ビットコイン先物の承認獲得へ向け、ニューヨークで「Bit License」取得を検討:Bakkt

by BITTIMES

米国でビットコイン先物取引などの提供を目指している仮想通貨取引所Bakkt(バックト)が、ニューヨーク州の金融規制当局から仮想通貨事業を行うための免許である「Bit License(ビットライセンス)」の取得を検討していることがBloombergの報道で明らかになりました。

こちらから読む:価格を1億円以下に保つのは不可能?「ビットコイン」関連ニュース

Bakkt(バックト)は元々、昨年12月にサービス開始を予定していましたが、米商品先物取引委員会(CFTC)からの認可を受けることができていなかったため、最終的に延期されることになりました。

このような状況にある「Bakkt」はビットコイン先物取引を提供するために、まず初めにアメリカ・ニューヨーク州の金融規制当局からBit License(ビットライセンス)を取得しようとしていると伝えられています。

ブルームバーグの報道によると、Bakktは「顧客資産の保管・管理方法に関する懸念」がビットコイン先物取引の承認を遅らせる要因になっているため、ニューヨークの金融規制当局からライセンスを取得することによって、カストディ(Custody)に関連する懸念を和らげることを検討していると説明されています。

CFTCは州政府の事業ライセンスの認可も行なっているため、Bakktがニューヨーク州の金融規制当局からライセンスを取得できた場合には、先物取引の承認を得られる可能性があります。

ただ、Bakktが提供しようとしているのは「"現金の受け渡し"によるビットコイン先物取引」を提供するシカゴオプション取引所(Cboe)やシカゴマーカンタイル取引所(CME)のものとは違い「"現物の受け渡し"によるビットコイン先物取引」や「仮想通貨決済」といった機関投資家向けの複数のサービスが含まれているため、これまでに申請されてきたものよりもやや複雑なものになる考えられます。

ニューヨーク州のライセンスは、会社が顧客の暗号資産そのものを管理することを許可すると伝えられていますが、Bakktのサービス は多岐に渡るため、より幅広いプロジェクトに対してCFTCから許可を受ける必要があるでしょう。しかし、顧客資産の保管・管理方法に対する懸念がある中で、ニューヨーク州でライセンスを取得することができれば、ビットコイン先物取引の承認に関しては大きく前進することになると考えられます。

ビットコイン(BTC)などの購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(XRP)で動画コンテンツを収益化|ストリーミングサービス「Cinnamon」公開へ

リップル(XRP)で動画コンテンツを収益化|ストリーミングサービス「Cinnamon」公開へ

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

米大手携帯電話会社「AT&T」ビットコインによる料金支払いに対応|BitPayと提携

米大手携帯電話会社「AT&T」ビットコインによる料金支払いに対応|BitPayと提携

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

John McAfeeがHitBITに宣戦布告|中央集権型から分散型の時代へ

John McAfeeがHitBITに宣戦布告|中央集権型から分散型の時代へ

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国・国土交通部:データ管理にブロックチェーン活用「スマートシティ化」への新たな一歩

韓国・国土交通部:データ管理にブロックチェーン活用「スマートシティ化」への新たな一歩

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

運営資金「1億円」仮想通貨投資に流用|大阪・学校法人の前理事長に批判相次ぐ

運営資金「1億円」仮想通貨投資に流用|大阪・学校法人の前理事長に批判相次ぐ

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

IOTA(MIOTA)公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」公開【日本語対応】

IOTA(MIOTA)公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」公開【日本語対応】

米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

ビットコインの上昇トレンド「900日間」続く見込み|人気トレーダーが強気予想

ビットコインの上昇トレンド「900日間」続く見込み|人気トレーダーが強気予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す