ブロックチェーン×人工知能「ENDOR Protcol」公開!AIが予測する未来情報を人々に

by BITTIMES

人工知能(AI)ブロックチェーンの技術を用いた"未来予測プラットフォーム"の開発を行なっているEndor(エンドール)社は、ビッグデータに基づいてユーザーからの質問に回答することができるブロックチェーンツール「ENDOR Protcol(エンドール・プロトコル)」をリリースしたことを発表しました。

こちらから読む:AIを用いた未来予測プラットフォーム「Endor Protcol/EDR」とは?

エンドール・プロトコル(EDR)ついに始動!

本日「Endor Protocol」をリリースできることを大変嬉しく思います!!!

私たちのビジョンを実現することは、Endorにとって重要な節目であり、予想よりも早くこの目標に到達した私たちのチームを非常に誇りに思っています。

Endorが提供するプラットフォームは、ユーザーからの複雑な質問に対して、高い精度を誇る予測結果を数分で提供できる「世界初の自動セルフサービス型予測プラットフォーム」となっています。具体的には「将来の株価/今後の天気/これから流行するファッション」などのような"未来"に関する情報を人工知能の力を使って予測できるようになっています。

そのためこのプラットフォームを活用する企業は「自社がこれからどのような企業に投資をするべきか?」「将来のためにどのような対策を行う必要があるか?」といった様々な質問を投げかけ、その答えを得ることができます。

「コカ・コーラ」とも協力する期待のプロジェクト

Endorプロジェクトは、
Coca-Cola(コカ・コーラ)
MasterCard(マスターカード)
・Walmart(ウォルマート)
などをはじめとする世界的に有名な大企業との協力によって進められていることなどでも、以前から注目を集めていました。

また、同社は独自トークンである仮想通貨EDRも発行しており、現在は、
BITTREX(ビットレックス)
Kucoin(クーコイン)
・Upbit(アップビット)
などをはじめとする複数の仮想通貨取引所で交換可能となっています。

長い間待ち望まれていた「Endor Protcol」が正式にリリースされたことによって、今後は同社の認知度も大きく高まっていくことが予想されます。

最先端技術「民主化」への重要なステップ

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の発案者でありながら、EndorのアドバイザーでもあるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、Endorのプラットフォームは、人工知能(AI)やデータサイエンスなどの大企業に独占されていた最先端技術を誰でも利用できるようにするための重要なステップになると説明しています。

Endorのプラットフォームは「AIを基盤としたビジネス予測」をスケーラブルにし、人々に利用しやすいものにします。

このような高度なテクノロジーはこれまでは大企業しか利用することができなかったため、EndorのプラットフォームはAIやデータサイエンスへのアクセスを民主化するための重要なステップとなります。

プロトコル立ち上げの初期段階で利用可能なデータには、EDRトークンを通じて利用可能になるERC-20イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーンデータが含まれると伝えられており、将来的には高品質なデータを確保するためにEndorによる完全なレビューを受けて、一部のデータパートナーがエコシステムに追加される予定だと伝えられています。

仮想通貨市場の大幅な回復と共に正式に開始された「Endorプロジェクト」は、2019年に特に注目の集まるプロジェクトの一つであると言えるでしょう。

Endorに関する詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>「Endor」の公式サイトはこちら

2019年4月5日|エンドール(Endor/EDR)の価格

エンドール・プロトコル(Endor Protocol/EDR)の価格は、今年の1月末に3円台まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年4月5日時点では「1EDR=3.36円」で取引されています。今回の発表による大幅な価格変動は今のところは確認されていません。

2019年1月5日〜2019年4月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年1月5日〜2019年4月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ゲーム産業のブロックチェーン技術採用「遅かれ早かれ現実に」BINANCE CEO

ゲーム産業のブロックチェーン技術採用「遅かれ早かれ現実に」BINANCE CEO

オランダのRaboBankが仮想通貨のウォレット導入を検討

オランダのRaboBankが仮想通貨のウォレット導入を検討

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月21日〜27日

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月21日〜27日

「ビットコインは順調に成長している」2018年データから読み取る将来性:Jameson Lopp

「ビットコインは順調に成長している」2018年データから読み取る将来性:Jameson Lopp

仮想通貨事業に日本の大手企業が続々と|6月末に注目?

仮想通貨事業に日本の大手企業が続々と|6月末に注目?

BINANCE:カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の通貨ペア「2種類」を新たに追加

BINANCE:カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の通貨ペア「2種類」を新たに追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

ドイツ半導体大手「infineon」自動車へのブロックチェーン導入でXAINと協力

ドイツ半導体大手「infineon」自動車へのブロックチェーン導入でXAINと協力

Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

POL(ポル)無料で始められる「仮想通貨・ブロックチェーン」のオンライン学習サービス

POL(ポル)無料で始められる「仮想通貨・ブロックチェーン」のオンライン学習サービス

カルダノ(Cardano/ADA)シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」に上場

カルダノ(Cardano/ADA)シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」に上場

仮想通貨を実用化するために重要となる「3つのポイント」Coinbase CEOが解説

仮想通貨を実用化するために重要となる「3つのポイント」Coinbase CEOが解説

ブロックチェーンで「ペット業界」に新たなコミュニティを|スイス企業がアプリ開発

ブロックチェーンで「ペット業界」に新たなコミュニティを|スイス企業がアプリ開発

筑波大学・野村ホールディングス:ブロックチェーン活用に向けた「協働プロジェクト」発足

筑波大学・野村ホールディングス:ブロックチェーン活用に向けた「協働プロジェクト」発足

ORBS(オーブス)でリワードが得られる「Proof of Stake/PoS」の仕組みと参加方法

ORBS(オーブス)でリワードが得られる「Proof of Stake/PoS」の仕組みと参加方法

仮想通貨がユーロ圏で使える「VISAデビットカード」公開|XRPなど7銘柄に対応:2gether

仮想通貨がユーロ圏で使える「VISAデビットカード」公開|XRPなど7銘柄に対応:2gether

ブロックチェーンで「スニーカーの偽造品販売」を防止|中国ファッション大手:YOHO!

ブロックチェーンで「スニーカーの偽造品販売」を防止|中国ファッション大手:YOHO!

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す