ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

by BITTIMES   

ステラ(Stellar/XLM)の開発・運営を行う「ステラ開発財団(Stellar Development Foundation/SDF)」は2023年1月19日に、米商品先物取引委員会(CFTC)のグローバル市場諮問委員会に唯一のブロックチェーン代表として参加することを発表しました。

こちらから読む:北斗の拳、The Sandboxにメタバース構築「暗号資産」関連ニュース

唯一のブロックチェーン代表として意見提供

ステラ(Stellar/XLM)の開発・運営を行う「ステラ開発財団(Stellar Development Foundation/SDF)」は2023年1月19日に、米商品先物取引委員会(CFTC)のグローバル市場諮問委員会(GMAC)に唯一のブロックチェーン代表として参加することを発表しました。

ステラ開発財団は同委員会がグローバル市場の課題や機会についての助言を行う際に、仮想通貨・ブロックチェーン業界を代表する立場から意見を提供することになると報告されています。

ビッグニュース!ステラ開発財団がCFTCのグローバル市場諮問委員会に唯一のブロックチェーン代表として参加します。この委員会がグローバル市場の課題と機会について助言を行うにあたり、暗号資産ネイティブな立場からの意見を提供できることを嬉しく思います。

ステラ開発財団(SDF)は「JPモルガンゴールドマンサックスブラックロック」などの代表者とともにGMACに参加するとのことで、ステラ開発財団の公式発表では『GMACの優先事項にデジタル資産市場が含まれたことは、米国市場の将来におけるブロックチェーンと暗号資産の重要性を示している』と説明されています。

また、SDFは「ステラ開発財団が委員会に参加したことはブロックチェーンにとって重要なことだ」とも述べており、『ブロックチェーン業界に将来の規制構造や明確な情報をもたらすための会話に参加し続ける機会を提供する。明確な規則と賢明な政策があればこの業界を活性化させることができるため、私たちは政策立案者や規制当局と共に、その実現に貢献しなければならない』と説明されています。

グローバル市場諮問委員会での取り組みは?

ステラ開発財団はグローバル市場諮問委員会への参加にあたって「レイヤー1プロトコルのユニークな視点」や「ブロックチェーン技術が多くの有望なアプリケーションをサポートし実現するための基盤となるインフラであること」などを伝えていきたいと考えているとのことで、特に重要なアプリケーションの1つとしては「ステーブルコイン」が挙げられています。

具体的には「デジタル資産市場におけるステーブルコインの役割」や「Stellar Aid Assistによる人道支援の提供におけるステーブルコインの活用を含む、現実世界のユースケース」に焦点を当てると説明されています。

ステラ開発財団は『ブロックチェーンは伝統的な金融に取って代わるものではなく、私たちがすでに作り上げたシステムの上に構築され、共に機能するものだ』との考えを語っており、「これを実現するためにはブロックチェーン業界と伝統金融が協力してできるだけシームレスに動作するようシステムの相互運用性を確保することが必要となるため、グローバル市場諮問委員会は伝統金融とブロックチェーンが協力して将来の展望を見出すための絶好の機会になる」と述べています。

>>「ステラ開発財団」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ハッキングでイーサリアム「55億円相当」流出|韓国大手取引所「Upbit」が正式発表

ハッキングでイーサリアム「55億円相当」流出|韓国大手取引所「Upbit」が正式発表

リップル:国際送金ネットワーク開発をさらに強化|Google製品開発責任者を雇用

リップル:国際送金ネットワーク開発をさらに強化|Google製品開発責任者を雇用

取引所からのビットコイン出金が急増|3月の暴落後に「310,000BTC以上」が移動

取引所からのビットコイン出金が急増|3月の暴落後に「310,000BTC以上」が移動

暗号資産取次所SEBC「ビットコインの相談窓口」の営業日拡張へ|日曜・祝日も相談可能に

暗号資産取次所SEBC「ビットコインの相談窓口」の営業日拡張へ|日曜・祝日も相談可能に

資金洗浄対策に関する6つの改正法が成立|暗号資産送金の監視体制も強化

資金洗浄対策に関する6つの改正法が成立|暗号資産送金の監視体制も強化

ネットマーブルの暗号資産MBXトークン「Huobi・MEXC」上場へ

ネットマーブルの暗号資産MBXトークン「Huobi・MEXC」上場へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

SOL系ミームコインSealanaのプレセールが200万ドルを調達!スマートマネーが続々と参入か

SOL系ミームコインSealanaのプレセールが200万ドルを調達!スマートマネーが続々と参入か

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

日本円:対ビットコインで「価値ゼロ」として話題に

日本円:対ビットコインで「価値ゼロ」として話題に

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す