ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

by BITTIMES

ドバイの仮想通貨投資ファンド「FD7 Ventures」の創設者兼マネージングディレクターであるPrakash Chand氏は、2021年3月10日に公開されたプレスリリースの中で『Cardano(ADA)Polkadot(DOT)Ethereum(ETH)は5〜7年以内にビットコインの時価総額を超える可能性がある』と語りました。同氏はこれら3つのアルトコイン価格は20〜30倍に上昇する可能性があると予想しています。

こちらから読む:米保険会社、"BTC投資+BTC決済対応"を発表「暗号資産」関連ニュース

ADA・DOT・ETHは「BTCに続く仮想通貨プロジェクト」

ドバイの仮想通貨投資ファンド「FD7 Ventures」の創設者兼マネージングディレクターであるPrakash Chand氏は、2021年3月10日に公開されたプレスリリースの中で『ビットコインの時価総額は今後数年で10兆ドルに達するだろうが、カルダノ・ポルカドット・イーサリアムもそれに続くことになる』との考えを語りました。

同氏は『ビットコインは"優れた価値の保存手段"としてのブランドを有しているが、そこにとどまっている』と指摘しており、『その一方でカルダノ・イーサリアム・ポルカドットは教育金融ヘルスケアなどといったその他多くの業界に大きな変化をもたらしている』と説明しています。

Prakash Chand氏がこれら3つの仮想通貨プロジェクトへの関心を高めるきっかけになったのは同氏の友人でもある「イーサリアム共同創設者の1人」や「メンターとの会話」だとされています。

Chand氏は『この"イーサリアム共同設立者の1人"が誰であるか』は明かしていないものの、この人物について『彼は現在生きている最も賢い人物の1人であり、彼の話を聞いたことがカルダノとポルカドットの研究に何時間も費やすきっかけとなった』と説明しています。

5〜7年以内に「BTC時価総額超え」の可能性も

「FD7 Ventures」は2021年2月25日に『ADAとDOTの保有量を増やすために、今後30日間で7億5,000万ドル(約794億円)相当のBTCを売却する』という計画を発表していましたが、今回の発表では『先週だけでも多くの富裕層の個人や機関からカルダノとポルカドットに関する連絡があった』ということが報告されています。

Prakash Chand氏は『ETH・DOT・ADAが短期間でビットコインを打ち負かすことは難しい』と考えているとのことですが、『5〜7年以内にはビットコインの時価総額を超えるだけでの能力を備えている』と信じているとのことです。

同氏はこれら3つのアルトコインの短期的な価格予想は提示していないものの、『ビットコイン価格が今後数年で現在の10倍になる可能性を秘めている一方で、イーサリアム・ポルカドット・カルダノは現在価格から20〜30倍まで上昇する可能性がある』と語っています。

なお『FD7 VenturesがADAとDOTに7億5,000万ドルを投資する』という発表が行われた際には「どれくらいの比率で投資するのか?」に注目が集まっていましたが、今回の発表では『3億8,000万ドル(約412億円)の資金をADAに交換する作業が完了した』ということも報告されています。

>>「FD7 Ventures」の発表はこちら
>>ADA・DOT・ETHなどを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の種類や目的を理解するための基本的な分類|初級編

仮想通貨の種類や目的を理解するための基本的な分類|初級編

スイスの小売店「85,000店舗」に仮想通貨決済導入へ|Bitcoin SuisseがWordlineと提携

スイスの小売店「85,000店舗」に仮想通貨決済導入へ|Bitcoin SuisseがWordlineと提携

Lamborghini:ブロックチェーンで保護された「カスタムペイント車両」を公開

Lamborghini:ブロックチェーンで保護された「カスタムペイント車両」を公開

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

Bitfury:企業・政府向けブロックチェーンサービス「Exonum Enterprise」を発表

Bitfury:企業・政府向けブロックチェーンサービス「Exonum Enterprise」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーロン・マスク氏「ビットコイン価格操作の批判」に反論|BTC決済再開の可能性も

イーロン・マスク氏「ビットコイン価格操作の批判」に反論|BTC決済再開の可能性も

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

タンザニア大統領:中央銀行に「仮想通貨・ブロックチェーン対応の準備」を指示

タンザニア大統領:中央銀行に「仮想通貨・ブロックチェーン対応の準備」を指示

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

Goldman Sachs「イーサリアムのオプション・先物取引」提供を計画

Goldman Sachs「イーサリアムのオプション・先物取引」提供を計画

NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」オンライン会場の一般受付開始【参加費無料】

NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」オンライン会場の一般受付開始【参加費無料】

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月6日〜12日

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

国内初「ステーブルコイン決済による賃貸借契約」を締結:株式会社Zofuku

国内初「ステーブルコイン決済による賃貸借契約」を締結:株式会社Zofuku

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す