南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

by BITTIMES   

南アフリカ警察の優先犯罪調査局(HAWKS)は、28,000人以上に総額10億ランド(約88億円)以上の損失をもたらしたとみられているBTC Global及びBitcaw Trading Companyの仮想通貨投資詐欺の調査を開始したことを発表しました。

担当警察からの発表

この事件を調査しているHAWKSは、BTC Globalの代理店は1日あたり2%の利子、14%の利子、そして最終的には月50%の利子で投資するよう奨励していると発表しており、一部のメンバーには実際に支払いが行われてはいたものの、突然支払いが止まり、ほとんどのメンバーが詐欺の対象となっている可能性があると述べています。

重大な経済犯罪部隊は、巨額の詐欺行為を調査するよう任命されている。一般のメンバーは、詐欺の対象とされていると考えられ、BTC Globalの代理店が1日あたり2%の利子、週14%、月50%の約束で投資するよう奨励しています。

毎週月曜日に支払いが行われたとされる。投資家の中には、契約の観点から支払われたものもあります。しかし、支払いは突然止まった。

BitCawの設立者は事件への関与を否定

BitCaw Trading Companyは一般的にBTC Globalと呼ばれており事件に関与している疑いがもたれていますが、BitCaw Tradingの設立者であるAndrew Caw氏は、次のようにコメントしBitCawはBTC Globalを設立していないと述べています。

「BitCaw TradingはBTC Globalの詐欺に関与しておらず、私たちの名前がそれに関連していることを知ってショックを受けている」

「BitCaw Tradingは、ビットコインとその他のビットコイン関連サービスの売買を支援します。 私たちは第三者の資金を管理したり、何らかの投資をしたりすることはありません」

BTC Globalの管理チームにも被害?

BTC Globalの公式サイトでは現在サービスが中断されており、連絡先の詳細なども記載されていません。

BTC Globalのチームが公開している声明よると、スティーブン・トウェインとされる人物との連絡がとれない状況にあるとのことで、管理チームは誰も連絡が取っておらず、支払いも行われていないとのことです。

スティーブンは情報の受信を認めなかった。
スティーブンはリーダーシップや管理チームの誰とも連絡を取っていません。
スティーブンが支払いをしていません。
管理チームは彼を見つけることができません。誰かが連絡を取り合う方法に関する情報があれば連絡してお知らせください。

また、BTC Globalチームも同じくらいショックを受け怒っているとも語られてり、スティーブン氏との唯一の連絡手段となっていた連絡先も公開されています。

誰もがショックを受け、怒っている。
しかし、私たちは皆、スティーブンとの資金調達に伴うリスクを知っていました。

私たちはすべてスティーブンに満足していました。 そして私たち全員が彼に独立して資金を提供しました。
スティーブン・トウェインが現れたり、管理チームが何もできなくなるまでは...

管理チームがStevenのために持っていた唯一の連絡先の詳細は次のとおりです
Facebook:www.facebook.com/steven.twain.319(プロフィールは削除されました)
メールアドレス:steventwain22@gmail.com

現在の情報では事件に関連のある人物のほとんどが詐欺の被害者であるようにもみえます。
事件の詳しい内容については現在も調査が行われています。

(引用:saps.gov.za/btcglobal.team

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バスケ業界を代表する「仮想通貨投資家」|NBA選手Spencer Dinwiddie

バスケ業界を代表する「仮想通貨投資家」|NBA選手Spencer Dinwiddie

Tron CEO、腎臓結石による「バフェットランチ延期」を発表

Tron CEO、腎臓結石による「バフェットランチ延期」を発表

リップル(Ripple)の技術用いた「国際送金サービス」開始:サウジ・ブリティッシュ銀行

リップル(Ripple)の技術用いた「国際送金サービス」開始:サウジ・ブリティッシュ銀行

ビットコイン:半減期後初の難易度調整「マイナス6%」で完了

ビットコイン:半減期後初の難易度調整「マイナス6%」で完了

ジョン・マカフィー:匿名仮想通貨「GHOST」発行へ|PoS採用でプライバシーも保護

ジョン・マカフィー:匿名仮想通貨「GHOST」発行へ|PoS採用でプライバシーも保護

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

注目度の高い仮想通貨ニュース

【動画解説あり】コインチェックの「新規登録・口座開設方法」を初心者向けに解説

【動画解説あり】コインチェックの「新規登録・口座開設方法」を初心者向けに解説

ビットメイン:最新型のマイニングマシン「Antminer T19」販売開始

ビットメイン:最新型のマイニングマシン「Antminer T19」販売開始

取引所からのビットコイン出金が急増|3月の暴落後に「310,000BTC以上」が移動

取引所からのビットコイン出金が急増|3月の暴落後に「310,000BTC以上」が移動

多言語対応のスマートチェックインサービス「maneKEY」公開|ブロックチェーン関連企業2社が協力

多言語対応のスマートチェックインサービス「maneKEY」公開|ブロックチェーン関連企業2社が協力

【Chiliz/CHZ】大手取引所「CoinDCX」でインドルピー(INR)との取引が可能に

【Chiliz/CHZ】大手取引所「CoinDCX」でインドルピー(INR)との取引が可能に

コインチェック:iOS版アプリに仮想通貨の「大口OTC取引機能」を追加

コインチェック:iOS版アプリに仮想通貨の「大口OTC取引機能」を追加

BINANCE:中国ドメイン「.cn」のウェブサイト公開

BINANCE:中国ドメイン「.cn」のウェブサイト公開

Klaytn:カカオトークの仮想通貨ウォレット「Klip」正式リリース

Klaytn:カカオトークの仮想通貨ウォレット「Klip」正式リリース

バイナンスコイン「金融・決済・旅行・エンタメ」など使用できるサービスの拡大続く

バイナンスコイン「金融・決済・旅行・エンタメ」など使用できるサービスの拡大続く

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

クラウド版のリップルネット「RippleNet Cloud」登場|低コストで技術導入可能に

クラウド版のリップルネット「RippleNet Cloud」登場|低コストで技術導入可能に

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す