メタケード:ニューヨーク州の仮想通貨決済採用に伴い、Work2Earnプログラムの開発を急ぐ

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

最近、ニューヨーク州で決済手段としてデジタル資産を採用する動きがあったことに伴い、仮想通貨市場における強気のニュースがさらに浮上しました。その一方では、仮想通貨の規制変更によって良い影響がもたらされると言われているメタケード(Metacade)のプレセールのステージが数回に渡り完売したという知らせも届きました。

ニューヨーク州が新法案を発表:この強気ニュースはメタケードにどのような影響を及ぼすのか?

ニューヨーク州は、新しい法案が可決されたことによって仮想通貨関連ニュースの見出しに度々登場しています。ニューヨーク州の新法案は「住民が仮想通貨で州機関に支払いを行えるようにする」というものです。これには罰金・税金・その他の支払い形態が含まれます。

この仮想通貨業界に明るいニュースは「米国の規制当局が仮想通貨に対してより好意的な見解を持ち始めた」ということを意味するものであり、今後さらに支払い形態として幅広く認められる可能性を示しています。

ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュは、ニューヨーク州への支払いに利用可能な仮想通貨として注目されています。 さらに、この可決は他のWeb3を利用したサービスにとっても朗報と言えます。

Web3は、ブロックチェーン技術が業界を問わず多くのユースケースを持つことから、技術的進歩の先端をいく分野だと言われています。ブロックチェーン技術を利用した分散型アプリケーション(dApps)がいかに実用的かを示す代表的な例として、最新のGameFiプラットフォームであるメタケードがあげられます。

メタケードの中でも特に注目されている取り組みの1つとしては、技術者向けに仕事の機会を作り、宣伝を行うWork2Earn(働いて稼ぐ)プログラムがあります。これは、コミュニティ主導のゲームセンターと包括的なブロックチェーンゲームプロジェクトを中心とするプラットフォームの大きな可能性を示しています。

この幅広い実用性が、ネイティブトークン「MCADE」のプレセールの勢いに火をつけました。MCADEが16週間で$11.7mの資金の調達に成功したことから、複数の専門家は「初期に投資をした場合、大きな利益が得られる可能性がある」と予想しています。

2025年までにMCADEが5ドルに達する可能性

メタケードがすでにプレセールで素晴らしい成功を収めていることに加え、仮想通貨への規制変更に関するニュースも浮上していることから、このプロジェクトの人気は急激に伸びるのではないかと言われています。専門家は、この通貨が取引所で売買されるようになるにつれてプラットフォームが徐々にユーザーを惹きつけると予想した上で、2023年末の価格水準予測を1ドルとしています。

現時点でメタケードの勢いを足止めするものは何一つとしてありません。プレセールが完了した後、市場の回復と共に徐々に価格が定まっていくでしょう。

メタケードは、大きな価格変動が起こる可能性が高いポジションに位置しています。2025年に予想される強気相場で目標価格の5ドルが実現された場合、2024年以降の上昇率は100倍を超えることになります。これは、プレセール終了時から250倍という信じられないほどの上昇率です。

メタケードとは?

ニューヨーク州が、仮想通貨業界やデジタル資産の行先を見守る中、ブロックチェーンゲーム業界は近々革命を起こすことになると言われています。メタケードは、ブロックチェーン上で最大規模のゲームセンターを構築しており、様々なジャンルのGameFi体験を提供することができるため、この業界を率いるプロジェクトになると言われています。

メタケードのプラットフォームのゲームには、統合された収益メカニズムがあります。プロジェクトの狙いは「プラットフォームを全てのWeb3ユーザーが集まるハブのような場所にすること」です。これを実現するため、最新のトレンドを表示したりと、今までになかった新しい形でユーザー同士の交流を促進します。

さらに大きなプラットフォームの特徴としては「Web3の世界でより多くのユーザーに楽しんでもらうため、いくつかの重要な機能が特別にデザインされている」という点が挙げられます。これにより、メタバースゲームセンターの枠を超えた莫大な収益機会が得られると見込まれています。

MCADEの仕組み

MCADEは、メタケードのプラットフォーム内通貨として機能します。ユーザーはオンラインゲームでレベルアップをしたり、有料のトーナメントに参加したりと、様々な方法でMCADEを獲得できます。

メタケードは、コミュニティに貢献したユーザーへの報酬としてMCADEトークンを与えます。貢献には、ゲームに対するレビュー投稿や、アルファの共有、他ユーザーとの交流などが含まれているため、メタケードコミュニティハブは、ブロックチェーンコミュニティーの間で大きな盛り上がりを見せてくれる事でしょう。

さらに、コミュニティメンバーをアルバイト・正社員などのWeb3関連の仕事に繋げることができるWork2Earn機能は、ブロックチェーン技術の進歩を促進する画期的な方法だと言われています。これにより、ブロックチェーンプロジェクトの労働力が拡大するだけでなく、新しくキャリアをスタートさせたいユーザーにとって、アクセスしやすい入口を提供することができます。

MCADEが有する価値について

MCADEトークンは、その長期的な可能性によって今まさに仮想通貨業界を騒がせている銘柄です。今後さらに、ニューヨーク州が業界に明るい話題をもたらし、MCADEプレセールが一層多くの投資家を惹きつけられた場合、このプロジェクトの未来はより明るいものとなるでしょう。

最近報道されている仮想通貨関連のニュースは、少しずつではあるものの市場状況の回復を示しています。そんな状況だからこそ、メタケードへの投資は大きく期待されています。ニューヨーク州での新法案が可決された直後にもかかわらず、メタケードは$0.02ドルという低価格でプレセールを開催しています。メタケードの詳細は以下の公式サイトから確認できます。

メタケードの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインドックが570万ドル達成:次の一手は?

ビットコインドックが570万ドル達成:次の一手は?

Coinstore「入金キャンペーン&豪華景品のバレンタインデーキャンペーン」開催!

Coinstore「入金キャンペーン&豪華景品のバレンタインデーキャンペーン」開催!

2023年のベストICOクリプトGameFi投資銘柄【PR】

2023年のベストICOクリプトGameFi投資銘柄【PR】

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」提供へ|XRP・LTCなど5名柄に対応

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」提供へ|XRP・LTCなど5名柄に対応

アルトシグナル、ASIトークンが2023年の仮想通貨界を揺るがす。ビットコインの価格予測に対抗できるのか?

アルトシグナル、ASIトークンが2023年の仮想通貨界を揺るがす。ビットコインの価格予測に対抗できるのか?

BTCC取引所、Bitcoinの15周年を15億Satoshiの大規模エアドロップで祝福

BTCC取引所、Bitcoinの15周年を15億Satoshiの大規模エアドロップで祝福

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説