カルダノ基盤の分散型取引所「WingRiders」とは?基本情報や特徴を解説

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)関連の暗号資産を簡単に交換することができる分散型取引所(DEX)である「WingRiders(ウイングライダーズ)」の基本情報や特徴などを初心者向けにわかりやすく解説します。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

WingRiders(ウイングライダーズ)とは?

WingRiders-Logo

WingRiders(ウイングライダーズ)とは、VacuumLabsによって運営されているCardano基盤の分散型取引所(DEX)であり、自動化されたアルゴリズム取引によって一般ユーザーの協力のもとで流動性を提供する自動マーケットメーカー(AMM)の仕組みが採用されています。

利用者はLedgerTrezor・Nami・Flintなどの仮想通貨ウォレットをWingRidersの公式サイトに接続することによってカルダノ基盤の様々なトークンを簡単に交換することができます。

特定の企業によって運営されている一般的な中央集権型取引所を利用する場合は、新規口座開設で氏名・住所・電話番号などをはじめとする様々な個人情報を登録する必要がありますが、WingRidersのような分散型取引所は公式サイトに自分の仮想通貨ウォレットを接続するだけで簡単に利用することができるようになっています。

分散型取引所(DEX)で取引できる仮想通貨の種類は、そのDEXがサポートするブロックチェーン・トークンによって異なりますが、WingRidersは記事執筆時点でCardanoブロックチェーンをサポートしているため、ユーザーはCardanoブロックチェーンを基盤とした各種トークンを取引することができます。

また、WingRidersはガバナンストークンである「WingRiders Governance Token(WRT)」も発行しているため、WRTを保有すればガバナンス投票の仕組みを通じてプラットフォームの方向性決定プロセスに参加することも可能です。

WingRidersの特徴

Blockchain-Catch

WingRiders(ウイングライダーズ)の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

Cardano関連トークンを取扱うDEX

WingRiders(ウイングライダーズ)はCardano関連トークンを交換できる分散型取引所(DEX)です。イーサリアム関連トークンを交換できるサービスは数多く存在しますが、カルダノ関連トークンを交換できるサービスはまだ限られているため、WingRidersはカルダノコミュニティにとって重要なサービスの1つとなっています。

カルダノのネイティブトークンである「ADA」は世界中の暗号資産取引所に上場していますが、カルダノブロックチェーンを基盤として発行されている各種トークンは取引所に上場していないことも多いため、カルダノ基盤トークンを交換したい場合には「WingRiders」のような分散型取引所が役立ちます。
>>「WingRidersで交換可能なトークン」はこちら

秘密鍵・暗号資産を自分自身で管理できる

WingRiders(ウイングライダーズ)は自己管理型ウォレットを接続して暗号資産を取引する形式の分散型取引所となっているため、自分自身で資産を管理した状態で各種トークンを簡単に取引することができます。中央集権型の暗号資産取引所では「取引所の破綻」や「ハッキング」などで数ヶ月間自分の資産にアクセスできなくなったりすることがありますが、WingRidersは好きな時にウォレットを接続してトークンを売買することができます。

WingRidersのライトペーパーでは「秘密鍵を持っていないのは、暗号資産を持っていないのと同じだ」ということが説明されています。自分だけで資産を管理できるという暗号資産の特徴を最大限に活かしたい場合は、WingRidersのようなDEXが最適な選択肢となります。

流動性提供による報酬獲得も可能

WingRiders(ウイングライダーズ)は取引所利用者などから各種トークンを借りるような形で流動性(交換のしやすさ)を確保しているため、流動性プール(Liquidity Pools)の機能を利用して特定の取引ペアで流動性を提供することで、その対価として報酬を得ることが可能です。

ウイングライダーズでは公式サイト上に存在する「Liquidity Pools」のページから自分が好きな取引ペアを選んで「ADD LIQUIDITY」のボタンをクリックすることによって流動性を提供することが可能で、Liquidity Poolsページの「Create a new pool」をクリックすれば新しい流動性プールを作成することも可能となっています。
>>「WingRidersの流動性プール」はこちら

追加報酬が獲得できる取引大会

WingRiders(ウイングライダーズ)では「Competitions」と呼ばれる取引大会の機能も提供されているため、対象期間中にWingRidersでADAのスワップ(交換)を行えば追加報酬を獲得できるチャンスがあります。

取引大会はWingRidersに接続された各種ウォレットアドレスの取引量を集計して、期間中の取引量が特に多かったユーザーにランク報酬を付与する仕組みで、上位100名のトレーダーに合計30,000WRTを分配、1位を獲得したトレーダーの報酬は3,500WRTとなっています。
>>「取引大会」のページはこちら

WRTを用いたガバナンス投票機能

WingRiders(ウイングライダーズ)はガバナンストークンである「WingRiders Governance Token(WRT)」を発行しているため、WRTを保有しているウォレットを接続することによって"ガバナンス投票"の仕組みを通じてプラットフォームの方向性決定プロセスに参加することが可能です。

WingRiders Governance Token(WRT)は先述した「取引大会の報酬」や「WingRidersのスワップ機能」で入手することが可能で、ガバナンス提案の内容確認や投票は「Governance → Voting」のページに移動することによって行うことができます。
>>「ガバナンス投票」のページはこちら

ブースト報酬を提供「FirstRiders FT」

WingRiders(ウイングライダーズ)では、流動性を追加してイールドファーミングを行なっているユーザーにブースト報酬を提供する機能を備えた代替可能トークンである「FirstRiders FT」も提供されています。

「FirstRiders FT」はカルダノ基盤NFTを売買できるマーケットプレイスである「jpg.store」で売買することが可能で、「ゴールド・シルバー・ブロンズ」という3種類のFTが提供されています。

発行枚数追加報酬
ゴールド107150WRT
シルバー112100WRT
ブロンズ174450WRT

>>「jpg.store」はこちら
>>「FirstRiders FT」の詳細はこちら

WingRiders Governance Token(WRT)の価格

WingRiders関連リンク一覧

WingRidersの公式サイト
WingRidersのサービスページ
WingRidersの公式Twitter
WingRidersの公式Telegram
WingRidersの公式YouTube
WingRidersの公式Discord
WingRidersの公式Medium
WingRidersの公式Reddit
WingRidersのGitHubページ
ライトペーパー
ホワイトペーパー

カルダノ(ADA)の売買が可能な国内暗号資産取引所ビットバンクはこちら

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本で初めての「ブロックチェーン不動産取引」を完了|安全・確実な契約を実現:Propy

日本で初めての「ブロックチェーン不動産取引」を完了|安全・確実な契約を実現:Propy

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

富山グラウジーズ:ブロックチェーン用いた「応援体験アプリケーション」導入へ

富山グラウジーズ:ブロックチェーン用いた「応援体験アプリケーション」導入へ

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

Socios.com「Gazzetta Sports Awards 2021」のオフィシャルパートナーに

Socios.com「Gazzetta Sports Awards 2021」のオフィシャルパートナーに

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

暗号資産レンディングのBitLending「XRP」取り扱いへ

暗号資産レンディングのBitLending「XRP」取り扱いへ

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す