コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

by BITTIMES

アメリカを拠点とする大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)は、サービスの利用可能地域として新たに中南米と東南アジアの11カ国を追加し、合計53カ国向けに暗号資産同士の取引サービスを提供していくことを発表しました。同社は現在仮想通貨業界は「投資段階」から「実用化段階」へと移行していると説明しています。

こちらから読む:金融庁、コールドウォレット管理の徹底求める「取引所」関連ニュース

利用可能地域「53カ国」に拡大

Coinbase(コインベース)が提供している仮想通貨取引所サービス「Coinbase.com」と「Coinbase Pro」は、これまで32カ国向けに提供されていましたが、今回の発表では中南米と東南アジアにある以下の11カ国でもサービスが利用できるようになるとされています。
アルゼンチン
インド
インドネシア
コロンビア
チリ
ニュージーランド
フィリピン
・ペルー
メキシコ
韓国
・香港

これらの国々が追加されたことによって、Conabaseの利用可能国は世界4大陸の合計53カ国となっています。

「仮想通貨同士の取引」を提供

今回追加された11カ国では「仮想通貨と法定通貨の取引」ではなく「仮想通貨と仮想通貨の取引」もしくは「仮想通貨とステーブルコインの取引」が提供されることになります。

Coinbaseは、仮想通貨同士の取引のみを提供する理由として、仮想通貨同士の取引量が増加していることを説明しています。

公開されているデータでは、
【2018年8月】
仮想通貨 - 仮想通貨の取引:41%
仮想通貨 - ステーブルコインの取引:16%
法定通貨 - 仮想通貨の取引:43%
【2019年2月】
仮想通貨 - 仮想通貨の取引:51%
仮想通貨 - ステーブルコインの取引:26%
法定通貨 - 仮想通貨の取引:23%
となっており、仮想通貨と法定通貨の取引量が減少していることが示されています。

Coinbaseにおける仮想通貨の取引量(画像:blog.coinbase.com)Coinbaseにおける仮想通貨の取引量(画像:blog.coinbase.com

仮想通貨業界は「投資段階」から「実用化段階」へ

Coinbaseはこのデータに基づいて仮想通貨業界は「投資段階」から「実用化段階」へと移行していると説明しています。同社は今月11日にクレジットカードなどで知られる「VISA」と提携を結び、VISAカードを使用して仮想通貨決済や引き出しを行うことができるデビットカード「Coinbase Card(コインベースカード)」を発行することを発表しています。

「Coinbase Card」の利用可能地域はイギリスに限定されているものの、仮想通貨取引サービスと共にこのカードの利用可能地域がこれから拡大していくことによって、仮想通貨の取引量や実用性はさらに高まっていくことになると予想されます。

CoinbaseのMike Lempres(マイク・レンプレス)氏は、昨年10月に『日本での仮想通貨交換業ライセンスは2019年には間違いなく取得することができる』と語っているため、今後は日本進出に向けた同社の取り組みにも注目です。

ビットコイン(BTC)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

eToro CEO:Ripple(リップル)社との提携に高い関心|ネットワークの発展「強く望む」

eToro CEO:Ripple(リップル)社との提携に高い関心|ネットワークの発展「強く望む」

Twitter CEO:Jay-Z氏とビットコイン基金「₿trust」を共同設立|BTC開発を促進

Twitter CEO:Jay-Z氏とビットコイン基金「₿trust」を共同設立|BTC開発を促進

Huobi(フォビ)が新たなサービスを開始|さらにブラジル市場へも進出か?

Huobi(フォビ)が新たなサービスを開始|さらにブラジル市場へも進出か?

ドイツのFXブローカー「FXFlat」Ripple(XRP)など仮想通貨5銘柄を「CFD取引」に追加へ

ドイツのFXブローカー「FXFlat」Ripple(XRP)など仮想通貨5銘柄を「CFD取引」に追加へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

Bitrue:Symbol(XYM)の「IOU取引」提供開始|注目のXYM価格は?

Bitrue:Symbol(XYM)の「IOU取引」提供開始|注目のXYM価格は?

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す