Ripple・XRP裁判で続報|米SECの「ヒンマン文書の非公開要求」裁判所が却下

by BITTIMES   

裁判所がヒンマン文書の非公開申し立てを却下

Ripple(リップル)米国証券取引委員会(SEC)の間では「仮想通貨XRPの有価証券性」に関する議論が続けられていますが、2023年5月16日にRipple社の一部主張が認められ、"ヒンマン文書の非公開措置"を求めるSEC側の申し立てが却下されたことが明らかになりました。

ヒンマン文書とは?

ヒンマン文書とは、元SEC企業金融部長のウィリアム・ヒンマン氏が2018年6月に発表したスピーチの内容を指す文書です。

ウィリアム・ヒンマン氏はこのスピーチで「ビットコインやイーサリアムなどの特定の仮想通貨が証券とみなされるかどうか」についての説明を行なっており、当時は「ETHはイーサリアムのネイティブトークンで証券ではない」と発言していました。

スピーチでは特定の取引が証券取引の定義の1つに該当するかどうかを判定する「Howeyテスト」と呼ばれる基準を引用しながら"仮想通貨の証券性"を判断する要素が説明されており、米SECとRipple社の訴訟問題では"Ripple社側にとって重要な証拠となる可能性がある"ともみられています。

XRP関連の訴訟問題とヒンマン文書

米国証券取引委員会(SEC)は「Ripple社が未登録証券に該当する仮想通貨XRPを販売した」と主張して、Ripple社や同社のブラッド・ガーリングハウス氏やクリス・ラーセン氏を提訴しています。

ヒンマン文書はこの裁判に関連する重要資料の1つであり、Ripple社は「ヒンマン氏のスピーチなどはSECのスタンスを反映するものなので公開されるべき」と主張、米SECは「ヒンマン文書は法的保護を受けるべき」と主張しています。

2022年4月にはサラ・ネットバーン判事が「ヒンマン氏のスピーチは法的特権で保護されるべきではない」との判断を下していましたが、SECはこれに意義を唱えています。

透明性のための新たな勝利

米SECは「ヒンマン文書を封印して非公開化すること」を求めていましたが、アナリサ・トーレス連邦地裁判事は今回このSEC側の申し立てを却下し、ヒンマン文書は一般公開の対象であるとの判断を下しています。

今回の判断では、個人情報や財務情報の削除などを含む"特定の情報を保護するための編集"は認められているものの、Ripple社のXRP販売に収入や取引プラットフォームへの報酬に関する情報を削除・修正しようとする試みについては「過大な範囲」として却下されています。

米SECには最高裁判所に上告を請求する権利が残されているものの、最高裁判所が上告を受け入れるには、一定の基準を満たす必要があるため、今回の判決は仮想通貨コミュニティにとっての勝利であるとして注目されています。

Ripple社のCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏は2023年5月17日のツイートで、今回の判決について『透明性のための新たな勝利である』とコメントし、『修正されていないヒンマン氏の電子メールがまもなく公開される』とも語っています。

透明性のための新たな勝利!修正されていないヒンマン氏の電子メールがまもなく公開されます。弁護士たちがそのための手続きを進めるのでご期待ください。

XRPの価格は2023年5月16日時点で57円前後となっていたものの、今回の判決を受けて価格は回復しており、記事執筆時点では「1XRP=62円」まで上昇しています。

裁判文書

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

バイナンスジャパン「移行手続き完了ユーザー向けのサービス提供」を開始

バイナンスジャパン「移行手続き完了ユーザー向けのサービス提供」を開始

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

暗号資産CFDサービス「LIGHT FX コイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産CFDサービス「LIGHT FX コイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

エルサルバドル「ビットコインシティの模型画像」を公開|市街地・空港・展望台なども

エルサルバドル「ビットコインシティの模型画像」を公開|市街地・空港・展望台なども

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

ビットコイン・ブロックチェーン初のICOに参加できる最後の24時間

ビットコイン・ブロックチェーン初のICOに参加できる最後の24時間

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す