コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

by BITTIMES

アメリカを拠点とする大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)は、サービスの利用可能地域として新たに中南米と東南アジアの11カ国を追加し、合計53カ国向けに暗号資産同士の取引サービスを提供していくことを発表しました。同社は現在仮想通貨業界は「投資段階」から「実用化段階」へと移行していると説明しています。

こちらから読む:金融庁、コールドウォレット管理の徹底求める「取引所」関連ニュース

利用可能地域「53カ国」に拡大

Coinbase(コインベース)が提供している仮想通貨取引所サービス「Coinbase.com」と「Coinbase Pro」は、これまで32カ国向けに提供されていましたが、今回の発表では中南米と東南アジアにある以下の11カ国でもサービスが利用できるようになるとされています。
アルゼンチン
インド
インドネシア
コロンビア
チリ
ニュージーランド
フィリピン
・ペルー
メキシコ
韓国
・香港

これらの国々が追加されたことによって、Conabaseの利用可能国は世界4大陸の合計53カ国となっています。

「仮想通貨同士の取引」を提供

今回追加された11カ国では「仮想通貨と法定通貨の取引」ではなく「仮想通貨と仮想通貨の取引」もしくは「仮想通貨とステーブルコインの取引」が提供されることになります。

Coinbaseは、仮想通貨同士の取引のみを提供する理由として、仮想通貨同士の取引量が増加していることを説明しています。

公開されているデータでは、
【2018年8月】
仮想通貨 - 仮想通貨の取引:41%
仮想通貨 - ステーブルコインの取引:16%
法定通貨 - 仮想通貨の取引:43%
【2019年2月】
仮想通貨 - 仮想通貨の取引:51%
仮想通貨 - ステーブルコインの取引:26%
法定通貨 - 仮想通貨の取引:23%
となっており、仮想通貨と法定通貨の取引量が減少していることが示されています。

Coinbaseにおける仮想通貨の取引量(画像:blog.coinbase.com)Coinbaseにおける仮想通貨の取引量(画像:blog.coinbase.com

仮想通貨業界は「投資段階」から「実用化段階」へ

Coinbaseはこのデータに基づいて仮想通貨業界は「投資段階」から「実用化段階」へと移行していると説明しています。同社は今月11日にクレジットカードなどで知られる「VISA」と提携を結び、VISAカードを使用して仮想通貨決済や引き出しを行うことができるデビットカード「Coinbase Card(コインベースカード)」を発行することを発表しています。

「Coinbase Card」の利用可能地域はイギリスに限定されているものの、仮想通貨取引サービスと共にこのカードの利用可能地域がこれから拡大していくことによって、仮想通貨の取引量や実用性はさらに高まっていくことになると予想されます。

CoinbaseのMike Lempres(マイク・レンプレス)氏は、昨年10月に『日本での仮想通貨交換業ライセンスは2019年には間違いなく取得することができる』と語っているため、今後は日本進出に向けた同社の取り組みにも注目です。

ビットコイン(BTC)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

仮想通貨取引所「BTCBOX」友達招待で500円がもらえるキャンペーン開催

仮想通貨取引所「BTCBOX」友達招待で500円がもらえるキャンペーン開催

暗号資産取引所「eToroX」リップル(XRP)など7種類の通貨ペアを追加

暗号資産取引所「eToroX」リップル(XRP)など7種類の通貨ペアを追加

韓国の取引所Bithumbが決済サービスBitpayと提携

韓国の取引所Bithumbが決済サービスBitpayと提携

ビットコインキャッシュのハードフォークに伴いbitFlyerがサービスを停止

ビットコインキャッシュのハードフォークに伴いbitFlyerがサービスを停止

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:タイでのデジタル資産取引所開設に向け「Gulf Innova Company」とMoU締結

BINANCE:タイでのデジタル資産取引所開設に向け「Gulf Innova Company」とMoU締結

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

Bitget:Bitkeep社と初めての「Launchpad」を開催

Bitget:Bitkeep社と初めての「Launchpad」を開催

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

eToro:メタバース関連の暗号資産・株式ポートフォリオ「MetaverseLife」を発表

eToro:メタバース関連の暗号資産・株式ポートフォリオ「MetaverseLife」を発表

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

メキシコ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「2024年までの発行」を予定

メキシコ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「2024年までの発行」を予定

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

Bybit「パレットトークン(Palette Token/PLT)の現物取引サービス」提供開始

Bybit「パレットトークン(Palette Token/PLT)の現物取引サービス」提供開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月16日〜22日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月16日〜22日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す