ブロックチェーン×人工知能「ENDOR Protcol」公開!AIが予測する未来情報を人々に

by BITTIMES

人工知能(AI)ブロックチェーンの技術を用いた"未来予測プラットフォーム"の開発を行なっているEndor(エンドール)社は、ビッグデータに基づいてユーザーからの質問に回答することができるブロックチェーンツール「ENDOR Protcol(エンドール・プロトコル)」をリリースしたことを発表しました。

こちらから読む:AIを用いた未来予測プラットフォーム「Endor Protcol/EDR」とは?

エンドール・プロトコル(EDR)ついに始動!

本日「Endor Protocol」をリリースできることを大変嬉しく思います!!!

私たちのビジョンを実現することは、Endorにとって重要な節目であり、予想よりも早くこの目標に到達した私たちのチームを非常に誇りに思っています。

Endorが提供するプラットフォームは、ユーザーからの複雑な質問に対して、高い精度を誇る予測結果を数分で提供できる「世界初の自動セルフサービス型予測プラットフォーム」となっています。具体的には「将来の株価/今後の天気/これから流行するファッション」などのような"未来"に関する情報を人工知能の力を使って予測できるようになっています。

そのためこのプラットフォームを活用する企業は「自社がこれからどのような企業に投資をするべきか?」「将来のためにどのような対策を行う必要があるか?」といった様々な質問を投げかけ、その答えを得ることができます。

「コカ・コーラ」とも協力する期待のプロジェクト

Endorプロジェクトは、
Coca-Cola(コカ・コーラ)
MasterCard(マスターカード)
・Walmart(ウォルマート)
などをはじめとする世界的に有名な大企業との協力によって進められていることなどでも、以前から注目を集めていました。

また、同社は独自トークンである仮想通貨EDRも発行しており、現在は、
BITTREX(ビットレックス)
Kucoin(クーコイン)
・Upbit(アップビット)
などをはじめとする複数の仮想通貨取引所で交換可能となっています。

長い間待ち望まれていた「Endor Protcol」が正式にリリースされたことによって、今後は同社の認知度も大きく高まっていくことが予想されます。

最先端技術「民主化」への重要なステップ

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の発案者でありながら、EndorのアドバイザーでもあるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、Endorのプラットフォームは、人工知能(AI)やデータサイエンスなどの大企業に独占されていた最先端技術を誰でも利用できるようにするための重要なステップになると説明しています。

Endorのプラットフォームは「AIを基盤としたビジネス予測」をスケーラブルにし、人々に利用しやすいものにします。

このような高度なテクノロジーはこれまでは大企業しか利用することができなかったため、EndorのプラットフォームはAIやデータサイエンスへのアクセスを民主化するための重要なステップとなります。

プロトコル立ち上げの初期段階で利用可能なデータには、EDRトークンを通じて利用可能になるERC-20イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーンデータが含まれると伝えられており、将来的には高品質なデータを確保するためにEndorによる完全なレビューを受けて、一部のデータパートナーがエコシステムに追加される予定だと伝えられています。

仮想通貨市場の大幅な回復と共に正式に開始された「Endorプロジェクト」は、2019年に特に注目の集まるプロジェクトの一つであると言えるでしょう。

Endorに関する詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>「Endor」の公式サイトはこちら

2019年4月5日|エンドール(Endor/EDR)の価格

エンドール・プロトコル(Endor Protocol/EDR)の価格は、今年の1月末に3円台まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年4月5日時点では「1EDR=3.36円」で取引されています。今回の発表による大幅な価格変動は今のところは確認されていません。

2019年1月5日〜2019年4月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年1月5日〜2019年4月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Lumi Wallet:Apple Pay対応後、ビットコイン購入が「200%」増加

Lumi Wallet:Apple Pay対応後、ビットコイン購入が「200%」増加

韓国政府:ブロックチェーンで食品情報を管理「牛肉サプライチェーン」追跡へ

韓国政府:ブロックチェーンで食品情報を管理「牛肉サプライチェーン」追跡へ

ブロックチェーンは「航空業界」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「航空業界」をどのように変えるのか?

不動産賃貸契約にブロックチェーン活用「スマート契約」プレ商用サービス開始

不動産賃貸契約にブロックチェーン活用「スマート契約」プレ商用サービス開始

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月17日〜23日

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月17日〜23日

注目度の高い仮想通貨ニュース

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す