SECがバイナンスUSとボイジャーの取引に異議の申し立て|2023年のアルトシグナル ASIトークンへの影響は?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨市場にて、バイナンスUS(Binannce.US)によるボイジャー(Voyager)の破産後の資産回収を巡り新たな騒動が起こっているというニュースが浮上しました。多くの投資家は、この件の不確実性から、傍観を余儀なくされています。そんな中、2023年の有力投資候補としてアルトシグナル(AltSignals)が開催しているASIトークンのプレセールに注目が集まっています。

この記事では、バイナンスUS・ ボイジャーの件で一体何が起きているのか、その結果がアルトシグナルにどのような影響をもたらすかについて解説していきます。

SECはバイナンスの計画に難色を示す

過去8ヶ月間、破産を余儀なくされたボイジャーは、窮地に立たされていました。2022年の弱気市場の犠牲者の1人である、この仮想通貨ブローカー会社は、現在投資家に返済をするために資産の買い手を探している状態です。FTXが倒産し、バンクマンフリード(Bankman-Fried)が複数の刑事告訴で逮捕される直前、 FTXと彼の取引が決まっていたと報じられています。

現在、最も注目されている入札者は、暗号資産取引所バイナンスの独立した米国部門であるバイナンスUSです。しかし、彼らがボイジャーの10億円の資産を買い取るという取引に対して、規制当局が異議を唱えています。ロイター通信によると、米国証券取引委員会(SEC)は、この取引が無登録の有価証券の募集・販売に当たる可能性があるとしています。

先日マイケル・ワイルズ(Michel Wiles)判事は、SECの主張の証拠が乏しいとしてこの取引を承認しました。しかし、これに続いて今度は司法省(DoJ)までもが関与してくる事態となりました。バイナンスUSとボイジャーの取引は、この問題の決着が着くまで保留されるべきであるとし、3月16日に却下されました。

法的な議論が交錯する中、バイナンスUSの入札は成功するのではないかという声が多くあります。これは、裁判所がバイナンス側の主張を肯定しているという見方が多いためです。訴訟の結果は、仮想通貨規制に関する新たなステップと見なすことができ、市場の活気をさらに高めると予想されます。結果として、現在進行中のアルトシグナルのプレセールをより一層活気づけることになると期待されています。

アルトシグナル、取引シグナルに革命を起こす

アルトシグナルは、2017年以来、高品質のコールを提供し続けている注目の取引シグナルプロバイダーです。脅威の正確性と収益性の高いシグナルを提供することを重点に置き、サービスを通して50,000人以上の無料購読者と1,400人以上のVIP会員を惹きつけています。仮想通貨・外国為替・株式市場を事細かに調べ、リアルタイムで投資機会を特定する最先端のAltAlgo™インジケーターによって実現されており、投資家やトレーダーがより多くの利益を生み出すための手助けをします。

プラットフォームの素晴らしい実績には、平均勝率64%の1,500以上の取引シグナルが含まれています。1月と2月でアルトシグナルは23のバイナンス先物取引で4,643% という驚くべきリターンを達成し、平均成功率を91%に維持しました。高いレベルのパフォーマンスにより、アルトシグナルはトラストパイロット(Trustpilot)で約500件もの好評レビューと、4.9/5という高い評価を得ています。

革新的なAltAlgo™アルゴリズムと並行して、アルトシグナルには取引のあらゆる分野において精通したエキスパートトレーダーチームがあり、AltAlgo™の予測を確認し、大幅な利益が見込まれるマーケットを特定しています。そして今このプロジェクトは、満を期してASIトークンとActualizeAIアルゴリズムをさらに世に普及するため、次のステップへと駒を進めています。

ASIトークンとは?

ASIトークンは、ActualizeAIアルゴリズムの開発を支援するために開発されました。この画期的なAIは、機械学習・自然言語処理・予測モデリング・センチメント分析などの最新の技術を活用し、取引シグナルのプロセスに革命を起こすといわれています。AI技術を既存のAltAlgo™アルゴリズムに導入することでさらなる強化を図り、アルトシグナルは全ての取引シグナルで80%以上の平均勝率を上げることを目標としています。

ASIトークンは、AltSignalsエコシステムの重要な要素です。競合他社に先駆け、投資家にAIを搭載した高精度の取引シグナルへのアクセスを可能とし、利益を最大化するのに役立ちます。ユーザーが、50,000 ASIトークンを保有している場合、ActualizeAIと今後行われるアップデートへの生涯無料アクセスが可能になり、AltAlgo™へのアクセス権も入手できます。

ASIを保有することで、製品テストへの参加・フィードバックの提供による通貨の獲得・アルトシグナルチームと交流が可能なAIメンバーズクラブへの入会などが可能となります。ユーザーは、ActualizeAIアルゴリズムの開発と改善に協力すればするほど多くの通貨を獲得できる仕組みになっています。さらに、メンバーシップのレベルアップやAIエコシステムの高度な機能へのアクセスへ使用される他、売却して利益を得ることもできます。

最も注目されている機能の一つに「ActualizeAIのセンチメント分析機能」があります。これは投資家が今にも爆発的に跳ね上がりそうな新たなトークンや仮想通貨プレセールを見つけるのに非常に役立ちます。ASIを保有するその他のメリットとして、ユーザーが利益を高めトップトレーダーとしての評価を獲得できる取引トーナメントへのアクセスや、プラットフォームの分散型意思決定プロセスに参加する機会などが挙げられます。

ASIプレセールは好調の滑り出し

バイナンスUSとボイジャーの取引が成立した場合、SECの反対を押し切って、仮想通貨市場の信頼性はさらに高まると予想されます。この場合、現在進行中のASIトークンプレセールにも、より多くの買い手が殺到する可能性があります。現在は、ステージ1に突入しており、1トークンが$0.015ドルで販売されています。なお、この価格で購入できる期間は限られています。

アルトシグナルに少しでも興味が湧いた方は、以下の公式サイトから詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

ASIの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget:暗号資産の冬の時期にもかかわらずグローバル従業員数を倍増へ

Bitget:暗号資産の冬の時期にもかかわらずグローバル従業員数を倍増へ

Faireum(FAIRC)ブロックチェーンで「オンラインギャンブル」の定額料金モデルを実現

Faireum(FAIRC)ブロックチェーンで「オンラインギャンブル」の定額料金モデルを実現

注目を浴びる積立投資(ドルコスト平均法)のメリットとは

注目を浴びる積立投資(ドルコスト平均法)のメリットとは

Bybit Games:トレーディングコンペ開催にあたり「Save the Children」と提携

Bybit Games:トレーディングコンペ開催にあたり「Save the Children」と提携

次のPEPEやBONKともいわれる新しいミームコインとは?Sponge V2、Meme Kombatをチェック!

次のPEPEやBONKともいわれる新しいミームコインとは?Sponge V2、Meme Kombatをチェック!

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

注目度の高い仮想通貨ニュース

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

ビットコイン価格は半減期後「4倍」になる?SkyBridge創設者の価格予想

ビットコイン価格は半減期後「4倍」になる?SkyBridge創設者の価格予想

BTC支持派のケネディJr氏が副大統領候補に?トランプ陣営上級顧問が報道内容を否定

BTC支持派のケネディJr氏が副大統領候補に?トランプ陣営上級顧問が報道内容を否定

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す