秘密鍵復元サービス「Ledger Recover」リリース延期に|オープンソース化で懸念に対処

by BITTIMES

「Ledger Recoverのリリース延期」を発表

ハードウェアウォレットを展開しているLedger(レジャー)は2023年5月23日に、批判が殺到していた秘密鍵の復元サービス「Ledger Recover」のリリース時期を延期することを発表しました。

Ledger Recoverとは?

Ledger Recoverとは、Ledger社が2023年5月16日に発表したユーザーIDを用いた秘密鍵復元サービスです。

このサービスでは、ウォレットの復元で利用する"リカバリーフレーズ"を3つに分割して暗号化したものをLedger社などの第三者企業が保管し、復元したい場合には各社がその断片をLedgerデバイスに送り返して秘密鍵を再構築する仕組みが採用されています。

暗号資産ウォレットを新規作成する際には、ウォレットを復元する際に使用できる「秘密鍵」や「リカバリーフレーズ」が生成されますが、一部ユーザーの間では"秘密鍵やリカバリーフレーズを失くしてウォレットにアクセスできなくなる"という問題が発生していました。

Ledger Recoverは、そのような問題の解決策の1つとして開発された"任意のサブスクリプションサービス"で、Ledger利用者はこの機能の有効化・無効化を手動で切り替えることができる仕組みとなっていました。

懸念・批判の声を受け「リリース延期」を決定

Ledger Recoverは、ユーザー自身が利用するかどうかを自分で決めることができるオプション機能となっていますが、同サービスが発表された後は『分割されたリカバリーフレーズを預かった3社が鍵を復元できてしまう可能性がある』などといった懸念や批判の声が数多くでていました。

今回発表された「Ledger Recoverのリリース延期」という決定はこのような意見を受けてのものであり、Ledger Recoverを可能な限りオープンソース化して、顧客の理解が得られるまではリリースしないということが説明されています。

なお、Ledger社の会長兼CEOであるPascal Gauthier氏は、公式発表の中で『私たちはLedger Recoverのようなサービスの必要性を心から信じている』とも語っており、『私たちの使命は暗号資産を安全で使いやすいものにすることだ』と強調されています。

Ledger社は既に「Ledger Nanoアプリケーション・Ledger Live・オペレーティングシステムの一部」など150の項目をオープンソース化しているとのことですが、今後「Ledger Recover」がオープンソース化されれば、世界中の開発者がそのシステムの安全性や信頼性を検証できるようになるため、今後の新たな報告にも注目が集まります。

なお、Ledger社の最高技術責任者であるCharles Guillemet氏は、2023年5月23日のツイートで「Recoverプロトコルのホワイトペーパーが今後数日で公開されること」も報告しています。

Ledger公式発表

ledgerの画像 Ledger関連製品の購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米ドル強気相場終了後の「ビットコイン大幅上昇」を予想:金持ち父さん貧乏父さん著者

米ドル強気相場終了後の「ビットコイン大幅上昇」を予想:金持ち父さん貧乏父さん著者

Coinbase Pro:LINK・XRPなど4銘柄で「ユーロ・英ポンド建て」取引ペアを追加

Coinbase Pro:LINK・XRPなど4銘柄で「ユーロ・英ポンド建て」取引ペアを追加

フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」の詳細情報、徐々に明らかに

フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」の詳細情報、徐々に明らかに

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

日本居住者は「Binance.com」を利用できなくなるのか?今後の対応などを調査

日本居住者は「Binance.com」を利用できなくなるのか?今後の対応などを調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

LINE BITMAX:ステラルーメン(XLM)の信用取引が可能に|合計7銘柄に対応

LINE BITMAX:ステラルーメン(XLM)の信用取引が可能に|合計7銘柄に対応

Symbol活用する「Opening Line」AIRファンド・ラックから資金調達を実施

Symbol活用する「Opening Line」AIRファンド・ラックから資金調達を実施

インドネシアで仮想通貨決済すると懲役・罰金刑?バリ島知事が観光客に警告

インドネシアで仮想通貨決済すると懲役・罰金刑?バリ島知事が観光客に警告

STEPN:アプリ内で「Apple Pay」が利用可能に|Sparkポイントの購入方法も

STEPN:アプリ内で「Apple Pay」が利用可能に|Sparkポイントの購入方法も

Unstoppable Domains:メタバース関連団体「OMA3」に参加|Web3 Landドメインを標準化

Unstoppable Domains:メタバース関連団体「OMA3」に参加|Web3 Landドメインを標準化

dHealth Network:ブロックチェーン活用した「臓器ドナーカード」開発へ

dHealth Network:ブロックチェーン活用した「臓器ドナーカード」開発へ

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

BINANCEは顧客資産と企業資金を混同している?ロイター報道にバイナンス関係者が反論

BINANCEは顧客資産と企業資金を混同している?ロイター報道にバイナンス関係者が反論

大型イベント「Oasys Special Event」京都で開催へ|新作ゲーム・新Verseを発表予定

大型イベント「Oasys Special Event」京都で開催へ|新作ゲーム・新Verseを発表予定

Oasys「SBI VCトレードへのOASトークン上場」を正式発表|複数の連携も予定

Oasys「SBI VCトレードへのOASトークン上場」を正式発表|複数の連携も予定

2023年のクリプト投資:アルトシグナルのプレセールは注目すべき?

2023年のクリプト投資:アルトシグナルのプレセールは注目すべき?

専門家がアルトシグナルのプレセールをAI仮想通貨市場における次のビッグウェーブと位置付ける理由

専門家がアルトシグナルのプレセールをAI仮想通貨市場における次のビッグウェーブと位置付ける理由

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

人気のタグから探す