gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

by BITTIMES

「gumi」と「double jump.tokyo」は2021年7月12日に、両社共同でNFTコンテンツの販売を開始することを発表しました。NFT販売第1弾では、gumiの子会社「エイリム」が手がけるモバイルオンラインゲーム『ブレイブ フロンティア(ブレフロ)』シリーズのドット絵技術を活用したドット絵アート"The Brave Dotz"がNFTマーケットプレイスである「OpenSea」でオークション販売される予定となっています。

こちらから読む:セクシー女優"桃乃木かな"のNFT写真BOX発売へ「国内ニュース」

「ブレヒロのドット絵アートNFT」オークション販売へ

モバイルオンラインゲーム事業などを手掛けている「gumi」と、ブロックチェーンゲーム開発企業である「double jump.tokyo」は2021年7月12日に、NFTコンテンツの共同販売を販売を開始することを発表しました。今回の発表ではNFTコンテンツ販売の第1弾として『The Brave Dotz』と呼ばれるドット絵アート作品が大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」でオークション販売されることも報告されています。

「gumi」は国内外の知的財産保有者とのネットワークやコンテンツ企画力を有しており、「double jump.tokyo」は黎明期からNFT事業に参入して世界No.1のブロックチェーンゲームを開発・運営してきた知見を有しているため、今後は両社の知見や技術活かしながら国内外の知的財産(IP)を活用したNFTコンテンツの販売を行っていくと説明されています。

The Brave Dotzは、gumiの子会社「株式会社エイリム」が手掛けるモバイルオンラインゲーム『ブレイブ フロンティア(ブレフロ)』に登場するキャラクターのドット絵で構成されるドット絵アートであり、最初の販売は2021年7月13日から開始される予定となっています。

なお今回の発表では、ブレヒロのドット絵アート作品も手がけた日本のピクセルアート/ドット絵文化をリードするクリエイティブ集団「Alim Pixel Art Team」を結成したことも報告されており、「Alim Pixel Art Team」は「double jump.tokyo」と協力しながらNFTアート領域で新たなカルチャーの確立に挑んでいくと説明されています。

NFTコンテンツ販売第1弾の概要

(画像:gumi)(画像:gumi)

NFTコンテンツ販売第1弾としてリリースされる『The Brave Dotz』の販売では、ブレフロシリーズを代表するキャラクター「六英雄」をモチーフにした合計6種類のアート作品が各1枚ずつ合計6枚販売される予定となっています。

『The Brave Dotz ~Fire~』
炎属性の六英雄ヴァルガスをモチーフにしたアート。100体以上の炎属性のキャラクターを使用して構成。

『The Brave Dotz ~Water~』
水属性の六英雄セレナをモチーフにしたアート。100体以上の水属性のキャラクターを使用して構成。

『The Brave Dotz ~Earth~』
樹属性の六英雄ランセルをモチーフにしたアート。100体以上の樹属性のキャラクターを使用して構成。

『The Brave Dotz ~Thunder~』
雷属性の六英雄エゼルをモチーフにしたアート。100体以上の雷属性のキャラクターを使用して構成。

『The Brave Dotz ~Light~』
光属性の六英雄アトロをモチーフにしたアート。100体以上の光属性のキャラクターを使用して構成。

『The Brave Dotz ~Dark~』
闇属性の六英雄マグルスをモチーフにしたアート。100体以上の闇属性のキャラクターを使用して構成。

NFTの販売は「イングリッシュオークション形式」で行われる予定となっており、オークション開催期間は「日本時間2021年7月13日19時〜2021年7月16日23時まで」とされています。

>>「gumi」の公式発表はこちら
>>「doublejump.tokyo」の公式発表はこちら
>>「特設サイト」はこちら
>>「オークションサイト」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所CoinBest「取引所取引API」を公開

暗号資産取引所CoinBest「取引所取引API」を公開

MicroStrategy:ビットコインに「1,000億円」を追加投資|保有量は9万BTC以上に

MicroStrategy:ビットコインに「1,000億円」を追加投資|保有量は9万BTC以上に

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bitstamp:SHIB・GALAなど「仮想通貨4銘柄」の取扱い開始

Bitstamp:SHIB・GALAなど「仮想通貨4銘柄」の取扱い開始

暗号資産取引所「FTX Japan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「FTX Japan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す