仮想通貨エンドール(ENDOR)|ICOと上場、特徴と今後

by BITTIMES   

Endorプロジェクトは、ハイエンド予測科学を民主化する自動化された正確な予測エンジンを作成しました。コーディングまたはデータ科学の専門知識を必要とせずに、自動化された正確で迅速な予測を提供する世界初の分散型行動予測プラットフォームです。誰でも簡単な言葉でシステムに質問し、自動化された正確な予測を得ることができます。

私たちは情報通信技術が支配的な時代に暮らしています。そのため、できる限り高い精度で将来の開発を予測できるように、あらゆる種類の正確なデータ情報に基づいて意思決定を行う必要があります。

しかし、データだけでは意味がなく高度なハードウェアとソフトウェア/人工知能(AI)技術/データモデルのセットアップに、収集/分析/計算/処理といった、多くの時間を必要とする複雑な作業を行わなければいけません。結果として、裕福な企業だけがコストのかかる予測分析技術を提供することができます。

Endorの革新的な技術は、高いコストと参入障壁を排除することで、データサイエンスとデータ分析業界全体を民主化できる可能性をもたらします。

EndorはENDOR.coinプロトコルを開発し、予測可能なデータ分析をより使いやすく、実用的で、誰にでも簡単に利用できるものにしました。コーディングまたはデータ科学の専門知識を必要とせずに、自動化された正確で迅速な予測を提供する世界初の分散型行動予測プラットフォームです。誰でも簡単な言葉でシステムに質問し、自動化された正確な予測を得ることができます。

企業は、スタッフを募集して消費者の行動をよりよく把握することなく予測分析を拡張するという形で、追加のメリットを享受します。

endor-project

このプロジェクトは、MITで開発された革新的な新しい科学技術であるブロックチェーン技術と社会物理学によって支えられています。Endorは独自の技術を使用して、社会的物理を人間の行動を予測できる強力なエンジンに変換します。このプロジェクトは2014年以来MITで開発中であり、このエンジンは実用的な製品である。クライアントのリストには、Coca-Cola/Twitter/Mastercard/Walmartなどの名前が含まれています。

Endor ICOは既に閉鎖されており、このプロジェクトは、事前販売段階で4500万ドルの事前定義済みハードキャップに達しています。チームは15億のEDRトークンを発行しましたが、総額の20%しか販売できませんでした。生成されたトークンの最大のシェア(40%)は、研究およびビジネス開発の資金調達に使用されます。同社は有力な研究機関との提携関係を打ち破り、予測エンジン技術を購入する予定です。

(引用元:Cryptovest.com/endor公式サイト

エンドール(ENDOR)の購入方法と特徴はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

連邦準備制度理事会(FRB)ブロックチェーン決済システムの「テスト結果」を報告

連邦準備制度理事会(FRB)ブロックチェーン決済システムの「テスト結果」を報告

ブロックチェーンゲームSGEM:新システム「1V1チャレンジ戦」を追加

ブロックチェーンゲームSGEM:新システム「1V1チャレンジ戦」を追加

NEM Group「Symbolリリース日・スナップショット予定日」などの情報を更新

NEM Group「Symbolリリース日・スナップショット予定日」などの情報を更新

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

暗号資産取引所CoinBest「販売所におけるBTC・ETH現物取引サービス」提供開始

暗号資産取引所CoinBest「販売所におけるBTC・ETH現物取引サービス」提供開始

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す