仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月31日〜4月6日

by BITTIMES

2019年3月31日〜4月6日にかけて紹介した仮想通貨関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

仮想通貨全体で「価格急騰」BTCは57万円に

btc-rockets

仮想通貨市場では2019年4月2日から価格上昇が続いており、ビットコイン(BTC)の価格は4月7日時点で57万円近くまで回復しています。今回の価格急騰に伴い、複数の大手取引所では数十億円規模の資金移動が相次いで報告されています。

以下の記事では価格急騰に関連していると考えられる複数の要因や、専門家が語った今後の価格目標を紹介しています。

ロシアの企業・富裕層が「180万BTC」購入?

Ginko-BTC

ロシアの経済学者であるVladislav Ginko(ウラジスラフ・ギンコ)氏は、同国の富裕層の人々や企業が最近「約1兆円相当のビットコインを購入した」ということを報告しています。しかし同氏は今年のはじめに「ロシア政府は1兆円相当のビットコイン購入を検討している」と語り、後に政府関係者によって否定されたことでも知られているため、今回の発言も信憑性が問われています。

ギンコ氏の発言を疑う声も多く出てはいるものの、同氏は「自分自身がロシアの政治経済問題に深く関わっている人間である」と強調しており、「ビットコイン価格が年末に2億円に達する」と語っていることなどから再び一部で話題となっています。

ビットコイン価格は「1,000倍」になる|Tim Draper

Tim-BTC

ビットコイン価格が「億」を超えると語っているのはギンコ氏だけではありません。ビットコイン強気派として知られる億万長者のTim Draper(ティム・ドレイパー)氏も同様にビットコインの価格が1億円をはるかに上回ることを示唆しています。

同氏は自分の言葉で「億を超える」とは発言していないものの、過去のインタビューの中で「ビットコイン価格は今の1,000倍になる」と語っています。これはつまり高騰前に40万円近くで取引されていたビットコインの価格が「4億円」に達するということになります。

BTC価格:半減期を超えれば「1,000万円以上」

BTC-map

中国の有名なビットコイン億万長者であるZhao Dong(ジャオ・ドン)氏もビットコイン価格はさらに上昇すると語っています。同氏は他の専門家の人々とは違い「現時点の状況ではまだ強気相場に移行したとは言い切れない状態である」ということを強調しているものの、「2020年の半減期を超えればBTC価格は1,000万円を超える可能性もある」と語っています。

仮想通貨「実用化」のために重要な3つのポイント

Brian-Armstrong-BTC

アメリカを代表する大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)のCEOであるBrian Armstrong(ブライアン・アームストロング)氏は、最近行われたライブ配信企画の中で視聴者からの質問に回答し、仮想通貨が世の中で広く利用されるようになるためには「3つの課題」をクリアする必要があるとの考えを語りました。

仮想通貨XRPが「Gmail」でも送金可能に

XRP-Gmail

リップル(XRP)をGmailで送金することができるChrome拡張機能「MoneyMessage(マネーメッセージ)」がリリースされました。この機能を使えば、XRPのウォレットを有していないに対しても数回のクリックだけで簡単にXRPを送金することができると説明されています。

人工知能で未来予測「ENDOR」始動

ENDOR-AI

ブロックチェーン人工知能(AI)の技術を用いた未来予測プラットフォーム「ENDOR Protcol(エンドール・プロトコル)」がついにリリースされました。

このプロジェクトには「コカコーラ」や「Mastercard」などをはじめとする、世界トップクラスの大手企業も関わっており、最近ではカルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の発案者として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏がアドバイザーとして参加したことでも話題となっていました。

ENDOR(エンドール)は、これまで一部の大手企業しか利用することのできなかった「AIによる未来予測」を一般の人々も利用できるようにすることを目標として掲げています。長い間待ち望まれていたプロジェクトの本格的な開始に期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

楽天ウォレット:ETHがもらえる「アルトコイン証拠金取引スプレッド縮小キャンペーン」開催

楽天ウォレット:ETHがもらえる「アルトコイン証拠金取引スプレッド縮小キャンペーン」開催

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

NEC×シスコ:ブロックチェーンと不正検知技術用いた「ネットワーク機器」提供へ

NEC×シスコ:ブロックチェーンと不正検知技術用いた「ネットワーク機器」提供へ

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

チリーズ(Chiliz/CHZ)大手暗号資産取引所「Huobi Global」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)大手暗号資産取引所「Huobi Global」に上場

【Cardano/ADA】ステーキング関連の新機能を搭載した「Daedalus 2.4.0」リリース

【Cardano/ADA】ステーキング関連の新機能を搭載した「Daedalus 2.4.0」リリース

Huawei:新型スマホMate 40に「デジタル人民元のハードウォレット」搭載

Huawei:新型スマホMate 40に「デジタル人民元のハードウォレット」搭載

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

Braveブラウザ「Bitcoin.comのウィジェット」を追加|BCHなどが購入可能に

Braveブラウザ「Bitcoin.comのウィジェット」を追加|BCHなどが購入可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す