ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

by BITTIMES

ドバイの仮想通貨投資ファンド「FD7 Ventures」の創設者兼マネージングディレクターであるPrakash Chand氏は、2021年3月10日に公開されたプレスリリースの中で『Cardano(ADA)Polkadot(DOT)Ethereum(ETH)は5〜7年以内にビットコインの時価総額を超える可能性がある』と語りました。同氏はこれら3つのアルトコイン価格は20〜30倍に上昇する可能性があると予想しています。

こちらから読む:米保険会社、"BTC投資+BTC決済対応"を発表「暗号資産」関連ニュース

ADA・DOT・ETHは「BTCに続く仮想通貨プロジェクト」

ドバイの仮想通貨投資ファンド「FD7 Ventures」の創設者兼マネージングディレクターであるPrakash Chand氏は、2021年3月10日に公開されたプレスリリースの中で『ビットコインの時価総額は今後数年で10兆ドルに達するだろうが、カルダノ・ポルカドット・イーサリアムもそれに続くことになる』との考えを語りました。

同氏は『ビットコインは"優れた価値の保存手段"としてのブランドを有しているが、そこにとどまっている』と指摘しており、『その一方でカルダノ・イーサリアム・ポルカドットは教育金融ヘルスケアなどといったその他多くの業界に大きな変化をもたらしている』と説明しています。

Prakash Chand氏がこれら3つの仮想通貨プロジェクトへの関心を高めるきっかけになったのは同氏の友人でもある「イーサリアム共同創設者の1人」や「メンターとの会話」だとされています。

Chand氏は『この"イーサリアム共同設立者の1人"が誰であるか』は明かしていないものの、この人物について『彼は現在生きている最も賢い人物の1人であり、彼の話を聞いたことがカルダノとポルカドットの研究に何時間も費やすきっかけとなった』と説明しています。

5〜7年以内に「BTC時価総額超え」の可能性も

「FD7 Ventures」は2021年2月25日に『ADAとDOTの保有量を増やすために、今後30日間で7億5,000万ドル(約794億円)相当のBTCを売却する』という計画を発表していましたが、今回の発表では『先週だけでも多くの富裕層の個人や機関からカルダノとポルカドットに関する連絡があった』ということが報告されています。

Prakash Chand氏は『ETH・DOT・ADAが短期間でビットコインを打ち負かすことは難しい』と考えているとのことですが、『5〜7年以内にはビットコインの時価総額を超えるだけでの能力を備えている』と信じているとのことです。

同氏はこれら3つのアルトコインの短期的な価格予想は提示していないものの、『ビットコイン価格が今後数年で現在の10倍になる可能性を秘めている一方で、イーサリアム・ポルカドット・カルダノは現在価格から20〜30倍まで上昇する可能性がある』と語っています。

なお『FD7 VenturesがADAとDOTに7億5,000万ドルを投資する』という発表が行われた際には「どれくらいの比率で投資するのか?」に注目が集まっていましたが、今回の発表では『3億8,000万ドル(約412億円)の資金をADAに交換する作業が完了した』ということも報告されています。

>>「FD7 Ventures」の発表はこちら
>>ADA・DOT・ETHなどを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FBI「北朝鮮ハッカーグループの仮想通貨アドレス」を特定|BTC現金化の動きも?

FBI「北朝鮮ハッカーグループの仮想通貨アドレス」を特定|BTC現金化の動きも?

MicroStrategy:ビットコインの「Lightning Network」活用したサービスを計画

MicroStrategy:ビットコインの「Lightning Network」活用したサービスを計画

警視庁:会社の仮想通貨を不正移動した「VIPSTAR元幹部」を再逮捕【全国初】

警視庁:会社の仮想通貨を不正移動した「VIPSTAR元幹部」を再逮捕【全国初】

フィリピン科学技術省:BCB Blockchainと協力して「スマートシティ開発」を促進

フィリピン科学技術省:BCB Blockchainと協力して「スマートシティ開発」を促進

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

注目度の高い仮想通貨ニュース

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す