マネーグラム:Stellar・USDC活用した送金サービス「Crypto-to-Cash」提供開始

by BITTIMES   

米国の送金大手「MoneyGram(マネーグラム)」は2022年6月10日に、ステラ(Stellar/XLM)の技術やステーブルコインUSDCを用いた送金サービス『Crypto-to-Cash』を正式にローンチしたことを発表しました。

こちらから読む:OKCoinJapan、アバランチ(AVAX)取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

対応ウォレット・提供地域も拡大予定

MoneyGram(マネーグラム)は2022年6月10日に、ステラ(Stellar/XLM)の技術やステーブルコイン「USDC」を用いた送金サービス『Crypto-to-Cash』を正式にローンチしたことを発表しました。

『Crypto-to-Cash』はステーブルコインUSDCで即時送金を行うことができるサービスであり、Stellar対応ウォレットの利用者がUSDTを世界中の受取人に送金したり、受け取ったUSDCを法定通貨に換金したりすることができると報告されています。

最初に対応するウォレットとしては「Vibrant」と「LOBSTR」の2つが挙げられており、今後はより多くのウォレットに対応する予定だと説明されています。

ローンチ時点では「アメリカ・カナダ・フィリピン・ケニアなどを含む一部の国」でしかサービスを利用することができないものの、2022年6月末にはより多くの国や地域で利用できるようになる予定であるとも説明されており、ソリューション導入を促進するために最初の12ヶ月間に渡って「手数料無料」でサービスを提供することも報告されています。

MoneyGramは公式発表の中で『このサービス開始によって、デジタルウォレットの利用者は、現金から仮想通貨、そして再び現金へと、銀行口座やクレジットカードを必要とせずシームレスに移動できるようになる。消費者はマネーグラムの店舗に出向き、デジタルウォレットに現金を入金してデジタル経済にアクセスしたり、デジタル通貨を現金化して保有する通貨の価値を高めたりすることができる』と説明しています。

>>「MoneyGram」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジャスミー(Jasmy/JMY)2023年のロードマップ公開

ジャスミー(Jasmy/JMY)2023年のロードマップ公開

仮想通貨市場、ついに「トレンド転換」か?価格回復を予測する専門家たち

仮想通貨市場、ついに「トレンド転換」か?価格回復を予測する専門家たち

コロンビア最古の商業銀行「暗号資産の取引・入出金サービス」などをテスト

コロンビア最古の商業銀行「暗号資産の取引・入出金サービス」などをテスト

スロベニアで仮想通貨決済の導入進む「1,000ヵ所以上」でサービス展開:GoCrypto

スロベニアで仮想通貨決済の導入進む「1,000ヵ所以上」でサービス展開:GoCrypto

中国人民銀行:CBDC導入視野に「法律改正案」公開|人民元のステーブルコインは禁止に

中国人民銀行:CBDC導入視野に「法律改正案」公開|人民元のステーブルコインは禁止に

イタリア・セリエA:仮想通貨関連企業「Crypto.com」との提携関係を強化

イタリア・セリエA:仮想通貨関連企業「Crypto.com」との提携関係を強化

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説