難易度が高いものであるとも考えられますが、不可能ではないとも言えます。トロンは2017年10月の時点では時価総額ランキング「43位」に位置付けられていましたが、その1年後には見事に目標を達成し「10位」にまで順位を上げています。現在もその地位を維持していることなども踏まえて考えると、急速な成長を遂げているTRONがここからさらに順位を上げていく可能性は高いとも考えられます。

目標2:イーサリアムのエコシステムを超える

ジャスティン・サン氏は、もう一つの大きな目標として「トロン(TRX)のエコシステムがイーサリアム(ETH)のエコシステムを超えること」を掲げています。

トロンとイーサリアムは以前から比較されることが多く、Ethereumの考案者として知られるヴィタリック・ブテリン氏とジャスティン・サン氏の間で繰り広げられる戦いも以前から話題となっています。

サン氏は以前に「トロンの取引量がイーサリアムの取引量を超えること」を目標として掲げていましたが、昨年10月の時点で実際に日々の取引量でETHを凌駕したことが報告されています。さらにTRXはその後も順調に取引量を増加させ続けており、12月の時点ではETHの3倍の取引量に達しています。

また、TRONのネットワーク上では分散型アプリケーション(DApps)の開発も急速に進められており、60日間で80種類のDAppsをリリースするという目標も達成されています。

TRONは今月3日、同社が昨年7月に買収した分散型ファイル共有ネットワーク「BitTorrent」の専用仮想通貨トークン「BitTorrentトークン(BTT)」のトークンセールを行うことも発表しています。これらの事も踏まえて考えると、ジャスティン・サン氏が掲げる大規模な目標も達成できる可能性があると考えられます。昨年の急成長に続き、2019年も順調なスタートを切ったトロン(TRX)は、今年もさらなる成長を遂げる可能性を秘めています。

トロン(Tron/TRX)の価格|2019年1月5日

トロン(Tron/TRX)は「1TRX=1円」で取引されていた2018年12月17日頃から順調に価格を回復させてきており、2019年1月5日時点では「1TRX=2.44円」で取引されています。

また最近の上昇率は、過去24時間で「10.9%」、過去30日間では「50.4%」となっており、過去最高値は2018年1月5日に記録した「約26円」となっています。

2018年12月6日〜2019年1月5日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月6日〜2019年1月5日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

macOSを狙う新マルウェア「Realst」に要注意|仮想通貨ウォレット情報などが盗まれる可能性

macOSを狙う新マルウェア「Realst」に要注意|仮想通貨ウォレット情報などが盗まれる可能性

Poloniexハッキング「犯人の身元情報」特定か|ジャスティン・サン氏が最終通告

Poloniexハッキング「犯人の身元情報」特定か|ジャスティン・サン氏が最終通告

Binance US:XEM・TRXなど「仮想通貨18銘柄」上場を検討

Binance US:XEM・TRXなど「仮想通貨18銘柄」上場を検討

2023年内に5カ国でTRXを法定通貨に|Tron創設者が目標語る

2023年内に5カ国でTRXを法定通貨に|Tron創設者が目標語る

ドミニカ国:ブロックチェーン基盤に「TRON」採用|関連通貨は政府公認デジタル資産に

ドミニカ国:ブロックチェーン基盤に「TRON」採用|関連通貨は政府公認デジタル資産に

Samsung Galaxy Store:トロン(Tron/TRX)関連の「DApps」取扱い開始

Samsung Galaxy Store:トロン(Tron/TRX)関連の「DApps」取扱い開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

ソラナDEXアグリゲーター「Jupiter」モバイルアプリ公開へ|Ultimate Walletを買収

ソラナDEXアグリゲーター「Jupiter」モバイルアプリ公開へ|Ultimate Walletを買収

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す