Cardano NFTマーケットプレイス「Fibo」ベータ版をリリース:EMURGO

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)の公式商業化部門である「EMURGO(エマーゴ)」は2022年5月18日に、Cardano NFT(CNFT)を発行・取引することができるNFTマーケットプレイス『Fibo』のベータ版リリースを発表しました。

こちらから読む:Robinhood、自己管理型Web3ウォレット発表「暗号資産」関連ニュース

CNFTマーケットプレイス『Fibo』ベータ版公開

EMURGO(エマーゴ)は2022年5月18日に、Cardano NFT(CNFT)を発行・取引することができるNFTマーケットプレイス『Fibo』のベータ版リリースを発表しました。

『Fibo』はカルダノブロックチェーンを基盤としたNFTを発行・売買することができるNFTマーケットプレイスであり、公式サイト右上の「Connect(接続)」ボタンからEMURGOが提供している仮想通貨ウォレット「YOROI(ヨロイ)」を接続することによって、仮想通貨ADAでNFT作品を売買することが可能となっています。

記事執筆時点で利用できる機能は限られているものの、出品されているNFT作品を閲覧することは可能で、ウォレットを接続すれば自分のプロフィールも編集可能、NFTの発行・販売機能は『近日公開』とされています。

Cardano NFT(CNFT)の特徴について

EMURGOは今月12日に公開した『Fiboガイド』の記事の中で、Cardano NFT(CNFT)の特徴として以下の3点を挙げており、これらの特徴から『Cardano NFTはNFTアプリ開発者・アーティスト・ミュージシャン・コレクターにとって素晴らしい選択肢になる』と説明しています。

NFTミントにスマートコントラクトは不要

カルダノNFTの最も大きなメリットの1つはスマートコントラクトを必要としないこと。CNFTのミント(鋳造)する際にはスマートコントラクトを使用する必要がないため、多くの潜在的エラーが排除される。これによりCNFTを安全に作成し、簡単にデプロイすることができる。

これは「スマートコントラクトの展開にかかるガス代や取引手数料を支払う必要がないこと」も意味する。他のネットワークでは、NFTをミントする際にその作成を担当するスマートコントラクトをネットワーク上にデプロイする必要があるが、これは非常に高価であり、NFTプロジェクトのコストを増加させることにつながる。Cardanoではこれを回避することができる。

最低限の料金のみの支払い

Cardanoブロックチェーンは「決済レイヤー」と「計算レイヤー」という2つのレイヤーに分かれている。決済レイヤー上で取引される資産はカルダノネットワーク上の最低手数料のみが発生し、1取引あたり約0.17ADA(2022年5月12時点で0.13ドル)が発生する。

カルダノNFTをミントする際にはスマートコントラクトを使用する必要がないため、アセットは決済レイヤーを移動するだけである。そのため、2つの異なるウォレットからCardano NFTを転送する場合、基本手数料のみが課金される。

安全なメタデータ

他のプロトコルでは、NFTのブロックチェーンメタデータは「IPFS」や「Arweave」などの外部ストレージを経由してトークンに添付される。

Cardanoでは、トークンはブロックチェーン自体の一部であり、ブロックチェーンメタデータはトランザクションの一部として送信される。そうすることによって、トークンとブロックチェーンメタデータの間に直接的なリンクができ、分離することが不可能になる。

ブロックチェーンのメタデータに含まれる情報は、カルダノのネットワークによって保護され、将来的にカルダノNFTの内容を検証するために使用することができる。

>>「Fibo」の公式サイトはこちら
>>「Fiboガイド:CNFTの特徴」はこちら
>>「Fiboガイド:使い方」はこちら

ADAを取り扱っている暗号資産取引所Huobi Japanの新規登録はこちらからどうぞ。

Huobi Japanの画像 Huobi Japanの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Play to Earn型ゲーム「De:Lithe Φ(ディライズ ファイ)」の第1回NFTセール開催へ

Play to Earn型ゲーム「De:Lithe Φ(ディライズ ファイ)」の第1回NFTセール開催へ

ビットコイン決済で「新型コロナウイルスの抗体検査」が可能に:Progressive Care

ビットコイン決済で「新型コロナウイルスの抗体検査」が可能に:Progressive Care

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

Liquid「最大5,000円相当のSOL・FTTプレゼントキャンペーン」開始【先着500名様】

Liquid「最大5,000円相当のSOL・FTTプレゼントキャンペーン」開始【先着500名様】

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

注目度の高い仮想通貨ニュース

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

グランド・セフト・オート(GTA)での暗号資産・NFT利用を禁止:Rockstar Games

グランド・セフト・オート(GTA)での暗号資産・NFT利用を禁止:Rockstar Games

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

Flare Network「FLRトークン配布イベント実施日」が確定|対応取引所のリストも公開

Flare Network「FLRトークン配布イベント実施日」が確定|対応取引所のリストも公開

コインチェック:GameFi関連NFTプロジェクトの「IEO・INO案件」募集開始

コインチェック:GameFi関連NFTプロジェクトの「IEO・INO案件」募集開始

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

ビットバンク:アクシーインフィニティ(AXS)取扱いへ【国内初上場】

ビットバンク:アクシーインフィニティ(AXS)取扱いへ【国内初上場】

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す