ビットコインの歴史を一覧表で簡単解説!価格推移もわかりやすく

by BITTIMES

「ビットコインって、もともとはどのようにして始まったの?」
最近、投資や決済システムなどで注目度が上がっているビットコインですが、そもそもどういう経緯で始まったのかあまり詳しく語られることはありません。
しかし、今後の金融業界のめまぐるしい変革を予想するうえでも、ビットコインの原点に触れて着実に学んでいくことが大切です。
ここでは、ビットコインの成り立ちについてわかりやすくまとめましたので参考にしてみてください。

ビットコインの歴史年表

内容
2008 10/31 中本哲史(ナカモトサトシ)氏がビットコインに関する論文を暗号通貨のオンラインコミュニティのメーリングリストに発表する
2009 01/03 ビットコインが初めて作られる
01/09 中本哲史によってビットコインがリリースされる
01/11 中本哲史以外の人物により初めてマイニングされる
01/12 ビットコインが初めて送金される
10/05 ビットコインの初値が明らかになる
10/12 ビットコインが初めて法定通貨で購入される
12/30 難易度( difficulty )の調整がなされる
2010 02/06 初のビットコイン取引所がオープンする
05/22 初めてモノ(1万 BTC =ピザ2枚)の売買がなされる
7月  世界的に有名なコンピューター専門の電子掲示板 Slashdot に掲載される
8/15 ビットコインのバグを利用し1840億 BTC が偽造される
2011 01/02  Tonal Bitcoin ユニットの標準化(初のアルトコインと呼ばれている)
01/28 総発行量の25% が採掘される
3/6 ビットコインネットワークのハッシュレートが短期間で2倍に
3/25 難易度( difficulty ) が10% 近く低下
6/19 マウントゴックスが会計検査官の PC からハッキングされる
8/25 P2P decentralized マイニングプールでの最初のブロックが採掘される
8/30 初めてDifficulty が連続して低下する
9/6 Casasciuscoin という手に取れるビットコインができる
2012 3/1 それまでで最大額のビットコインの盗難が発生する
4/1  ( P2SH ) Pay-to-script-hash が有効になる
5/8  SatoshiDice のトランザクションがビットコインネットワークの半分以上を占める
6月〜 キプロス危機により、ビットコインの価格が上昇する
11/28 初の半減期を迎え、報酬額が 50BTC から 25BTC になる
2013 2/19  Bitcoin Client v0.8 がリリースされる
3/12  バグによりハードフォークが発生する
10月  カナダバンクーバーに初めてビットコインATMが設置される
11/18 FBR のバーナンキ議長がビットコインを認める発言をし、価格が上昇する
2014 2/28  マウントゴックスが民事再生法の適用を申請し経営破綻する
6/13  マイニングプール Ghash.io のハッシュレートが51%になる
10/6  大量の BTC 売り注文が出される
2015 6/3   ニューヨークで BitLisence(デジタル通貨対象の規制)が始まる
6/16 ギリシャの債務不履行デフォルト危機によりビットコインの価格が一時 7% 上昇する
8/15 BitcoinXT がリリースされる
11/3 ビットコインの のマークが Unicode に認可される
2016 1/15 Mike Hearn がコア開発から離脱する
2/10 Bitcoin classic がリリースする
5/2 Craig wright が自分が satoshi Nakamoto であると主張する
7/10 2度目の半減期を迎え報酬額が 12.5 BTC になる
8/2 香港のゲートウェイ Bitfinex がハッキングの被害にあう
2017 1/10 ウィキリークス創始者 Julian Assange がビットコインハッシュ読み上げで生存を証明する
2/9 中国の取引所が BTC 引出しを停止し、ビットコインの規制を始める
3/〜7/ コア開発者とマイナー陣の対立が激化する
7/26 Mt.GOX 事件の主要人物が逮捕される
8/1 ハードフォークにより BitcoinCash( BCC, BCH ) が誕生する
9/15 政府による中国取引所の閉鎖が発表され、ICO やマイニングにも影響が及ぶ
9/23 BTC と LTC の間で atomic swap が成功する
10/12 BTC が初めて60万円台を突破し、最高値を更新する
2020 3度目の半減期を迎える
2141 ビットコインの発行数2100万枚全てがマイニングされる予定

2008年「ビットコインの仕組みが誕生」

ビットコインについての論文が2008年10月31日に中本哲史(ナカモトサトシ)という謎の人物によってオンラインコミュニティのメーリングリストに発表されたことにより、中央集権のないブロックチェーンの仕組みによる国際通貨が発明されました。
あわせて読みたい
>>「ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく解説!

2009年「ビットコインに価格がついた」

2009年には、中本哲史氏の論文に賛同した開発者と協力者によって Bitcoin - Qt(現在のビットコインコア) というオープンソースクライアントのウォレットアプリケーションが1/9にリリースしました。
ビットコインの誕生です。
それからしばらくはビットコインの取引自体は行われていたものの、開発者同士で送金されているだけで価格を介した取引は行われていませんでした。
価格レートが初めてついたのは 10/5 で、New Liberty Standard が発表しました。
ビットコインは採掘に必要な電力から計算され、1ドル 1,309.03 BTC と提示されました。
その後、10/12 には仮想通貨のビットコインが 初めて法定通貨と交換されることとなります。
初めて購入したのは New Liberty Standard で、5050 BTC を 5.02ドル、1ドルあたり 1005.976 BTC という破格値での取引でした。

2010年「1万BTC=ピザ2枚で販売」

2010年はビットコインにとって大きな躍進を遂げた1年といえるでしょう。
2010年年初の1Bitcoin の価格は0.09円、同年年末には24円、1年間でおよそ260倍に急上昇しました。
なぜ、2010年にそこまで急激な価格の上昇が起こったのでしょうか。
その理由としては5/22に起こった「ビットコイン・ピザ・デー」が大きく関わっています。
現実のモノ(ピザ2枚)と1万ビットコインが交換されたことで、仮想通貨とモノが初めて取引されました。
これは当時の関係者にとっては非常に驚きを以って迎えられました。
ドルや円と同様に、現実のモノと交換できることが証明されたのです。
5/22はBitcoin Pizza Dayと呼ばれ、世界中でピザをビットコインで購入すると割引されるそうです。
その後、7月には世界的に有名なコンピューター専門の電子掲示板「 Slashdot 」に取り上げられたことにより知名度が上がりました。
同月には Mt.Gox 社がビットコイン取引所を開設、9月には世界初のマイニングプールである Slush's pool により初めてビットコインの採掘に成功しました。
順調に現実世界とビットコインの結びつきが認識され始めたのです。
その後8/15にはバグをついて1840億ビットコインが偽装され、その後5時間後に新しいバージョンのクライアントが公開されたことにより、ビットコインが分岐しました。
このことにより、問題のトランザクションを超えてすべてのノードが受け入れ、その後もブロックチェーンはつながり続けています。
このようにして、さまざまな弊害や問題が起こっても、ビットコインを世界中で守り続けていこうとする動きが見られるようになってきました。

2011年「ビットコイン冒険の年」

2011年はビットコインを利用する人々とって、好奇心旺盛な年となりました。
1/2にはビットコインと同じくブロックチェーン採用の TonialBitcoin ( TBC )という世界初のアルトコインが生まれました。
1/28にはビットコイン総発行量の25%がマイニングされ、ブロック高が105,000になりました。
3/21には Plato と名乗る人物がビットコインのみでアメリカのハーフォードからロスまでを旅行しました。
まだまだビットコインが使えるお店は少なかったようですが、コミュニティ仲間やガソリンスタンドへの直接交渉などでなんとか乗り切ったようです。
その後9/6には、実際に手に取って使用できるフィジカルビットコインが作られました。
そのほかにも不動産物件や飛行機などがビットコインによって取引されました。
ビットコインが実際に価値の取引に利用されはじめ、さまざまな人や企業がビットコインやブロックチェーンを使った起業アイディアを企画し始める年となりました。

2012年「ビットコイン盗難と半減期」

2012年はビットコインにとって激動の年になりました。
3/1、これまでで最高額の 50,000BTC が Linode 社のサーバーから盗難されました。その後も Bitcoinica , Bitfloor がハッキング被害に合うなどセキュリティに対する対策も急務となりました。
4/1には P2SH が有効になり、複数の秘密鍵によるビットコイン送金などのマルチシグネチャ方式が可能となり、ビットコインの使用がより便利になっていきました。
9/24には米証券取引委員会の Phillip Moustakis 上級検事が「ビットコインのポンジスキムなどの詐欺的な案件によってビットコインの価格が30% 下落しているため、本格的な Bitcoin Savings and Trust の調査を実施すると発表しました。
9/27には Bitcoin 財団の設立によって、コア開発チームとデジタル通貨を監督する機関が実装されました。
11/28には初の半減期が訪れ、マイニング報酬が 25BTC になりました。

2013年「金融危機回避に利用され始めるビットコイン」

ビットコインの価格は2013年初頭までは1ビットコイン=約1000円ほどでずっと低いままでしたが、2013年3月にキプロスの金融危機をきっかけに、ビットコインの価格が急騰していきました。
キプロスは、国家財政が破綻しそうになって、欧州連合から金融支援を受けることになったのですが、その条件として財政再計画を提示と実行を要求されました。
キプロスは財政再計画の実行のために、銀行の預金を封鎖し始め、さらに預金額が多い人には強制的に税金をかけると発表しました。
大金を預けている富裕層の人達は、そのような酷い事を素直に受け入れるはずもなく預金を封鎖・課税されないようにするためビットコインに資金を移動し始めます。
ここから一気にビットコインを購入する人が大量発生し、ビットコインの価値が 1BTC = 5,000円以上に値上がりしました。
このキプロスでのビットコイン急騰の話が中国の人たちにも伝わり、中国でも買われ始めます。
中国では外貨管理が厳しいので、人民元からの資産の逃避先がほしかった事から、今度は中国でもビットコインが注目を集め、ビットコインを購入する中国人が大量発生しました。
11月末から 12月初旬にはビットコインの価値が約 110,000円まで急騰しました。
しかし富裕層が国外へ資産を流出させ続けると、いずれは中国の国家基盤が揺らいでしまうと危倶されました。
12/5、中国人民銀行は各金融機関に対して
「ビットコインを使用した金融サービスを禁止し、通貨として流通させない」
との声明を通達しました。
この中国政府の規制によって、ビットコイン価格が一気に急落し、半月後の12/8には1 BTC =約55,000円まで落ち込みました。

2014年「ビットコイン試練の年」

年明けビットコイン価格は 1BTC=99,000円まで値を戻しましたが、
まもなく2013年の年末に起こった中国政府が金融機関でのビットコイン取引停止という出来事が着実に築き上げた価格を突き落としていく結果となります。
ビットコインは自国通貨の不安定、信用不安が根強い国家で取引が盛んに行われるようになってきました。
特に、中国の富裕層は自国通貨の「元」への信用性が低く、資産流出に警戒感が強い中国政府の目を盗んで資産を外国に移す手段を常に模索していたため、送金時の匿名性、送金決済のスピード感は中国政府の監視の目をすり抜ける良策でした。
しかし、中国政府の介入による現金化による売り圧力は、相場価格を一気に押し下げ、ビットコイン価格は 2014年2月、一時、1BTC = 18,280円まで急落しました。
同じころ、ビットコイン取引所最大手マウントゴックス社の65万枚の BTC がハッキングの被害にあいました。
通称「マウントゴックス事件」です。
マウントゴックスが破たんしたことで、わずか2か月で BTC の価格が半減以下となりました。
日本でも芸能人など多くの投資家がビットコインを失い、話題になりました。
あわせて読みたい
>>「ビットコイン投資で大損した芸能人の今…
このままビットコインは世から消え去ってしまうのかと思われましたが、
仮想通貨の将来性と技術革新を疑わない人々によってひそかに売買と開発が続けられていました。
このころ、今では国内取引所として活躍している bitflyer( 5/26 open )、bitbank ( 6/18 open )、coincheck ( 9/19 open )の他、多数の取引所が誕生し、日本国内で売買しやすくなったことから、取引の機会損失を防ぎました。
また、アメリカのコンピューター大手の Dell、マイクロソフトがビットコイン決済を開始し、アメリ限定ではありますが、市場の縮小を少なからず防ぐ結果となりました。
功を奏したのか、価格は3万〜6万円台を増減しながら徐々に落ち着きを取り戻したビットコインは、失意よりも期待感が上回り、以前よりも安定と信頼を得ていきながら進化していきました。

2015年「世の中に浸透していくビットコイン」

6/3、ニューヨークで Bitlicence というデジタル通貨のための規制がリリースされ、ビットコインがより信頼できる通貨と位置づけされるための基準が出来ました。ビットコインを取り扱う企業は要件を満たすため、ライセンスを取得しなければならなくなりました。
8/1 マウントゴックスの元社長、マルク・カルプレスが自身の口座のデータ改竄、残高水増しの疑いで逮捕、顧客の預金横領の容疑で再逮捕されました。
11/3 ビットコインを表すというというマークが Unicode (文字符号化方式や符号化文字集合などを定めた、文字コードの業界規格)対応になりました。
ビットコインはその存在がだんだんと世の中に認知され、投機目的だけではなく、ビジネスのツールとしても変化しながら便利に利用され始めました。
ビットコインのコミュニティも活発化し、ブログやSNSでもさまざまな意見や新しい開発などを発信する人が増えていきました。

2016年 「 Satoshi Nakamoto の正体が判明!?」

年始では1 BTC =460ドルで動き始めたビットコインの価格推移ですが、1月15日マイクハーンがコア開発から離脱したことで350ドル付近まで下落しました。
マイクハーンはグーグル本社のディベロッパーとして従事し、その後フルタイムのビットコイン開発者に転身したイギリスの開発者です。
前ビットコインコア開発者のギャビンアンドレンセン氏と共に2015年8月にビットコインコアのフォーク、Bitcoin XTをリリースした後 R3Cev のメガバンコンソーシアムの一員としてブロックチェーンの開発に取り組みました。
彼は「ビットコインは失敗した」という内容のブログを書きました。
「ビットコインはいつか失敗するかもしれない。と思ってやってきた。しかしいよいよ、ビットコインは失敗したと結論せざるをえない状況にはとても悲しく思う。基本的な条件が歪んでしまっているし、短期的にも長期的にも、コインの価格は下落傾向をたどる事になるだろう。僕はこれ以上ビットコインの開発には関わらないし、自分のビットコインも全て売却してしまった。」
と記しています。
マイクハーンは、実質的中央集権化してしまっている現状に対しても危惧していたようです。
しかし、ビットコインは世界中の人々に愛されるように進化していきます。
2/10 ビットコインのハードフォークであるビットコインクラシックがリリースしました。
5/2 オーストラリア人起業家、Craig wright が自分が Satoshi Nakamoto であると主張しました。
 
あわせて読みたい
>>「ビットコイン最大の謎、ナカモトサトシの正体がついに判明した
 
7/10 Bitcoin 史上 2度目の半減期が訪れ、ビットコインのマイニング報酬がそれまでの 25 BTC から 12.5 BTC へと変更されました。
各企業の ICO も活発になり、新しいコインが続々と出現しました。
クラウドマイニング、レンディングなどの新しいサービスも増え、詐欺情報も多くあるにもかかわらず、今までビットコインに懐疑的だった投資家たちもさまざまな案件に投資するようになりました。
8/2 香港の Bitfinex が保有資産の 36.067 % にあたる 119756 BTC のハッキング被害に会いましたが、独自通貨 BTF を発行して被害にあったユーザーに配布し、株や USD と価値の交換をすることで補償しました。
その結果ユーザーに被害の全額を返済することに成功しました。

2017年 「最高値を更新しつづけるビットコイン」

1/10、WikiLeaks の創始者である Julian Assange が死亡したという情報が流れた際、ブロックチェーンに刻まれた、未来が予測不可能であるビットコインのハッシュ値を読み上げることで、現在に生きていることの証明をしました。
2/9 中国政府はマネーロンダリング対策として、中国国内の取引所の引き出しを停止しました。
その後、取引所ではなく、相対取引のサイト localbitcoins で取引する中国人が相次ぎ、出来高が5倍に膨らみました。
3月から夏にかけ、開発者とマイナーの間で SegWit やブロックサイズなどのスケーラビリティ問題で対立が激化しました。
あわせて読みたい
ビットコインハードフォーク問題に隠された裏の真実とは?
7/26 マウントゴックス事件に関与していた容疑で Alexander Vinnik という人物がギリシャで逮捕されました。
8/1 ViaBTC のハードフォークが実行され、Bitcoincash ( BCC , BCH )が実装されました。
ハードフォークがあった時点で BTC 保持者は同量の BCC が無償で配布されました。
9/15 中国人民銀行がビットコインの需要の増加に歯止めをかけるべく、取引所の売買、ICO の規制を強化しました。
そのことで、一時ビットコインやアルトコインの価格が下落しましたが、すぐに値を戻しました。
10/12 ビットコインの価格が 1BTC =60万円を突破し、最高値を更新しました。これから発行されるビットコインゴールド BTG の無償配布が目的でビットコインの買い注文が殺到していることが原因としてあげられています。
BTG の詳しい内容はこちら↓
>>「ビットコインゴールドとは?「新しい通貨の誕生」

ビットコイン 今後のスケジュール

2017年の半ばから一気に上昇してきているビットコインですが、その理由としては

・北朝鮮のミサイル問題で安定資産との見方で買い
・ビットコインゴールドを得るための買い
・8/1のフォーク後取引量の処理能力向上による買い

といわれていますが、2018年は少し戻した後、また上昇するとの見方が強いようです。
まだまだビットコインが世の中にすべて浸透しているとは言いがたい状況なので、今後の需要も考慮すると1BTC =1万ドル以上になるだろうと予想されています。
2020年には半減期を迎えるので爆上げするという専門家の意見も多いようです。
2141年にはすべてのビットコインが発行済となります。
この時は私たちは生きていないのでどうなるのかはわかりませんが、
>>「人類が仮想通貨を使いこなせるのは300年後」カペルスキー代表が発言
の記事にも紹介した通り、ビットコインが正しく機能するように人間も成長していかなければならないというのが今後の課題といえそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国ビットコイン取引所、規制解除を公式発表

中国ビットコイン取引所、規制解除を公式発表

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

EMINEM『ビットコイン』をリリックに使った最新アルバムをリリース

EMINEM『ビットコイン』をリリックに使った最新アルバムをリリース

仮想通貨時価総額:今後15年間で「8,800兆円まで増加」著名投資家ティム・ドレイパーが予想

仮想通貨時価総額:今後15年間で「8,800兆円まで増加」著名投資家ティム・ドレイパーが予想

仮想通貨交換業者にbitFlyerら11社が登録完了

仮想通貨交換業者にbitFlyerら11社が登録完了

ライトニングラボがベータ版ソフトウェアLNDを発表

ライトニングラボがベータ版ソフトウェアLNDを発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンを活用して「ゴールド取引」の合理化へ|JPモルガン・チェース

ブロックチェーンを活用して「ゴールド取引」の合理化へ|JPモルガン・チェース

ウクライナ:仮想通貨「合法化」計画を発表|2021年完了を目指す

ウクライナ:仮想通貨「合法化」計画を発表|2021年完了を目指す

Bakkt(バックト):ビットコイン先物取引の開始時期を延期|市場への影響は?

Bakkt(バックト):ビットコイン先物取引の開始時期を延期|市場への影響は?

eToro:仮想通貨ウォレットをリリース|Fiat入金・決済機能なども追加予定

eToro:仮想通貨ウォレットをリリース|Fiat入金・決済機能なども追加予定

ブロックチェーンは社会全体を「ネットワーク化」する|ConsenSys CEO

ブロックチェーンは社会全体を「ネットワーク化」する|ConsenSys CEO

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

Blockchains LLC:ネバダ砂漠「スマートシティ化」計画|イノベーションパーク構築へ

Blockchains LLC:ネバダ砂漠「スマートシティ化」計画|イノベーションパーク構築へ

仮想通貨の価格下落は業界にとって「好材料」Reddit共同設立者

仮想通貨の価格下落は業界にとって「好材料」Reddit共同設立者

Coincheck(コインチェック):一部仮想通貨の売買と新規口座開設を再開

Coincheck(コインチェック):一部仮想通貨の売買と新規口座開設を再開

CARDANO(ADA)ウォレット「DAEDALUS」Ver0.11.1リリース|ユーザーは再ダウンロードを

CARDANO(ADA)ウォレット「DAEDALUS」Ver0.11.1リリース|ユーザーは再ダウンロードを

カルダノ(CARDANO/ADA)がオーストリアの仮想通貨取引所「Bitpanda」に上場

カルダノ(CARDANO/ADA)がオーストリアの仮想通貨取引所「Bitpanda」に上場

優れた仮想通貨が必ず成功するとは限らない:MySpace 元CEO Michael Jones

優れた仮想通貨が必ず成功するとは限らない:MySpace 元CEO Michael Jones

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

人気のタグから探す