偽造されたホワイトペーパーが増加中?個人投資家は要注意

by BITTIMES

ICO に投資する際、ほとんどの人がホワイトペーパーを読んで、投資するだけの魅力があるかを判断しているはずです。しかしここ最近で、偽のホワイトペーパーを作成するビジネスの需要が高まっているとのことですので注意が必要です。

改ざんされたホワイトペーパーは600ドルで販売

ICO 投資の重要な判断基準であるホワイトペーパーですが、この重要な書類を作成しているのは、会社内部の人間ではない場合も多いようです。
そういった偽のホワイトペーパーは 600ドル(約6万5000円)前後で販売されているそうで、ICO の増加に伴い需要も高まっているといいます。

世界的にも有名な ECサイトである Alibaba のマーケットプレイスには、ICO のホワイトペーパーを作成する作家や技術プログラマーも多いといいます。またそのような作家や技術者達は、内容を改ざんしているだけでなく、会社の開発者のアイデンティティ(個性や特色など)までも改ざんしているともいわれています。

個人投資家は要注意

もしホワイトペーパーの偽造が事実であれば、個人投資家などにとって特に重要な問題になるでしょう。改ざんが行われる中で、各プロジェクトの正しい価値を見極めるのは非常に困難です。

これに対して機関投資家は、そのような価値の詳細を簡単に確認することができるため、結果的に ICO 市場は機関投資家に適したものになると思われます。

今後の規制強化によってこのような偽ホワイトペーパーが無くなれば個人でも市場に参加しやすくなりますが、今の現状を考えると個人で ICO 投資 を行う際は、十分注意して見極めていく必要がありそうです。

仮想通貨取引所 Zaif の画像信頼できるトークンを多数取り扱う仮想通貨取引所 Zaif はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【World Wi-Fi】世界中でインターネットを無料に

【World Wi-Fi】世界中でインターネットを無料に

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

テックビューロがCAMPFIREと決裂「泥沼化の真実」

テックビューロがCAMPFIREと決裂「泥沼化の真実」

ICOクラウドセールの仕組み解説「イーサリアムもここから始まった」

ICOクラウドセールの仕組み解説「イーサリアムもここから始まった」

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

ビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ高騰している?|バーンとは

ビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ高騰している?|バーンとは

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す