ドバイの仮想通貨投資ファンド「約800億円分のADA・DOT購入計画」を発表

by BITTIMES

ドバイを本拠地とする仮想通貨投資ファンド「FD7 Ventures」は2021年2月25日に、カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)とポルカドット(Polkadot/DOT)の保有量を増やすために、今後30日間で7億5,000万ドル(約794億円)相当のビットコイン(Bitcoin/BTC)を売却する計画を発表しました。

こちらから読む:MicroStrategy、BTCに10億ドルを追加投資「暗号資産」関連ニュース

Cardano・Polkadot・Ethereumは「WEB3.0の基盤」

ドバイを本拠地とする仮想通貨投資ファンド「FD7 Ventures」は2021年2月25日に、カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)とポルカドット(Polkadot/DOT)の保有量を増やすために、今後30日間で7億5,000万ドル(約794億円)相当のビットコイン(BTC)を売却する計画を発表しました。

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)ポルカドット(Polkadot/DOT)はここ最近で急成長を続けている代表的な仮想通貨の1つであり、記事執筆時点では時価総額ランキングでXRPを抜いて5位・6位に位置付けられています。

「FD7 Ventures」のマネージングディレクターであるPrakash Chand氏は、公式発表の中で『ビットコインは"価値の保存手段"としての役割を除いて、実際にはほぼ役に立たない』と述べた上で、『カルダノ・ポルカドット・イーサリアムなどのプロジェクトは、新しいインターネットとWEB3.0の基盤である』と語っています。

ビットコインは「最初に市場に出て社会に"価値の保存手段"として認識された」という事実を除くと、実際にはほとんど役に立たないと思います。「Cardano、Polkadot、Ethereum」などのプロジェクトは、新しいインターネットとWeb3.0の基盤です。

幸運なことに私は明るい心で仮想通貨と長い間関わることができました。そしてその上で「イーサリアム・カルダノ・ポルカドットのそれぞれが今後数年以内に"ビットコインよりも価値あるもの"になると確信しています。

同社は『ADA・DOTの保有量を増やすことは、成長する仮想通貨分野でポートフォリオを多様化使用としているFD7投資家のニーズに応えるものになるだろう』と述べており、Cardanoは「アフリカなどの銀行口座を持たない何百万もの個人のためのブロックチェーンソリューション構築」に、Polkadotは「ユーザーが制御できるWeb3の完全分散型プラットフォームを可能にする"ムーンショット"プロジェクトのエコシステム構築」に取り組んでいると説明しています。

「FD7 Ventures」はビットコインをADAとDOTに交換するプロセスを既に開始しているとのことで、2021年3月中旬〜下旬までには交換作業が完了する予定だと説明されています。

>>「FD7 Ventures」の発表はこちら
>>ADA・DOTを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【解説動画】カルダノ(ADA)ステーキングのテストネット参加方法(日本語対応)

【解説動画】カルダノ(ADA)ステーキングのテストネット参加方法(日本語対応)

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

日本の暗号資産・ブロックチェーン業界団体「JCBA・JBA」が連携|共催イベントなど実施へ

日本の暗号資産・ブロックチェーン業界団体「JCBA・JBA」が連携|共催イベントなど実施へ

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

カルダノとリップル「仮想通貨格付け」で同率1位に|米機関Weiss Ratings社

カルダノとリップル「仮想通貨格付け」で同率1位に|米機関Weiss Ratings社

NFT購入者に人気の「ブロックチェーンゲーム」は?【ブロックチェーンコンテンツ協会調査】

NFT購入者に人気の「ブロックチェーンゲーム」は?【ブロックチェーンコンテンツ協会調査】

注目度の高い仮想通貨ニュース

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「2022年テスト開始」を予定

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「2022年テスト開始」を予定

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

日本国内のNFT市場形成に向け「ブロックチェーン企業3社」が業務提携

日本国内のNFT市場形成に向け「ブロックチェーン企業3社」が業務提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す