【Cardano/ADA】Maryアップデートを完了「ネイティブトークン発行」などが可能に

by BITTIMES

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発を担当している「Input Output」は2021年3月2日に、Cardanoブロックチェーンの大型アップデートとなる「Mary(メアリー)」のメインネット実装が完了したことを発表しました。今回のアップデートによって「Cardanoブロックチェーン上でのネイティブトークン発行機能」や「マルチアセット機能」などが導入されました。

こちらから読む:MicroStrategy、ビットコインを追加購入「暗号資産」関連ニュース

Cardano「Maryのメインネット実装」を完了

Input Output(IOG)は2021年3月2日に、カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の大型アップデートとなる「Mary(メアリー)」のメインネット実装が完了したことを発表しました。

ミッション完了!カルダノの「Mary」プロトコルアップデートが、マネージドハードフォークコンビネータイベントを介して協定世界時間の今夜21時44分51秒にCardanoメインネットに正常に適用されたことを確認しました。Cardano(ADA)の新しいエキサイティングなマルチアセットの時代へようこそ。

このアップデートはスマートコントラクト分散型アプリケーション(DApps)などの導入の面で重要な意味を持つ「Goguen(ゴーグエン)」と呼ばれる開発段階に向けた重要なアップデートであり、「ネイティブトークン発行機能」や「マルチアセットサポート」などといった、Cardanoブロックチェーンの活用における重要な機能が追加されています。

すでに「200種類以上のトークン」が発行済み

イーサリアム(Ethereum/ETH)などのブロックチェーンでは、すでに「イーサリアムを基盤としたトークン・仮想通貨」が複数発行されていますが、今回のアップデートによって開発者の人々はCardanoブロックチェーン上で新たなトークンを発行したり、既存のトークンをCardanoブロックチェーン上に移行したりすることができるようになりました。

仮想通貨業界では「法定通貨・株式・貴金属・不動産」などといった様々な資産がトークン化されており、ゲーム・アート業界などでは「Non Fungible Token(NFT)」が数多く発行されていますが、今後はCardanoブロックチェーン上でもこのようなトークンを発行・取引することができるようになります。

なお「CardanoAssets.com」では既に200種類以上のトークンがCardanoブロックチェーン上で発行されていることが報告されているため、今後はさらに多くのトークンが発行されていくことになると予想されます。

また、Cardano公式アンバサダーであるYUTA氏は2021年3月2日のツイートで『charlesコインを10億枚、hoskinsonコインを100万枚発行し、100万コイン、1,000コインを各々メインネットYOROIウォレットに送信したが、どちらも20秒以内に送金完了した』ということを報告しています。

「Daedalus Flight 4.0.0-FC1」も公開

Input Output(IOG)は2021年3月2日に、上級者向けの実験用ダイダロスウォレットである「Daedalus Flight(ダイダロスフライト)」で"マルチアセット機能を追加した最新版"をリリースしたことも発表しています。

Maryハードフォークに続いて、Cardanoのマルチアセット時代に向けた準備を整えた新しいダイダロスウォレットをご紹介します。このウォレットは今から約1時間後の世界標準時間21時44分51秒に有効化されます。

「Daedalus Flight」は開発者などが使用する上級者向けのウォレットとなっているため、一般ADA保有者の利用は推奨されていませんが、新たにリリースされた「Daedalus Flight 4.0.0-FC1」はダイダロスウォレット上でネイティブトークンを送受信することができるように設計されています。

「ネイティブトークンの送受信機能」は一般ユーザー向けのダイダロスウォレットにはまだ実装されていませんが、近い将来にはフライト版でのテストを完了した上で一般向けダイダロスウォレットにも同様の機能が実装される予定となっています。

Cardano(ADA)は仮想通貨の中でも特に高いパフォーマンスを発揮しており、最近では時価総額ランキング3位にまで上昇していましたが「ネイティブトークン発行機能」や「マルチアセットサポート」などが導入されたことによって、今後もさらに大きく成長していくことになると期待されています。

2021年3月2日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月27日に155円付近まで上昇したものの、その後はやや下落しており、2021年3月2日時点では「1ADA=129.51円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年1月20日〜2021年3月2日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2021年1月20日〜2021年3月2日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術で囲碁リーグ「GoBlock」を設立|李世ドル

ブロックチェーン技術で囲碁リーグ「GoBlock」を設立|李世ドル

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

Huobiが「コンビニ・ペイジー入金」に対応|ビットコインプレゼント企画も開催中

Huobiが「コンビニ・ペイジー入金」に対応|ビットコインプレゼント企画も開催中

フィナンシェ「IEO支援事業」を開始|株式会社Lightとパートナーシップ契約を締結

フィナンシェ「IEO支援事業」を開始|株式会社Lightとパートナーシップ契約を締結

【重要】Zaif・フィスコ仮想通貨取引所の「サービス統合スケジュール」が決定

【重要】Zaif・フィスコ仮想通貨取引所の「サービス統合スケジュール」が決定

コインチェック:ブロックチェーンゲーム「Crypto Spells」とコラボ企画を開催

コインチェック:ブロックチェーンゲーム「Crypto Spells」とコラボ企画を開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す