ビットコイン価格急騰!一時「55万円」突破|高騰理由と今後の重要ポイント

by BITTIMES

仮想通貨市場では本日2019年4月2日13:30頃から主要な暗号資産全体で大幅な価格高騰が見られており、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格はわずか1時間ほどで10万円近く上昇し、一時的に55万円を突破しました。今回の価格急騰の要因として考えれられる要素や今後重要になると考えられるポイントなどを解説します。

こちらから読む:ウクライナの公共交通機関でBTC決済導入か「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン価格:1時間で「10万円」近く高騰

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は2019年3月26日頃から徐々に上昇を続けており、この数日間は45万円前後での推移を続けていましたが、本日2日の13:30頃には価格が大幅に急騰し、1時間足らずで55万円を突破しました。

その後の調整で52万円近くまで下落したものの、未だに上昇の勢いは続いており、2日16時時点では過去24時間で13.45%の上昇率を記録しています。

アルトコインでも「大幅な価格上昇」を観測

主要な仮想通貨でも同様に価格高騰が見られており「CoinMarketCap」の時価総額ランキングTOP10にランク付けされている仮想通貨は全て価格が高騰しています。

時価総額ランキングTOP10の仮想通貨(画像:coinmarketcap)時価総額ランキングTOP10の仮想通貨(画像:coinmarketcap)

特に価格上昇率が高いのは
ドージコイン:19.48%
ビットコイン:13.45%
ヴィチェーン:11.54%
トロン:11.03%
ライトコイン:10.42%
などとなっており、この他にも多くのアルトコインで10%を超える価格上昇が見られています。

特にドージコインは、先日1日時点から急速に価格が上昇していることで話題となっており、海外メディアでは「エイプリルプールの大規模な冗談なのではないか?」といった報道も出ていました。

価格上昇の要因は?

46万円の抵抗線を突破

ビットコイン価格が高騰した理由としては、これまでに重要視されていた46万円付近の抵抗ラインを上抜けたことなどが要因として考えられます。46万円のラインには2019年2月24日の時点で一度近づいてはいたものの、その後は大幅に下落しており、ここ数週間で再び46万円のラインにトライする動きが見られていました。

BTC価格は本日13:30頃に46万円を超えた時点で急騰しているため、この壁を抜けたことが重要な要因の一つであると言えるでしょう。

2018年3月〜2019年4月 ビットコインのチャート(画像:bitbank)2018年3月〜2019年4月 ビットコインのチャート(画像:bitbank)

ショートポジションの「大量ロスカット」

また、今回の価格高騰に伴い、ショートポジションの「大量ロスカット」が見られたことも報告されています。

ビットコインのデリバティブ取引を提供している仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)では、価格高騰が見られた本日13:30頃に10万BTC(約500億円)を超えるショートポジションのロスカットが見られたことがデータとして示されています。

BitMEXで「大量のロスカット」を観測(画像:bullbearanalyzer.com)BitMEXで「大量のロスカット」を観測(画像:bullbearanalyzer.com

今回の大量ロスカットが起こったことによって、今後はショートポジションを持つトレーダーも減少していくことになるとも予想されます。

重要指標「200日移動平均線」を上抜け

今回の価格高騰によって、以前から多くの専門家が"重要ポイント"として説明を行なっていた「200日移動平均線」を上抜けたことは特に注目に値します。ビットコイン強気派として知られるThomas Lee(トーマス・リー)氏は、ビットコインの今後を予想する際にはこのラインが重要になるとの考えを語っており、「ビットコインが200日移動平均線を超えた場合は80%の確率で増加する」とも語っていました。

ビットコイン価格が高騰したことによって、一時的には「200日移動平均線」を大幅に上回ったものの、その後の下落によって現在はこのライン上での推移を続けているため、今後はさらにこの「200日移動平均線」が重要視されることになるでしょう。

「200日移動平均線」を上抜け(画像:bitbank)「200日移動平均線」を上抜け(画像:bitbank)

仮想通貨市場の成長は続く

仮想通貨業界では、これまでにも「好材料」となる数多くの発表が行われてきているため、市場の回復は当然のことであるとも言えるでしょう。日本国内でも非常に多くの大手企業が仮想通貨市場に参入することを発表しており、実際に仮想通貨取引所の新規口座開設の受付なども開始されています。

また、世界各国でも「仮想通貨決済の導入」や「税金の支払い手段としてビットコインを受け入れる」などといった、日常的に利用できる通貨としての成長を促進すると考えられる発表も相次いでいます。

テレビ報道などではこれらのニュースはあまり報じられていなかったものの、仮想通貨の開発や技術導入の動きは順調に進んでいるため、仮想通貨市場は今後もさらに成長を続けていくことになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

ビットコインの大規模な価格変動は「アルトコイン暴落」の合図:アナリスト予想

ビットコインの大規模な価格変動は「アルトコイン暴落」の合図:アナリスト予想

ビットコインは人間ではなく「機械」によって使用される|全ての生命体を繋ぐ架け橋に

ビットコインは人間ではなく「機械」によって使用される|全ての生命体を繋ぐ架け橋に

ビットコインのボラティリティ「2017年強気相場時」と同水準に

ビットコインのボラティリティ「2017年強気相場時」と同水準に

Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

注目度の高い仮想通貨ニュース

Lamborghini:ブロックチェーンで保護された「カスタムペイント車両」を公開

Lamborghini:ブロックチェーンで保護された「カスタムペイント車両」を公開

中央管理で成長する仮想通貨「BinanceCoin/BNB」大手格付け機関が評価

中央管理で成長する仮想通貨「BinanceCoin/BNB」大手格付け機関が評価

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

億万長者の「ビットコイン不要説」に猛反論:Andreas Antonopoulos

億万長者の「ビットコイン不要説」に猛反論:Andreas Antonopoulos

米上院銀行委員会「ブロックチェーン・仮想通貨規制」の公聴会、今月30日開催へ

米上院銀行委員会「ブロックチェーン・仮想通貨規制」の公聴会、今月30日開催へ

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

仮想通貨「担保型ローン」提供を計画:米シルバーゲート銀行

仮想通貨「担保型ローン」提供を計画:米シルバーゲート銀行

TAOTAO:仮想通貨の入金&レバレッジ取引で「最大10,000円」が貰えるキャンペーン開催

TAOTAO:仮想通貨の入金&レバレッジ取引で「最大10,000円」が貰えるキャンペーン開催

BINANCE:アルトコイン150種類以上対応の「大口取引サービス」を開始

BINANCE:アルトコイン150種類以上対応の「大口取引サービス」を開始

楽天ウォレット:仮想通貨取引アプリ「iOS版」をリリース

楽天ウォレット:仮想通貨取引アプリ「iOS版」をリリース

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す