ビットコイン価格「1BTC=4億円」の可能性|将来的には今の1,000倍に:Tim Draper

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格予想は、以前から非常に多くの投資家や専門家によって語られてきており、低いものでは「0円」高いものでは「1億円」といったようにその意見は真っ二つに分かれています。仮想通貨市場で下落相場が続いていたこともあり、最近では極端な強気発言は見られなくなってきましたが、億万長者のTim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、BTCが過去に類を見ないほどの高値に達すると考えているようです。

こちらから読む:低いものは0円、高いものは1億円「価格予想」関連ニュース

ビットコインは「確実に法定通貨を凌ぐ」

ビットコイン(BTC)強気派として知られるTim Draper(ティム・ドレイパー)氏は「The Bitcoin Of Crypto Street」によってYouTube(ユーチューブ)上に投稿された動画の中で、自分自身が「ビットコインは法定通貨よりも価値があるものになる」と確信していることを語っています。

世界には約100兆ドル(約1.1京円)相当の法定通貨があります。法定通貨は悪い通貨です。この通貨は政治的な気まぐれや政党に結びついており、官僚がそれらを管理しています。

これはあなた方にとって良いことではありませんし、だからこそ優秀で賢いエンジニアたちが仮想通貨のに取り組んでいるのです。私は「ある時点でビットコインが法定通貨よりも価値のあるものになる」と信じています。

ドレイパー氏は『ビットコイン価格が400万ドル(約4.4億円)になる』と具体的に述べている訳ではありませんが、同氏の意見を総合的に踏まえて考えると、ビットコイン価格は将来的に4.4億円に達するということになります。

法定通貨全体の時価総額は、ドレイパー氏が述べているように2019年時点で約100兆ドル(約1.1京円)といわれています。一方、ビットコインの時価総額は「CoinMarketCap」のデータで約1兆円とされています。ドレイパー氏は将来的にビットコインの時価総額が法定通貨を上回ることになると予想しているため、ビットコインの時価総額は1,000倍に上昇することになります。

ビットコインは記事執筆時点で約45万円で取引されているため、今の水準から1,000倍に上昇した場合のビットコイン価格は4.5億円ということになります。ドレイパー氏は「何年後にビットコインが法定通貨を超えるか」に関する具体的な時期については語っていませんが、この時が訪れることは確信しています。

この話を深く掘り下げたいとは思っていませんが、しばらくすれば仮想通貨が法定通貨を凌ぐ存在になり、私たちが今持っているビットコインは約1,000倍になると考えています。

BTC価格予想の「過去最高金額」を更新

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏が以前に「ビットコイン価格は1億円に達する」との予想を語った際には非常に多くの人々が衝撃を受けましたが、ドライパー氏の予想はマカフィー氏の予想をはるかに上回っています。

しかしドレイパー氏はマカフィー氏と同様に自分自身の予想に非常に強い自信を持っており、今年の3月初めには『2022年にはスタバで法定通貨を使えば笑われる』とまで語っています。

ドレイパー氏は単に大胆な予想を語っているだけでなく、実際にアルゼンチンの大統領に『ビットコインを自国通貨として受け入れるべきだ』との提案なども行なっているため、これらの予想も冗談で言っているわけではないことが伺えます。

ビットコイン価格は長期的に見ると非常に安定して上昇を続けているため、過去の価格上昇率を踏まえて考えるとドレイパー氏らの予想が現実になる可能性もあると考えられます。現時点では「1BTC=1億円」のビットコインを誰が購入するのか?と言われれば想像し辛いものの、その時には「Satoshi」の単位で日常的にビットコインが使用されているのかもしれません。

2019年4月1日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今年1月29日に36万円台まで下落して以降は順調に回復を続けており、2019年4月1日時点では「1BTC=455,337円」で取引されています。今後は最近の最高値である46万円を突破することができるかにも注目です。

2019年1月1日〜2019年4月1日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年1月1日〜2019年4月1日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格が過去最高額を記録した理由

ビットコイン価格が過去最高額を記録した理由

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

仮想通貨でランボルギーニの「史上最速モデル」が買える!BCH・ETHにも対応

仮想通貨でランボルギーニの「史上最速モデル」が買える!BCH・ETHにも対応

スウェーデン大手銀行「xRapid」導入を示唆|リップル国際送金サービスの需要増加

スウェーデン大手銀行「xRapid」導入を示唆|リップル国際送金サービスの需要増加

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月14日〜20日

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月14日〜20日

アパレル大手が「ブロックチェーン商品追跡システム」を試験導入|Vechain×ARKET

アパレル大手が「ブロックチェーン商品追跡システム」を試験導入|Vechain×ARKET

注目度の高い仮想通貨ニュース

積水ハウス・日立・KDDI:ブロックチェーン活用した「企業間情報連携基盤」構築へ

積水ハウス・日立・KDDI:ブロックチェーン活用した「企業間情報連携基盤」構築へ

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

DApps市場レポート:TRON(トロン)ユーザー数、年初から「50%アップ」急速に増加中

DApps市場レポート:TRON(トロン)ユーザー数、年初から「50%アップ」急速に増加中

ビットコイン(BTC)価格が22万円を下回らない「5つの理由」アナリストが解説

ビットコイン(BTC)価格が22万円を下回らない「5つの理由」アナリストが解説

炭火焼肉たむら「ADAPay」導入へ|カルダノエイダで美味しいお肉が食べたい方のために

炭火焼肉たむら「ADAPay」導入へ|カルダノエイダで美味しいお肉が食べたい方のために

ブロックチェーンで「保護者のいない子供達」の情報管理:米国保健社会福祉省

ブロックチェーンで「保護者のいない子供達」の情報管理:米国保健社会福祉省

話題の「ブロックチェーン技術」を学ぶには?オンライン講座で自宅学習も可能

話題の「ブロックチェーン技術」を学ぶには?オンライン講座で自宅学習も可能

シンガポールの仮想通貨取引所「FinanceX」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

シンガポールの仮想通貨取引所「FinanceX」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

ブロックチェーンで「電気自動車充電ステーション」の情報管理|豪州最大の電力会社

ブロックチェーンで「電気自動車充電ステーション」の情報管理|豪州最大の電力会社

カナダの仮想通貨取引アプリ「Coinberry」リップル(Ripple/XRP)の取り扱いを開始

カナダの仮想通貨取引アプリ「Coinberry」リップル(Ripple/XRP)の取り扱いを開始

ビットコインを「体内マイクロチップ」に保管|新時代の資産管理方法となるのか?

ビットコインを「体内マイクロチップ」に保管|新時代の資産管理方法となるのか?

リップル(XRP)が「Gmail」でも送金可能に!Chrome拡張機能「MoneyMessage」リリース

リップル(XRP)が「Gmail」でも送金可能に!Chrome拡張機能「MoneyMessage」リリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す