Bakkt:ビットコイン先物の「オプション取引」提供へ|サービス開始日も発表

by BITTIMES

Bakkt(バックト)は2019年10月24日の発表で「ビットコイン先物で初めての規制されたオプション契約を2019年12月9日に公開する」と発表しました。

こちらから読む:Facebook CEO、Libra公聴会で質問に回答「仮想通貨」関連ニュース

「Bakktビットコインオプション契約」提供へ

Bakkt(バックト)の発表によると、同社が初めて提供する「Bakktビットコインオプション契約」は、現在すでに提供されている現物決済ビットコイン先物契約に基づいたものであり、機関投資家・顧客・投資家向けにサービスを展開していくための重要なステップだと説明されています。

Bakktビットコインオプション契約の主要な機能としては、
・資本効率
・現金または現物決済
・ヨーロッパスタイルのオプション
・魅力的な料金
・幅広い流通と流動性
・インスタントメッセージング
・ブロック取引
・オプション分析
などがあげられています。

今回発表された"Bakktビットコインオプション契約"では「現金決済のオプション契約」を選択することができるようになっているため、顧客は満了時に契約の価値に相当する法定通貨を受け取るか、現物のビットコインを受け取るかを選ぶことができます。

また手数料は2019年12月中は無料となっており、2020年1月からは1オプション契約(1BTC)につき1.25ドル(約135円)の手数料がかかるとされています。さらに大口取引や機関投資家向けのOTC取引なども用意されているため、多くの需要に対応することができると考えられます。

Bakktが今年9月に開始した「現物受け渡しのビットコイン先物取引サービス」は、サービス開始直後は期待されていたほどの契約数を獲得できなかったものの、ここ最近では徐々に契約数が増加してきていることも報告されており、先日ビットコイン価格が一時的に急落した直後には、Bakkt先物の契約数が急増したことも報告されています。

バックトが提供するビットコイン先物取引の普及は"段階的"になるとも言われていましたが、新しくオプション取引が提供されることによって、より多くの投資家がBakktのプラットフォームに参加することになると期待されます。

>>「Bakkt」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン:取引所(現物取引)専用の高機能ツール「WebTrader」提供へ

GMOコイン:取引所(現物取引)専用の高機能ツール「WebTrader」提供へ

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

ビットコイン(BTC)取引手数料が過去7年間で最低を記録

ビットコイン(BTC)取引手数料が過去7年間で最低を記録

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

メタマスクでビットコインを管理できる拡張機能「Zion」登場

メタマスクでビットコインを管理できる拡張機能「Zion」登場

注目度の高い仮想通貨ニュース

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

「テスラは将来ドージコイン決済を可能にする」イーロン・マスク氏の発言でDOGE価格急騰

「テスラは将来ドージコイン決済を可能にする」イーロン・マスク氏の発言でDOGE価格急騰

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す