フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

Flare Networks(フレアネットワークス)の仮想通貨・ブロックチェーンである「フレア(Flare/FLR)」に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

フレア(Flare/FLR)とは?

Flare-FLR-Logo

フレア(Flare/FLR)とは、XRP・Litecoin・Stellarなどにスマートコントラクトの機能を実装することを目指しているプロジェクト「Flare Networks(フレアネットワークス)」が構築している暗号資産・ブロックチェーンです。

暗号資産である「Flareトークン(Sparkトークン)」は、Flare Networks上でガバナンス投票やステーキング報酬として使用される暗号資産であり、2020年8月に『XRP保有者に対して1対1の割合でFLRをエアドロップ(無料配布)する』と発表されたことでも大きな注目を集めました。(※FLR配布方法は提案可決で"WFLR保有者への分配"という仕組みに変更されています)

なお、Flare Networksは実験的ネットワークである「ソングバード(Songbird/SGB)」も展開しており、FLR保有者に対するSGBのエアドロップも発表されていますが、Flare Networksの公式サイトでは日本の取引所へのSGB配布について『JVCEAがFLRの上場を承認した場合はFLRとSGBの両方を各取引所に配布する。その後のSGB取扱いについては各取引所が関連規則・方針に従って決定する』と説明されています。

フレア(Flare/FLR)の特徴

フレア(Flare/FLR)の特徴としては以下のような点が挙げられます。

Connect Everything(全てを繋ぐ)

Flareは『Connect Everything(全てを繋ぐ)』をキャッチフレーズとした、チェーン間の安全で普遍的な相互運用を可能にする新しいブロックチェーンです。すべてのデジタル資産とオンチェーン情報を自由に流通させることで、ブロックチェーンの利用を拡大することができます。これは、マルチチェーンの安全性を備えたクロスチェーン相互運用性です。

2020年5月にXRPへのスマートコントラクト実装を開始したFlare Networksは、最初にXRPを対象としてプロジェクトを開始しましたが、その後はライトコイン(LTC)ドージコイン(DOGE)ステラルーメン(XLM)の統合計画なども発表されています。

1回のデプロイで複数のチェーンに対応

開発者は、Flare上に1回デプロイするだけで、複数のチェーンの価値・情報・流動性にアクセスする真に相互運用性の高い分散型アプリケーション(dApp)を構築できるようになります。

イーサリアム関連の開発者にも優しい

Flareにはイーサリアムの主要な構成要素の1つである「イーサリアム仮想マシン(Ethereum Virtual Machine/EVM)」が含まれているため、ETHツールの移植が容易で、スマートコントラクトを記述するための代表的なプログラミング言語「Solidity」を用いたシンプルなコーディングが可能です。EVM向けに開発された既存のdAppは、Flare上で非常に簡単に起動することができます。

FBA(Federated Byzantine Agreement)

FlareはFBA(Federated Byzantine Agreement)と呼ばれる独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。FBAコンセンサスは、XRPLやStellarが採用する合意形成アルゴリズムで、スケーラブルかつネイティブトークンに依存しない安全性や低い取引コストを誇っていることが特徴です。

PoWPoSのような代表的なコンセンサスアルゴリズムは、ブロックチェーンのトランザクション承認に経済的なインセンティブが必要となりますが、FBAは経済的インセンティブを必要としておらず、スケーラビリティも担保しています。

さらに、アバランチという高速処理能力を備えているプロコトルも採用しており、スパークはスケーラブルで高速な処理能力を実現しています。

高速・低炭素・低料金

Flareのコンセンサスメカニズムは、PoWやPoSが抱えるエネルギー効率の悪さや価値拡大の課題を回避します。つまり、高速で安全かつ効率的な取引を、非常に低いガス料金で実現します。

真に相互運用可能なdAppsの構築

Flareでは状態・価格・情報のリレーによって、接続されたチェーンの任意のセットでユーザーのアクションを調整するdAppsを構築することができます。Flareはこれを利用して、後述する「FAsset」や「LayerCake」のブリッジを開発しています。

FAssets(Fアセット)

Flareは「FAssets(Fアセット)」と呼ばれるアルゴリズム型ステーブルコインの仕組みを提供することによって、Flareブロックチェーン上で他の暗号資産(例:FXRP・FLTC・FDOGE・FXLMなど)を作成できるようにしています。

現在、全てのブロックチェーンの価値の3分の2はdApps・DeFi・NFTなどに参加できない非スマートコントラクトチェーンに保有されていると報告されていますが、FAssetsによってFlareはスマートコントラクトをコネクテッドチェーンに導入し、この価値を解放し、これらのコミュニティを分散型経済に迎え入れることができるようになります。

FAssetsは連動対象となる暗号資産のプールに応じてその発行量が決められ、発行する際はプールされている暗号資産の量に応じてFLRの担保量が決定され、賃借する形で発行されます。発行されたFAssetsはプラットフォーム上でDeFiやDappsといったサービスで利用することが可能です。

LayerCake(レイヤーケーキ)

LayerCake(レイヤーケーキ)は、スマートコントラクトプラットフォーム間におけるブリッジに内在する最大の問題のいくつかを解決する安全でスケーラブルなクロスチェーンプロトコルであり、2つのスマートコントラクトL1間で安全かつ信頼性の高いアセットブリッジを実現します。LayerCakeはFAssetsを他のスマートコントラクトチェーンに流すことを可能にします。

bitbankの画像FLRも取扱うビットバンクはこちら

フレア(Flare/FLR)の基本情報

プロジェクト・ブロックチェーン名称Flare(フレア)
トークン名称Flareトークン(旧:Sparkトークン)
ティッカーシンボルFLR
総発行枚数100,000,000,000 FLR
コンセンサスアルゴリズムFBA(Federated Byzantine Agreement)

フレア(Flare/FLR)の価格・チャート

FLRを取扱う暗号資産取引所

フレア(Flare/FLR)を取り扱っている暗号資産取引所としては以下のような取引所が挙げられます(※2023年4月時点の情報に基づく)。

【日本国内の暗号資産取引所】
bitbank(ビットバンク)
bitFlyer(ビットフライヤー)
BITPOINT(ビットポイント)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
BitTrade(ビットトレード)
SBI VC Trade(SBI VCトレード)

【海外の暗号資産取引所】
Bitfinex(ビットフィネックス)
MEXC Global(エムイーエックスシーグローバル)
OKX(オーケーエックス)
Kraken(クラーケン)
・その他多数

bitbankの画像FLRも取扱うビットバンクはこちら

フレア(Flare/FLR)対応ウォレット

フレア(Flare/FLR)関連の仮想通貨・トークン・NFTなどを保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられています。
MetaMask(メタマスク)
Ledger(レジャー)
・Bifrost Wallet
・SafePal
・Copper.co
・D'CENT Wallet
・ELLIPAL Wallet
・GateHub

フレア(Flare/FLR)のカスタムRPC

ネットワークFlare
RPC URLhttps://flare-api.flare.network/ext/C/rpc
チェーンID14
通貨シンボルFLR
エクスプローラーURLhttps://flare-explorer.flare.network

フレア(Flare/FLR)関連リンク

Flare公式サイト(日本語)
Flare公式Twitter
Flare公式Telegram
Flare公式ブログ
FlareのDiscordコミュニティ
ソースコード(Github)
ホワイトペーパー
エクスプローラー(Flare Explorer)

bitbankの画像FLRも取扱うビットバンクはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バイナンスジャパン「日本国内でのサービス開始」を正式発表|取扱銘柄などの詳細も

バイナンスジャパン「日本国内でのサービス開始」を正式発表|取扱銘柄などの詳細も

Kraken CEO「英国でMonero(XMR)を上場廃止にした理由」について説明

Kraken CEO「英国でMonero(XMR)を上場廃止にした理由」について説明

BINANCE「日本円対応」の可能性も?決済処理会社「Simplex」日本円・カナダドルに対応

BINANCE「日本円対応」の可能性も?決済処理会社「Simplex」日本円・カナダドルに対応

アフガニスタン警察当局、1週間で「16の暗号資産取引所」を閉鎖=報道

アフガニスタン警察当局、1週間で「16の暗号資産取引所」を閉鎖=報道

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

エルサルバドルの「ビットコイン債権」今週中にもリリースか

エルサルバドルの「ビットコイン債権」今週中にもリリースか

注目度の高い仮想通貨ニュース

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

OKCoinJapan:オプティミズム(Optimism/OP)取扱いへ|複数のサービスでサポート

OKCoinJapan:オプティミズム(Optimism/OP)取扱いへ|複数のサービスでサポート

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す