Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

by BITTIMES   

米国の大手資産運用会社「Grayscale(グレースケール)」が、スマートコントラクトプラットフォーム関連のトークンで構成された『Smart Contract Platform Ex-Ethereum Fund(GSCPxE)』の投資配分を変更し、カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)への割り当てを『34.54%』に増加させたことが明らかになりました。カルダノは今月末に大型アップグレード「Vasil」も控えており、ADA価格にも上昇傾向が見られ始めています。

こちらから読む:ビットバンク、国内初 "MATIC"取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

Cardano(ADA)への割り当てを「34.54%」に増加

Grayscale(グレースケール)が、スマートコントラクトプラットフォーム関連のトークンで構成された『Smart Contract Platform Ex-Ethereum Fund(GSCPxE)』の投資配分を変更し、カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)への割り当てを『34.54%』に増加させたことが明らかになりました。

Smart Contract Platform Ex-Ethereum Fund(GSCPxE)は、新興スマートコントラクトプラットフォームのネイティブトークンにのみ投資を行う大型ファンドであり、具体的には以下のような暗号資産で構成されています。
カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)
ソラナ(Solana/SOL)
ポルカドット(Polkadot/DOT)
ポリゴン(Polygon/MATIC)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
アルゴランド(Algorand/ALGO)
コスモス(Cosmos/ATOM)
・アバランチ(Avalanche/AVAX)

「Crypto Capital Venture」の創設者であるDan Gambardello氏は2022年6月7日のツイートで『GrayscaleはSmart Contract Platform Ex-Ethereum Fundにおけるカルダノへの割り当てを32.33%に増やした』と報告していましたが、Grayscaleの公式サイトでは日本時間2022年6月9日時点で34.54%がカルダノに割り当てられていると報告されています。

(画像:Grayscale)(画像:Grayscale

このファンドの中には「SOL・DOT・MATIC・XLM・ALGO・ATOM・AVAX」などといった世界的に注目されている人気銘柄が多数含まれていますが、記事執筆時点でADAへの割り当てはこの中でも最も大きい比率となっているため、コミュニティでは『Grayscaleがカルダノへの配分を増やしている事実は非常に重要なことである』と話題となっています。

月末には大型アップグレード「Vasil」も予定

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)は日本時間2022年6月30日に大型アップグレード「Vasil」を控えており、先日8日にはCardanoブロックチェーンの開発を担当している「IOHK」から『Vasilハードフォークに向けた最終的なテストプロセスに移行したこと』なども報告されています。

この大型アップグレードでは、Cardanoブロックチェーンのネットワーク処理性能向上・dApp開発者向けのPlutusスマートコントラクト言語改善・ノード間でのブロック伝送時の遅延削減などが期待されており、これによってより高速でスケーラブルなネットワークが実現すると報告されています。

カルダノのブロックチェーンネットワーク上には既に1,000以上のプロジェクトが構築されていることが報告されていますが、今回のアップグレードによって今後はさらに多くのプロジェクトを迎えることが可能になり、Cardanoブロックチェーン上での取引も増加していくと期待されています。

カルダノのメインネットにスマートコントラクト機能をもたらす大型アップグレード「Alonzo(アロンゾ)」が昨年9月に実施された際には、アップグレード実施前にADA価格が大幅に上昇していましたが、現在もADA価格の上昇傾向は強まってきており、2022年8月9日時点では「1ADA=86.22円」まで回復しています。

ADAを取り扱っている暗号資産取引所Huobi Japanの新規登録はこちらからどうぞ。

Huobi Japanの画像 Huobi Japanの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Amazon CEO「NFTの取扱い可能性・暗号資産の将来性」についてコメント

Amazon CEO「NFTの取扱い可能性・暗号資産の将来性」についてコメント

暗号資産デリバティブ取引所「Coinstore」日本上陸!

暗号資産デリバティブ取引所「Coinstore」日本上陸!

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

【2020年2月版】仮想通貨格付けを公開|価格上昇でランキングに変化:Weiss Ratings

【2020年2月版】仮想通貨格付けを公開|価格上昇でランキングに変化:Weiss Ratings

FTX US:株式取引サービス「FTX Stocks」提供開始|米国全州で利用可能に

FTX US:株式取引サービス「FTX Stocks」提供開始|米国全州で利用可能に

仮想通貨×スポーツまとめ:ブロックチェーンで激変する業界とビジネス

仮想通貨×スポーツまとめ:ブロックチェーンで激変する業界とビジネス

注目度の高い仮想通貨ニュース

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

コインチェック:BTCがもらえる「ビットコインあげちゃうキャンペーン」開始

コインチェック:BTCがもらえる「ビットコインあげちゃうキャンペーン」開始

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

KADOKAWA:Web3向けオープンソースIP「GIRYPTO(ギリプト)」を発表

KADOKAWA:Web3向けオープンソースIP「GIRYPTO(ギリプト)」を発表

OpenSea「NFT関連の詐欺・盗難防止システム」を導入|不正URLの検知機能など

OpenSea「NFT関連の詐欺・盗難防止システム」を導入|不正URLの検知機能など

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す