NFT管理ウォレットを核としたエンタメDXのSaaS「N Suite」提供開始:double jump.tokyo

by BITTIMES

Non-Fungible Token(NFT)ブロックチェーンゲームの開発を行っている「double jump.tokyo株式会社」は2021年6月7日に、複数人で秘密鍵の管理を行うことができるビジネス向けのNFT管理ウォレットを核としたエンターテイメントDX向けSaaS「N Suite」の提供を開始することを発表しました。

こちらから読む:国内初"ステーブルコイン決済による賃貸借契約"締結「国内ニュース」

NFT事業参入を支援する「N Suite」提供へ

double jump.tokyo株式会社は2021年6月7日に、複数人で秘密鍵の管理を行うことができるビジネス向けのNFT管理ウォレットを核としたエンターテイメントDX向けSaaS(*1)「N Suite」の提供を開始することを発表しました。
(*1)SaaS(Software as a Service):クラウド上に作られたアプリケーションやサービスを、インターネットを通じて必要な機能・必要な分だけ利用できるようにしたサービス形態のこと

ここ最近では、アーティスト・クリエイター・スポーツチーム・コンテンツホルダーなどがNFTを発行する事例が急速に増えてきていますが、企業がNFTビジネスに参入する際には「ブロックチェーンの秘密鍵管理方法」が課題となっており、世界に誇れる様々なコンテンツを保有している日本企業でも、そのような課題がNFTビジネスに参入する際の障壁・足枷となっていました。

今回発表された「N Suite」はそのような課題を解決するためのものであり、『秘密鍵管理の課題を解決するウォレットをはじめとして、企業がNFTコンテンツ・ビジネスをスピーディーかつ効果的に展開していくために必要な仕組みをSaaSとして提供することが決定された』と説明されています。

エンターテイメントDX向けSaaS「N Suite」とは

N Suiteは、NFTの発行やNFTコンテンツ管理などといったNFTコンテンツ・ビジネスをスムーズかつ効果的に行うために必要な製品を揃えたビジネスツールとなっており、NFTコンテンツを軸としてコンテンツファンの人々との関係を構築し、エンターテイメント分野のデジタルトランスフォーメーションを戦略的に行うためのツールセットとして、新たな製品・機能を順次追加していく予定だと説明されています。

「N Suite」リリース時に提供予定の製品・機能としては以下のようなものが挙げられています。

N Board:マネジメント・ボード

(画像:double jump.tokyo)(画像:double jump.tokyo)

NFTコントラクトのデプロイやNFT発行など、秘密鍵を使った各種操作の実行やNFTコンテンツの一元管理を行えるダッシュボード。将来的にはNFTコンテンツの販売・企画・活用をサポートする機能も拡充される予定。

N Wallet:キーレス・ウォレット

(画像:double jump.tokyo)(画像:double jump.tokyo)

秘密鍵を保管しないウォレット。NFTコントラクトのデプロイやNFT発行の際に、ブロックチェーンのトランザクションに署名する際の認証で使用する。ETHやERC20などの仮想通貨送金などといった一般的なウォレットの機能にも対応予定。リリース時には「Chrome拡張機能」として提供予定。

N Cloud Key:クラウド・キー・システム

(画像:double jump.tokyo)(画像:double jump.tokyo)

秘密鍵をクラウドでセキュアに保管するシステム。「N Walletの認証機能」と「N Boardの管理機能」を組み合わせることによって、本来は個人で管理する必要がある秘密鍵を、複数人で共有管理することが可能となる。リリース時には「AWS KMS(AWS Key Management Service)」に対応予定。

今後の展望について

double jump.tokyoは「My Crypto Heroes」や「BRAVE FRONTIER HEROES」などといった人気ブロックチェーンゲームを開発してきただけでなく、ブロックチェーンゲーム開発支援サービス「MCH+」や、NFT事業支援サービス「NFTPLUS」の提供を行った実績を有しています。

今後は同社が培ってきた「NFTの発行・販売、NFTホルダーへの価値提供」などの運用ノウハウを仕組み化し、NFTコンテンツ・ビジネスを効率的かつ効果的に行える機能を取り揃えていく予定だと報告されています。

最初は「NFTの発行・販売、販売後の管理機能」を強化して事業者の参入障壁を下げつつNFTの運用課題を解決することによって、NFTコンテンツの企画・販売に集中できる基盤となれるように『N Suite』を磨き上げ、その後は「NFT販売後の分析機能」などを充実させることによって、NFTホルダーへの体験提供やNFTコンテンツ企画を効果的に行い、NFTコンテンツ・ビジネスの成功確度を高める機能も拡充していく予定だと説明されています。

なお、今後追加予定の機能としては以下のようなものが挙げられています。

  • 複数人ワークフロー機能
  • マルチチェーン対応(Flowブロックチェーンなどに順次対応予定)
  • N Cloud Keyの対応クラウドサービス追加(Microsoft Azureなど)
  • SDKの提供
  • 販売管理システム
  • 版権管理システムとの連携機能
  • NFTコンテンツ分析機能(N Insight)

「N Suite」の詳細などは以下のオフィシャルサイトで確認することができます。

>>「N Suite」のオフィシャルサイトはこちら
>>「double jump.tokyo」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BITMAX「LINE Payからの入金手数料」を無料化【ゴールデンウィーク限定】

BITMAX「LINE Payからの入金手数料」を無料化【ゴールデンウィーク限定】

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

S&Pダウ・ジョーンズ「暗号資産指数」2021年から提供へ|金融サービス大手Lukkaと協力

S&Pダウ・ジョーンズ「暗号資産指数」2021年から提供へ|金融サービス大手Lukkaと協力

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

NEMブロックチェーン活用した投げ銭サービス「エンゲート」iOS版アプリをリリース

NEMブロックチェーン活用した投げ銭サービス「エンゲート」iOS版アプリをリリース

コカ・コーラの自動販売機で「ビットコイン決済」が可能に|Coca-Cola Amatil×Centrapay

コカ・コーラの自動販売機で「ビットコイン決済」が可能に|Coca-Cola Amatil×Centrapay

注目度の高い仮想通貨ニュース

アルゼンチン大統領「ビットコインの法定通貨化」に前向き姿勢

アルゼンチン大統領「ビットコインの法定通貨化」に前向き姿勢

SBI傘下の暗号資産取引所「TAOTAO・SBI VCトレード」が合併

SBI傘下の暗号資産取引所「TAOTAO・SBI VCトレード」が合併

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

Huobi Japan:新規口座開設でHTが必ず当たる「クーポンキャンペーン」開催

Huobi Japan:新規口座開設でHTが必ず当たる「クーポンキャンペーン」開催

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

パレットトークンの公式ウォレットアプリ「PLTウォレット(iOS・Andoird版)」公開

パレットトークンの公式ウォレットアプリ「PLTウォレット(iOS・Andoird版)」公開

米Coinbase:元Facebook幹部が「最高マーケティング責任者」に就任

米Coinbase:元Facebook幹部が「最高マーケティング責任者」に就任

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

群馬県のメンズ脱毛専門店OHD「ビットコイン決済」導入へ|ETH・XRP対応も検討

群馬県のメンズ脱毛専門店OHD「ビットコイン決済」導入へ|ETH・XRP対応も検討

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す