仮想通貨エンドール(ENDOR)|ICOと上場、特徴と今後

by BITTIMES   

Endorプロジェクトは、ハイエンド予測科学を民主化する自動化された正確な予測エンジンを作成しました。コーディングまたはデータ科学の専門知識を必要とせずに、自動化された正確で迅速な予測を提供する世界初の分散型行動予測プラットフォームです。誰でも簡単な言葉でシステムに質問し、自動化された正確な予測を得ることができます。

私たちは情報通信技術が支配的な時代に暮らしています。そのため、できる限り高い精度で将来の開発を予測できるように、あらゆる種類の正確なデータ情報に基づいて意思決定を行う必要があります。

しかし、データだけでは意味がなく高度なハードウェアとソフトウェア/人工知能(AI)技術/データモデルのセットアップに、収集/分析/計算/処理といった、多くの時間を必要とする複雑な作業を行わなければいけません。結果として、裕福な企業だけがコストのかかる予測分析技術を提供することができます。

Endorの革新的な技術は、高いコストと参入障壁を排除することで、データサイエンスとデータ分析業界全体を民主化できる可能性をもたらします。

EndorはENDOR.coinプロトコルを開発し、予測可能なデータ分析をより使いやすく、実用的で、誰にでも簡単に利用できるものにしました。コーディングまたはデータ科学の専門知識を必要とせずに、自動化された正確で迅速な予測を提供する世界初の分散型行動予測プラットフォームです。誰でも簡単な言葉でシステムに質問し、自動化された正確な予測を得ることができます。

企業は、スタッフを募集して消費者の行動をよりよく把握することなく予測分析を拡張するという形で、追加のメリットを享受します。

endor-project

このプロジェクトは、MITで開発された革新的な新しい科学技術であるブロックチェーン技術と社会物理学によって支えられています。Endorは独自の技術を使用して、社会的物理を人間の行動を予測できる強力なエンジンに変換します。このプロジェクトは2014年以来MITで開発中であり、このエンジンは実用的な製品である。クライアントのリストには、Coca-Cola/Twitter/Mastercard/Walmartなどの名前が含まれています。

Endor ICOは既に閉鎖されており、このプロジェクトは、事前販売段階で4500万ドルの事前定義済みハードキャップに達しています。チームは15億のEDRトークンを発行しましたが、総額の20%しか販売できませんでした。生成されたトークンの最大のシェア(40%)は、研究およびビジネス開発の資金調達に使用されます。同社は有力な研究機関との提携関係を打ち破り、予測エンジン技術を購入する予定です。

(引用元:Cryptovest.com/endor公式サイト

エンドール(ENDOR)の購入方法と特徴はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンの中心で愛を叫ぶ!スウェーデン企業が同性結婚を支援

ブロックチェーンの中心で愛を叫ぶ!スウェーデン企業が同性結婚を支援

ブロックチェーンレーシングゲーム「F1®Delta Time」初のオークションを開催

ブロックチェーンレーシングゲーム「F1®Delta Time」初のオークションを開催

オレゴン州:ブロックチェーンの中心地を目指すプロジェクトが発足|NikeやIntelも協力

オレゴン州:ブロックチェーンの中心地を目指すプロジェクトが発足|NikeやIntelも協力

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

カカオ子会社Ground X:独自ブロックチェーン「クレイトン」のメインネット6月公開へ

カカオ子会社Ground X:独自ブロックチェーン「クレイトン」のメインネット6月公開へ

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

Fidelity「ビットコインファンド」提供か|米SECに申請書類を提出

Fidelity「ビットコインファンド」提供か|米SECに申請書類を提出

【Cardano】ADA保有者が参加可能な「分散型投票システム」まもなく利用可能に

【Cardano】ADA保有者が参加可能な「分散型投票システム」まもなく利用可能に

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

ブロックチェーン基盤の地震対策コイン「ナマズトークン」を発表:ツバイスペース

ブロックチェーン基盤の地震対策コイン「ナマズトークン」を発表:ツバイスペース

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Starbucks:ブロックチェーン用いた「コーヒー豆のトレーサビリティツール」導入

Starbucks:ブロックチェーン用いた「コーヒー豆のトレーサビリティツール」導入

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す