仮想通貨KINと3億人が使うチャットアプリ「Kik」が統合

by BITTIMES   

仮想通貨KIN(キン)を開発しているKik Interactive社は、自社開発のメッセンジャーアプリKik(キック)でKINを実際に使用できるように統合し、1,000人ほどのテストユーザー向けにベータ版サービスの提供を開始したことを6月27日に発表しました。

メッセージアプリ「Kik」とは

kik

Kik(キック)は、2009年に大学生グループが立ち上げたメッセージアプリです。アメリカやカナダの若者を中心に大きな人気を誇る同社は、創業から10年も経たない間に3億人ものユーザーを抱える大企業へと成長しました。

iOSとAndroidの両方に対応しており、世界の230カ国以上の人々とチャットをベースとした様々なサービスを通して繋がることができます。

2017年9月12日に、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)を通じて約1億ドル(約110億円)を調達したKikは仮想通貨KIN(キン)を発行しており、その後も着々とプロジェクトを進めてきた結果、今回ついに待望の機能を実装しました。

KINを獲得できる『Kin Marketplace』

kik-app(引用:medium.com/kinblog)

Kikは今回の統合によって、仮想通貨KINをプラットフォームに統合する初めてのアプリケーションとなりました。

この統合によって、テストグループのユーザーはKikのアプリを開いて(+)アイコンをタップすることで『Kin Marketplace』に入ることができます。

ここでは、初めてKINを利用するユーザーのための簡単なチュートリアルが流れます。チュートリアルを見た後は、実際に投票やクイズをしたりしてKINを取得することができます。ユーザーは自らの時間と引き換えに、タスクの複雑さやレベルに応じた量のKINを受け取ることができます。

また受け取ったKINは、追加コンテンツの購入にも利用できるため、ユーザーは新しいチャットテーマなどのプレミアムバージョンを利用することができるようにもなります。

KINを世界一の仮想通貨へ

Kikの創設者兼CEO:テッド・リビングストン氏

Ted-Livingston

Kikの創設者兼CEOであるテッド・リビングストン(Ted Livingston)氏は、「私たちの目標は、KINを世界で最も使用頻度の高い仮想通貨にすることであり、KINをより多くのKikユーザーの手に渡すことは、これを達成するための重要なステップである」と語り、次のように説明しています。

ブロックチェーンは新しい複雑な技術ですが、消費者はその技術を理解する必要はありません。 これらの新しい経験を生かして、シンプルでシームレス(*1)な仮想通貨を利用した体験がいかに簡単かを実証したいと考えています。
(*1)シームレス:それぞれの機能が区切られることなく一貫してスムーズな操作ができる状態のこと

Kikのプロダクトマネージャー:ローラ・ニュートン氏

Kikのプロダクトマネージャーであるローラ・ニュートン(Laura Newton)氏は「Kinを製品戦略の柱として確立することは、Kikユーザーにとってより良い経験を生み出すのに役立つだろう」と説明し、次のようなコメントも述べています。

これはKINとの仕事の始まりに過ぎません。より多くの機能を試してみるとともに、Kinをさらに活用して製品の機会を広げ、Kikのユーザーエクスペリエンスを向上させる方法を探求していきたいと考えています。

KINがブロックチェーンを進化させる

KINはブロックチェーン技術を進化させ続けています。最近では、毎秒20トランザクションの割合で1日に120万トランザクションを達成しました。KikはKINを製品戦略の柱として、最も主流な仮想通貨に導くための支援を行なっています。

KikはすべてのユーザーにKINを利用したユーザー体験を提供することを予定しており、ユーザーがKINからアクセスできる『独自のチャットテーマなどのコンテンツを作成できるクリエイターマーケットプレイスの導入に向けて引き続き取り組んでいく』と説明しています。

KINは、イスラエル初の注目度の高い仮想通貨プロジェクトの開発に取り組んでいるSIRIN LABSORBSを支援する分散型ソリューション企業『HEXA LABS』からの支援も受けています。

KINの価格|2018年6月27日

2018年6月27日前後のKINのチャート(引用:coingecko.com)2018年6月27日前後のKINのチャート(引用:coingecko.com)

ベータ版がリリースされた2018年6月27日以降、KINの価格は複数回の上昇を繰り返していますが、全体で見ると大きな価格の変化は見られていません。

価格も安定した状態を保ちつつ、順調に実用性を高めているKINやKikに今後も注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

国際送金世界2位「Ria Money Transfer」RippleNetに参加|4兆円規模の取引さらに効率化へ

国際送金世界2位「Ria Money Transfer」RippleNetに参加|4兆円規模の取引さらに効率化へ

Bakkt(バックト):ビットコイン先物取引の開始時期を延期|市場への影響は?

Bakkt(バックト):ビットコイン先物取引の開始時期を延期|市場への影響は?

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

『GMOコイン 仮想通貨ウォレット』スマホ向けアプリをリリース

『GMOコイン 仮想通貨ウォレット』スマホ向けアプリをリリース

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE「先物取引プラットフォーム」のテスト開始|報酬合計10,000BNBも準備

BINANCE「先物取引プラットフォーム」のテスト開始|報酬合計10,000BNBも準備

バフェットランチは中止?延期?TRONマネージャー「今後の予定」について報告

バフェットランチは中止?延期?TRONマネージャー「今後の予定」について報告

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok(BOB)」を発表:PundiX(NPXS)

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok(BOB)」を発表:PundiX(NPXS)

Libra協会:最大賞金10,000ドルの「バグ報奨金プログラム」を開始

Libra協会:最大賞金10,000ドルの「バグ報奨金プログラム」を開始

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

Square:ビットコイン決済のオープンソースプロジェクトに助成金「10万ドル」を寄贈

Square:ビットコイン決済のオープンソースプロジェクトに助成金「10万ドル」を寄贈

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

イーサリアムのハードフォーク「Istanbul」テストネット立ち上げは延期に

イーサリアムのハードフォーク「Istanbul」テストネット立ち上げは延期に

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

ビットポイントジャパンを台湾側が提訴「約10億円」の賠償金支払い求める

ビットポイントジャパンを台湾側が提訴「約10億円」の賠償金支払い求める

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す