Ripple社がVCファンド「Xpring」を発表|XRP関連企業を支援

by BITTIMES   

仮想通貨リップル(XRP)を開発しているRipple社は『Xpring (スプリング)』と呼ばれる新しいプロジェクトを発表しました。このプロジェクトはXRPの製品開発とサービスを行う企業に財務的支援を提供します。

リップル(XRP)は現在さまざまな銀行で使用されテストされていますが、それ以上のものではないため、同社はXpringでその状況を変えようとしています。

Ripple社はXpringを通じてデジタル資産XRPおよびXRP元帳を利用する企業への投資、創出、取得、助成金を提供します。

リップルのチームは公式の声明で次のように述べています。

「XRP Ledgerコードベースに対しての主要な貢献者でありXRPの大きな保有者である私たちには、起業家や開発者から、XRP関連のプロジェクトに対してのなんらかのサポートが欲しいという声が、よく寄せられます。そして非投機的なユースケースを牽引する数少ないブロックチェーン企業の一つとして、私たちは起業家たちを意味のある形でサポートできる独特な立場にいると考えています。」

また、Ripple社はXpringとRippleの開発者プログラムを率いる上級副社長としてEthan Beard(イーサン・ビアード)氏を迎え入れました。

イーサン氏は2009年から2012年にFacebook Developer Networkのディレクターを務めており、Facebook APIの世界的な開発者関係、営業、製品マーケティングを監督していました。

Facebookの前は、ソーシャルメディアのディレクター、Googleの新しいビジネス開発担当ディレクターを務めています。

イーサン氏は次のように述べています。

「私は新興企業が新技術や開発を活用して成長するのを手助けしています。フェイスブックでは、ゲーム、音楽、ニュースなどの分野の企業が、私たちのプラットフォームを大企業に利用することができました」

「ブロックチェーンとデジタル資産は重要な問題を解決する能力を持ち、速度、スケーラビリティ、現実のユースケースを実証したXRPは、スタートアップや起業家がビジネスを構築するための素晴らしいツールです」

Xpringは現在初期段階であり、チームは100以上の企業とプロジェクトのパイプラインを慎重に評価しているとのことです。

既にRippleはいくつかのプロジェクト出資していることを発表しています。
先月はブロックチェーンキャピタルが1億5,000万ドルを調達したベンチャーキャピタルファンドに2500万ドル相当のXRPを投資しました。

Blockchain Capitalは現在、Coinbase、Circle、Krakenなどの企業への投資を含め、3億5000万ドル以上の資産を管理しています。

XRPトークンは現在も成長を続けていますがユースケースが限られているため、新しいイニシアチブはすでに大きな時価総額を補うことができます。また、新しいプロジェクトが製品を作り、Rippleからのサポートを得るための資金を確保するのに役立ちます。

(引用:ripple.com

リップル(Ripple/XRP)は仮想通貨取引所BitTradeで購入できます。

仮想通貨取引所の画像仮想通貨取引所BitTradeの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE「XRP保有者に対するSparkトークン付与」の対応方針を発表

BINANCE「XRP保有者に対するSparkトークン付与」の対応方針を発表

仮想通貨市場に影響力のある重要人物|Part 2

仮想通貨市場に影響力のある重要人物|Part 2

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

大学のブロックチェーン研究「世界規模で推進」Ripple社の支援プログラムに11校が参加

大学のブロックチェーン研究「世界規模で推進」Ripple社の支援プログラムに11校が参加

米国人気スタートアップ50社「ブロックチェーン企業」が多数ランクイン|LinkedIn調査

米国人気スタートアップ50社「ブロックチェーン企業」が多数ランクイン|LinkedIn調査

マネックス証券:仮想通貨への「ポイント交換サービス」本日開始|Coincheckと初連携

マネックス証券:仮想通貨への「ポイント交換サービス」本日開始|Coincheckと初連携

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す