未来予想プログラムにビットコインの未来を聞いてみた

by BITTIMES   

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)の未来について「ウェブ・ボット(未来予想プログラム)」にインタビューした内容が話題になっています。

こちらから読む:仮想通貨と人工知能(AI)の深い関係まとめ

ウェブ・ボットとは?

ウェブ・ボット(Web Bot Project)は、元マイクロソフト(Microsoft)の技術者であるクリフ・ハイ(Clif High)氏が作成した株価を予測するコンピュータープログラムです。

このウェブ・ボットは、インターネット上のチャットやSNSなどで繰り広げられる「人々の会話」を集計し分析、そこに含まれる単語から感情値を測定します。
人の感情値を株価の予想に使うことで、的中率を向上させたプロジェクトだと言われています。株価の分析には経済学はもちろん、地政学や行動心理学などを読まなければいけないためそのような仕様にしたのだと考えられます。

ビットコイン「1000ドル突破」と下落も予想済み

ビットコインに対しても、昨年の7月の時点に予測を出していました。

ウェブ・ボットが出していた予想は
・ビットコインは7月12日から「1000ドル」まで上昇する動きが始まる
・中国人がビットコインに集まってくる
・1度目の1000ドル突破の後すぐに900ドルまで下落する。
などの予測で、昨年の年末から今年頭のビットコイン相場の動きと非常にマッチしていると言っても良いでしょう。

ウェブ・ボットはネット上の人々の言語を参考にするので、ある程度的中率が高くなるのも理解できますが非常に興味深いプログラムです。

ウェブボット・インタビュー

ウェブボットにいくつか質問をした際に、ビットコインについて語られたものがありましたのでご紹介いたします。

--- オバマ大統領在任中に市場の崩壊は起きますか?
「可能性はあります。しかし、それはドルの価値が短期間下落するフラッシュ・クラッシュと呼べるレベルのものです。フラッシュクラッシュは、1月8〜1月12日に起きる。」

ずっと上がり続けていたドルが、9日から突如下落したのとピッタリあうのが非常に興味深いです。

続いて、ウェブボットは

「金融システムの根本的な変化がすでに水面下で起きている。すでにそれはビットコインの急激な価格上昇によって証明されている。」
「ビットコインは金や通貨のように操作されていない。市場を素直に反映している。つまりビットコインの上昇は既存の通貨の危機を意味している。」

と現状、ビットコインが人々に求められている理由を明確にして既存の通貨の立場を的確に言い表しており、最近の「元とビットコインの関係性」と「その他の仮想通貨とビットコインの関係性も明確にしています。

「中国の元からビットコインへの逃避がビットコイン急騰の原因だが、ドルや他の通貨でも同じ様なことが起きる。」

また、ウェブポットは最後に

「中国では、アジア開発投資銀行で集めた資金を「巨大なユーラシア経済圏」のために活用し始めている。この構想が完成すれば世界一の人口密度を誇るアジアで十数億人の人々が一斉にビットコインを購入する可能性がある。」

と予想しています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とウェブボットのまとめ

ウェブボットはあくまで「未来予想プログラム」であり、決して預言者などではありません。
ですが、ここまでしっかりと仮想通貨市場を見ながらビットコインの将来の考察を行えるのは非常に面白いプログラムだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

ビットコインハードフォーク問題後の価格は下落するのか?

ビットコインハードフォーク問題後の価格は下落するのか?

ビットコインマイニングを個人でした男性は「いくら」稼いだのか?

ビットコインマイニングを個人でした男性は「いくら」稼いだのか?

Huobi Japan「ビットコインがもらえるキャンペーン」延長決定|2019年末まで開催中

Huobi Japan「ビットコインがもらえるキャンペーン」延長決定|2019年末まで開催中

ビットコイン:取引量・ウォレット・関心が「過去最高値」に到達|1BTC=3,000万円予想も

ビットコイン:取引量・ウォレット・関心が「過去最高値」に到達|1BTC=3,000万円予想も

ビットコイン(BTC)取引手数料が過去7年間で最低を記録

ビットコイン(BTC)取引手数料が過去7年間で最低を記録

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨が使えるCtoCマッチングサービス「Avacus」暗号資産交換業者への届出を完了

仮想通貨が使えるCtoCマッチングサービス「Avacus」暗号資産交換業者への届出を完了

ビットコインの平均トランザクション手数料「約10倍」に増加|半減期で取引活発化

ビットコインの平均トランザクション手数料「約10倍」に増加|半減期で取引活発化

【XRP価格予想】10円付近まで下落の可能性も|著名トレーダー・アナリストが警告

【XRP価格予想】10円付近まで下落の可能性も|著名トレーダー・アナリストが警告

VISA:ブロックチェーン用いた「デジタル法定通貨」の特許申請

VISA:ブロックチェーン用いた「デジタル法定通貨」の特許申請

取引所からのビットコイン出金が急増|3月の暴落後に「310,000BTC以上」が移動

取引所からのビットコイン出金が急増|3月の暴落後に「310,000BTC以上」が移動

LG Electronics:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営審議会に参加

LG Electronics:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営審議会に参加

仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Chiliz Exhange:ガラタサライの公式ファントークン「GAL」本日上場へ

Chiliz Exhange:ガラタサライの公式ファントークン「GAL」本日上場へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月17日〜23日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月17日〜23日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月10日〜16日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月10日〜16日

ライトコイン財団「BitGoのマルチシグウォレット」へと移行|資金管理を簡素化

ライトコイン財団「BitGoのマルチシグウォレット」へと移行|資金管理を簡素化

ウクライナ:仮想通貨企業の「銀行口座開設」を可能にする新たな法案公開

ウクライナ:仮想通貨企業の「銀行口座開設」を可能にする新たな法案公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す