仮想通貨IOTA(アイオータコイン)とは?購入できる取引所と買い方

by BITTIMES   

IOTA(アイオータコイン)の時価総額が 1兆円を超え、全仮想通貨の中でも 4位にまでランキングを上昇させました。
IOTAは、11月の段階で価格が100円以下だったにもかかわらず、現在は 500円を超えるをマークするなど、およそ 5倍以上の上昇を見せています。
日本の取引所では取り扱いされていないので、認知度は低い仮想通貨ですが、ここまで時価総額が大きくなると購入を考えた方が良い仮想通貨なのかもしれません。
今回はIOTAとはどんな仮想通貨なのか?という疑問から購入方法(買い方)、海外取引所での購入方法までご案内したいと思います。

仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?

https://youtu.be/ivWqqfzunhI
IOTA の解説動画を日本語訳したので、動画を見ながら読み進めて見てください。

アイオータは分散元帳を利用するほとんどのクリプトと違って、ブロックチェーンではなく、技術を使用します。
その開発者は、数学的概念に基づいて有向非循環グラフとして知られています。
それは、この設計内の開発者は他のすべてからIOTAを分離します。
私たちが持っているデザイン内での暗号解読のない鉱夫の除去地方分権を犠牲にして削除された鉱夫の必要性料金からアイオータは完全に自由です。(手数料無料)
これは、誰もがいつでもネットワーク内で同等の役割を果たします。
発行者が助けなければならない取引が行われる前とランダムに認証する一連のトランザクションを使用するトランザクション暗号アルゴリズムと多くの他の洗練されたテクニックです。
このIOTAは、そのような小規模なシーンデバイスは労力をかけずに管理できます。
最終的にはこのようなネットワークによって、2つの重要な機能「マイクロトランザクション」と「スピード」を生やします。
マイクロトランザクションとは、センスとクリプトスの分け前に値するビットコインのような多くの問題に直面しました。
主に鉱夫(マイナー)の必要性のため、あなたはコーヒーを買うことができませんでした。
ほとんどのブロックチェーンベースのグリップを超えるスピードを私たちは持っています。
仮想通貨の速度はTPSによって測定されます。
1秒あたりのトランザクション数のことです。
私たちの最後のビデオで私は数字によってそれを確認することをお勧めします。
簡単ではありません。
私たちの誰も待ち時間を好みません。
最終的にはそれを使用する人が増えるほどネットワークが速くなるブロックチェーンの問題を緩和します。
暗号通貨は今日それに直面しています。
これら2つの機能は、機械間経済( IoT経済)を促進します。

これだけだとよくわからないと思いますので、簡単に解説をしていきます。

仮想通貨IOTA(アイオータコイン・アイオータトークン)仮想通貨

IOTAの仮想通貨としての正式な名称は「アイオータトークン」と呼びます。
アイオータコインは、分かりやすく呼ぶための通称のような名前ですね。
IOTAはその名前の通り「IoT(アイオーティ)」を活発にするための感想通貨・システムです。
IoTとは「モノとインターネットを繋げる技術」です。
例えば、先日日本で発売され話題になった「Amazon Echo(アマゾン・エコー)」では、
「話しかけるだけでなんでもできる。」
という技術・商品でした。
https://youtu.be/hPXS7rC1PWo
このAmazon Echoは人工知能「Alexa(アレクサ)」に繋がっており、
「電気ちょっと暗くして!」や「ピザ注文しておいて!」などの声でインターネットにつながっていることなら何でもできる商品です。
現在、私たちの身の回りにある電化製品は続々とインターネットと繋がりつつあります。
冷蔵庫の中身を確認して、自動で食品を注文する技術や
今、インターネットにオンラインになるモノはどんどん増えています。
IOTA はこれらの「モノとインターネットを繋げる仮想通貨」という理解をしておけば間違い無いでしょう。
ちなみに仮想通貨ではお馴染みのブロックチェーン技術をIOTAは「使っていません。」
その代わり「Tangle(タングル)」という独自技術を使っています。
Tangle があることでマイナー報酬を無くし、手数料が無料になるのもIOTAの特徴です。

仮想通貨IOTAの高騰理由

今回の高騰で、IOTA の時価総額は一気に 4位にまで上昇しました。
マイクロソフトや富士通などの大手企業「20社」が、IOTA基金がリリースしたプラットフォームと連携したためでしょう。
この連携で、将来的に「モノとインターネット」の中心的な存在にIOTAがなると考えられて買いが増えた可能性が高いです。
IOTA の技術は、未来を先取りしており、今後の価格高騰はまだまだ続くと考えて良いでしょう。
IOTA(アイオータ)の買い方・購入できる取引所
残念ながらIOTAを取り扱っている日本の仮想通貨取引所は存在しません。
購入するのであれば、海外の取引所になりますが、ここでは日本語に対応している取引所「Binance(バイナンス)」が良いでしょう。
こちらから登録ができます。
>>「Binance(バイナンス)アカウント登録
メールアドレスとパスワードを設定すれば「24時間」で「2BTC」まで出金ができるアカウントが作れます。
バイナンス取引所登録方法
画面に飛んだら、
・メールアドレス入力
・パスワード入力(大文字と数字が入った8桁以上)
・パスワード再入力
・利用規約にチェックを入れます。
・登録ボタンクリック

で登録が完了します。
登録が完了すると下記のような「パズルのピース画像をスライドさせて合わせる認証」があるので、ピース画像がぴったり合うようにスライドして認証完了です。
バイナンス取引所登録方法
その後下記の画像になるので、そのままメール受信ボックスへ行きます。
バイナンス取引所登録方法
下記の画像のようなメールが届いているので、そのままクリック認証。
バイナンス取引所登録方法
これで設定は全て完了です。
バイナンス取引所登録方法
あとはビットコインを今持っている取引所から送金して、IOTA を BTC で購入すればOKです。
バイナンス取引所登録方法
興味がある場合は、少額投資からやってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

TaoTao株式会社:BINANCEとの「提携交渉終了」を発表

TaoTao株式会社:BINANCEとの「提携交渉終了」を発表

コインチェック:貸仮想通貨サービスの最低貸付金額を「1万円」に引き下げ

コインチェック:貸仮想通貨サービスの最低貸付金額を「1万円」に引き下げ

Cardano創設者:90年代のRPGゲーム「Legend of Valour」を買収

Cardano創設者:90年代のRPGゲーム「Legend of Valour」を買収

仮想通貨「タイムコイン」のIEO実施へ|タイムチケット子会社、大手取引所と基本契約

仮想通貨「タイムコイン」のIEO実施へ|タイムチケット子会社、大手取引所と基本契約

韓国国民銀行「仮想通貨・デジタル資産関連サービス」提供へ|テック企業3社と提携

韓国国民銀行「仮想通貨・デジタル資産関連サービス」提供へ|テック企業3社と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

中国人民銀行:CBDC導入視野に「法律改正案」公開|人民元のステーブルコインは禁止に

中国人民銀行:CBDC導入視野に「法律改正案」公開|人民元のステーブルコインは禁止に

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

【重要】コインチェック「Facebookログイン機能」廃止へ|期日までに設定変更を

【重要】コインチェック「Facebookログイン機能」廃止へ|期日までに設定変更を

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す