金融大手Fidelity子会社、2020年「イーサリアム対応」の可能性

by BITTIMES

米国の大手投資信託販売・運用会社「Fidelity Investments(フィデリティ・インベスメンツ)」の仮想通貨関連サービス子会社である「Fidelity Digital Asset(FDA)」が、2020年にイーサリアム(Ethereum/ETH)に対応する可能性があることが明らかになりました。

こちらから読む:NIKE、靴のトークン化に技術活用「イーサリアム」関連ニュース

投資家からの需要に応じて対応を検討

Fidelity Digital Asset(FDA)は、805兆円以上の資産を管理する米国の大手金融サービスプロバイダー「Fidelity Investments(フィデリティ・インベスメンツ)」の子会社であるため、設立当初から"仮想通貨業界に大きな影響を与える可能性のある会社"として注目を集めていました。

同社はこれまでビットコイン(BTC)カストディサービスとOTC取引(店頭取引)のみを提供していましたが、今回の報道では新しくイーサリアム(ETH)に対応する可能性があることが明らかになりました。

仮想通貨メディア「The Block」の報道によると、FDSの社長であるTom Jessop(トム・ジェソップ)氏は『投資家からの需要があれば、2020年にはイーサリアムに対応する可能性がある』と語ったとされています。

同氏はFDSがビットコイン以外の仮想通貨に対応していなかった理由として「実績の欠如」を挙げており、"BTC以外の銘柄は比較的歴史が短いため、機関投資家の多くは現時点でイーサリアムなどの仮想通貨よりもBTCに資本を割り当てる傾向がある"ということを説明しています。

今年11月にニューヨーク金融サービス局(NYDFS)から仮想通貨業務に関する正式な認可を受けたFSDは、米国内で特に仮想通貨規制が厳しいことで知られるニューヨークでも仮想通貨のカストディサービスとOTC取引サービスを提供しています。

また、今後は仮想通貨取引所と連携してブローカーサービスを年内に提供することも予定していると伝えられているため、同社でイーサリアムの取り扱いが開始されればETHのさらなる成長につながると期待されます。

>>「The Block」の報道はこちら

2019年12月15日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は先月25日に14,400円近くまで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年12月15日時点では「1ETH=15,527円」で取引されています。

2019年11月15日〜2019年12月15日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月15日〜2019年12月15日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

M2Eアプリ「Step App」iOS・Androidアプリのリリース日が判明

M2Eアプリ「Step App」iOS・Androidアプリのリリース日が判明

コスモス(Cosmos/ATOM)価格上昇続く|1年ぶりに「過去最高値」を突破

コスモス(Cosmos/ATOM)価格上昇続く|1年ぶりに「過去最高値」を突破

ガス・石油業界で「ブロックチェーン・コンソーシアム」発足|大手企業7社が参加

ガス・石油業界で「ブロックチェーン・コンソーシアム」発足|大手企業7社が参加

SQUARE ENIX:Enjinと提携し「ファイナルファンタジーVII」のNFTコレクション発売へ

SQUARE ENIX:Enjinと提携し「ファイナルファンタジーVII」のNFTコレクション発売へ

Coincheckが「人気のブロックチェーンゲーム」とコラボ|プレゼント企画を実施

Coincheckが「人気のブロックチェーンゲーム」とコラボ|プレゼント企画を実施

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す