BitMEXから「大量のメールアドレス」が流出|公式Twitterでハッキング被害も

by BITTIMES

大手仮想通貨取引所「BitMEX(ビットメックス)」で、ユーザーのメールアドレスが大量に流出する事故が発生しました。この事故が発覚した後には、同社の公式Twitterがハッキングされたことも報告されているため、BitMEXユーザーは今後の対応に注意を払う必要があります。

こちらから読む:取引所のキャンペーン情報が多数「仮想通貨」関連ニュース

メールアドレス大量流出「二次被害にも要注意」

BitMEX(ビットメックス)で発生した「大量のメールアドレス漏洩事故」は、ニュースレター配信で「BCC」に入力すべきメールアドレスを「TO」に入力して送信してしまったことによって発生したと報告されています。

BitMEXの公式発表によると、これは"ソフトウェアのエラー"によるものであり、原因となったエラーはすでに特定されているため、現在問題は解決されていると説明されています。また「メールアドレス以外の個人情報やアカウント情報は一切公開されておらず、それ以上のメールも送信されていない」とも報告されています。

同社は事故の発生を確認した後に、この事故について謝罪しつつ「早急に対策措置を講じ、流出被害を受けたユーザーと連絡を取り合う」と説明しています。また公式発表の中では、安全を確保するための注意点として以下のような説明が行われています。

フィッシングに注意してください。BitMEXからのメールは「support@bitmex.com」と「noreply@bitmex.com」から送信されます。これらの電子メールが迷惑メールフォルダに入らないように、これらの電子メールアドレスを連絡先リストに追加してください。BitMEXがユーザー様にパスワードを求めることはありません。

BitMEXはお客様に送金を要求することはありません。BitMEXアカウントに資金を入金する唯一の方法は、お客様の固有のBitMEXデポジットアドレスにビットコインを送ることのみです。お客様独自のBitMEX入金アドレスは「3BMEX」または「3BitMEX」で始まり、お客様自身のBitMEXアカウントの入金ページで確認できます。

当社の公式BitMEXコミュニケーションチャネルをご確認ください。こちらに記載されているページが主要な公式ソーシャルメディアコミュニケーションチャネルであり、これらを通じて提供される指示のみが公式のものです。

また、パスワードは使いまわしのものではなく、強力でユニークなものを使用し、二段階認証の設定がまだの方はこちらのページから設定していただくようお願い致します。セキュリティに関してはこちらの投稿をご参照ください。

「TO」に入力されて送信されたメールアドレスはすでに複数のユーザーに流出しているため、悪意を持った人々に悪用された場合には「迷惑メール」や「BitMEXを装った偽造メール」などが届いたりする可能性や「不正ログイン」などの被害に発展する可能性もあるため十分注意する必要があります。

今回の件に関しては「BINANCEOKExZaif」などといった仮想通貨取引所からも"漏洩したメールアドレスを変更するように"との注意喚起が行われています。BitMEXアカウントのメールアドレス変更はできないため、被害を受けたユーザーは「2段階認証の設定」や「新規アカウント作成」などの対策を取る必要があると考えられます。

公式Twitterでの「ハッキング被害」も確認

「メールアドレスの漏洩」が発覚した後には、BitMEXの公式Twitterアカウントが一時的にハッキングされたことも確認されています。これによって「BTCを持って逃げろ。出金ができるのは今日が最後だ」「ハッキングした」とのツイートが投稿されました。

これらのツイートはすでに削除されており、公式Twitterでも顧客資産は安全であることが報告されていますが、今後も公式アカウントがハッキングされる可能性はあるため、情報を確認する場合には十分に注意を払う必要があると言えるでしょう。

>>メールアドレス漏洩に関する「BitMEX」からの公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの価格とニュースで振り返る「仮想通貨元年」

ビットコインの価格とニュースで振り返る「仮想通貨元年」

暗号資産自動売買のQUOREA「ビットバンク」との接続が可能に

暗号資産自動売買のQUOREA「ビットバンク」との接続が可能に

【速報】ビットコイン価格「240万円」突破|ほぼ全ての取引所で過去最高値を更新

【速報】ビットコイン価格「240万円」突破|ほぼ全ての取引所で過去最高値を更新

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

2019年末、ライトコイン(LTC)がリップル(XRP)を上回る?Forbesアナリスト予想

2019年末、ライトコイン(LTC)がリップル(XRP)を上回る?Forbesアナリスト予想

Chiliz&Socios:メキシコの強豪「クラブ・アメリカ」と提携|AMEファントークン発行へ

Chiliz&Socios:メキシコの強豪「クラブ・アメリカ」と提携|AMEファントークン発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:The Sandbox(SAND)取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:The Sandbox(SAND)取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

100倍になる可能性のある投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

100倍になる可能性のある投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)Coinbaseの「iOS・Androidアプリ」に対応

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)Coinbaseの「iOS・Androidアプリ」に対応

カルダノ(Cardano/ADA)価格上昇の裏で「クジラ・サメ」が増加|蓄積段階突入か

カルダノ(Cardano/ADA)価格上昇の裏で「クジラ・サメ」が増加|蓄積段階突入か

コスモス(Cosmos)の価格予測|MCADEがより優れた投資先?

コスモス(Cosmos)の価格予測|MCADEがより優れた投資先?

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

PlayMining NFT「法定通貨決済」に対応|DEP感謝祭も開始

PlayMining NFT「法定通貨決済」に対応|DEP感謝祭も開始

ビットバンク:XRP保有者への「Flareトークン付与」を完了|FLR/JPYペアも追加

ビットバンク:XRP保有者への「Flareトークン付与」を完了|FLR/JPYペアも追加

GMOコイン「Flareトークンの付与日」を発表|FLR取引サービスも提供予定

GMOコイン「Flareトークンの付与日」を発表|FLR取引サービスも提供予定

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

Huobi Japan:年率100%「PLTの貸暗号資産・特別募集」開始

Huobi Japan:年率100%「PLTの貸暗号資産・特別募集」開始

SBI VCトレード「FLRの付与・取扱い方針」で続報|残高確認システム公開へ

SBI VCトレード「FLRの付与・取扱い方針」で続報|残高確認システム公開へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す