Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

by BITTIMES   

米国の大手資産運用会社「Grayscale(グレースケール)」が、スマートコントラクトプラットフォーム関連のトークンで構成された『Smart Contract Platform Ex-Ethereum Fund(GSCPxE)』の投資配分を変更し、カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)への割り当てを『34.54%』に増加させたことが明らかになりました。カルダノは今月末に大型アップグレード「Vasil」も控えており、ADA価格にも上昇傾向が見られ始めています。

こちらから読む:ビットバンク、国内初 "MATIC"取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

Cardano(ADA)への割り当てを「34.54%」に増加

Grayscale(グレースケール)が、スマートコントラクトプラットフォーム関連のトークンで構成された『Smart Contract Platform Ex-Ethereum Fund(GSCPxE)』の投資配分を変更し、カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)への割り当てを『34.54%』に増加させたことが明らかになりました。

Smart Contract Platform Ex-Ethereum Fund(GSCPxE)は、新興スマートコントラクトプラットフォームのネイティブトークンにのみ投資を行う大型ファンドであり、具体的には以下のような暗号資産で構成されています。
カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)
ソラナ(Solana/SOL)
ポルカドット(Polkadot/DOT)
ポリゴン(Polygon/MATIC)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
アルゴランド(Algorand/ALGO)
コスモス(Cosmos/ATOM)
・アバランチ(Avalanche/AVAX)

「Crypto Capital Venture」の創設者であるDan Gambardello氏は2022年6月7日のツイートで『GrayscaleはSmart Contract Platform Ex-Ethereum Fundにおけるカルダノへの割り当てを32.33%に増やした』と報告していましたが、Grayscaleの公式サイトでは日本時間2022年6月9日時点で34.54%がカルダノに割り当てられていると報告されています。

(画像:Grayscale)(画像:Grayscale

このファンドの中には「SOL・DOT・MATIC・XLM・ALGO・ATOM・AVAX」などといった世界的に注目されている人気銘柄が多数含まれていますが、記事執筆時点でADAへの割り当てはこの中でも最も大きい比率となっているため、コミュニティでは『Grayscaleがカルダノへの配分を増やしている事実は非常に重要なことである』と話題となっています。

月末には大型アップグレード「Vasil」も予定

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)は日本時間2022年6月30日に大型アップグレード「Vasil」を控えており、先日8日にはCardanoブロックチェーンの開発を担当している「IOHK」から『Vasilハードフォークに向けた最終的なテストプロセスに移行したこと』なども報告されています。

この大型アップグレードでは、Cardanoブロックチェーンのネットワーク処理性能向上・dApp開発者向けのPlutusスマートコントラクト言語改善・ノード間でのブロック伝送時の遅延削減などが期待されており、これによってより高速でスケーラブルなネットワークが実現すると報告されています。

カルダノのブロックチェーンネットワーク上には既に1,000以上のプロジェクトが構築されていることが報告されていますが、今回のアップグレードによって今後はさらに多くのプロジェクトを迎えることが可能になり、Cardanoブロックチェーン上での取引も増加していくと期待されています。

カルダノのメインネットにスマートコントラクト機能をもたらす大型アップグレード「Alonzo(アロンゾ)」が昨年9月に実施された際には、アップグレード実施前にADA価格が大幅に上昇していましたが、現在もADA価格の上昇傾向は強まってきており、2022年8月9日時点では「1ADA=86.22円」まで回復しています。

ADAを取り扱っている暗号資産取引所Huobi Japanの新規登録はこちらからどうぞ。

Huobi Japanの画像 Huobi Japanの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国ソウル:ブロックチェーンなどに大規模投資を計画|2022年までに「約1,200億円」

韓国ソウル:ブロックチェーンなどに大規模投資を計画|2022年までに「約1,200億円」

LINE:日本向け仮想通貨取引所「BITMAX」に関する報道にコメント

LINE:日本向け仮想通貨取引所「BITMAX」に関する報道にコメント

OKCoinJapan:友人招待でOKBがもらえる「春のお友達紹介キャンペーン」開始

OKCoinJapan:友人招待でOKBがもらえる「春のお友達紹介キャンペーン」開始

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」テストネット版公開

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」テストネット版公開

元UFCチャンピオン:ついにビットコインを購入「もう傍観してられない」と発言

元UFCチャンピオン:ついにビットコインを購入「もう傍観してられない」と発言

シンガポールのライドシェアアプリ「Ryde」ビットコイン決済対応へ

シンガポールのライドシェアアプリ「Ryde」ビットコイン決済対応へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

c0ban取引所:Amazonギフト券がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

c0ban取引所:Amazonギフト券がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

ビットコイン価格暴落の理由は?長期チャートに「危険な売りサイン」

ビットコイン価格暴落の理由は?長期チャートに「危険な売りサイン」

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

LINE BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

LINE BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットバンク:国内初上場「ポリゴン(Polygon/MATIC)」取扱いへ

ビットバンク:国内初上場「ポリゴン(Polygon/MATIC)」取扱いへ

日本向け暗号資産取引所「FTX Japan」ローンチ|仮想通貨10銘柄を取扱い

日本向け暗号資産取引所「FTX Japan」ローンチ|仮想通貨10銘柄を取扱い

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

米MicroStrategy「1,000万円ドル相当のビットコイン」を追加購入

米MicroStrategy「1,000万円ドル相当のビットコイン」を追加購入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す