仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止|ロシアの厳しい対応

by BITTIMES

ロシアのトボリスク市にある裁判所は、現地に住むマイナー(採掘者)がマイニングマシンを輸入したことによって発生したトラブルを受けて『仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止する』ことを決定しました。

マイニングマシンの輸入によるトラブル

ロシアに住む仮想通貨マイナー(採掘者)は、個人使用を目的としてオンラインで購入した仮想通貨のマイニングマシンを輸入しようとしましたが、地元の税関事務所から厳しい指摘を受けています。

マイニング機器を輸入しようとしたことで控訴されることとなった彼は「オンラインストアから数学的および医学的計算のための私的使用のために仮想通貨のマイニング装置を購入した」と主張しました。

ロシアの連邦税関のウェブサイトに掲載されているマイニング設備の写真ロシアの連邦税関のウェブサイトに掲載されているマイニング設備の写真

しかし裁判所が彼の主張を受け入れることはなく、最終的にはマイニング設備の輸入が禁止されることとなっています。

すでに施行されているこの禁止措置は、”自分自身の個人的な使用のためにマイニング装置を輸入すること"などを禁止するものであり、地元のマイナーに適用されています。

裁判所と税関の厳しい対応

関税局は「ユーラシア経済委員会の非関税規制(関税以外の物資やサービスの輸入/輸出を制限する規制)の措置は、この商品(マイニング設備)にも適用される」と発表しています。

その後税関は彼に対して、ロシアのFSB(Federal Security Service)によって発行された通知または結論に関する詳細を提出するよう求めました。それにも関わらず税関は、それらの書類を受け取ることなく輸入を認めることを拒否しています。

この対応を受けたマイナーは、税関当局の行動に対してトボリスク市の裁判所に上訴することを決断し「仮想通貨のマイニングは自身の科学的活動の副産物である」と主張しました。

しかし提出されたすべての証拠を調べた裁判所は、『輸入に関する法的規制は、輸入時に個人が宣言した目的に依存しないため、"仮想通貨のマイニングは自身の科学的活動の副産物である"という彼の主張を受け入れることはできない』と発表しています。

最終的に裁判所は、『チュメニ税関事務所のトボリスク税関が、仮想通貨のマイニングを目的とした機器の輸入を拒否することを合法的に認める』と発表しました。

仮想通貨に対するロシアの姿勢

今月の7日には、ロシアの分析信用格付け機関(ACRA)から『仮想通貨は決済手段として利用できる段階ではない』という報告が発表されています。

ACRAは『仮想通貨は現在、通貨の機能を完全に果たしてはいない』と説明しており、極端に高い価格の変動率などが決済手段として効率的とはいえないと語っています。

この他にも「今後ロシアで仮想通貨が普及する可能性は低い」とも語っており、その理由として『ロシア連邦中央銀行による規制への取り組みがかなり厳しいこと』や『投資リスクが高いこと』、『自社の商品やサービスの支払いに仮想通貨を受け入れる準備のできている企業が少ないこと』、『従来の通貨に本来備わっている資金の安全性に対する保証が欠如していること』などの様々な問題点を挙げています。

またウラジミール・プーチン大統領も7日に放送された番組の中で、仮想通貨に対して全体的にやや否定的な意見を述べています。

プーチン大統領が語ったコメントはこちら

ロシアでは7月1日に仮想通貨規制法の最終版が制定される予定となっています。

(引用:news.bitcoin.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

世界4大会計事務所KPMG:暗号資産関連企業2社と共同で「新サービス」提供へ

世界4大会計事務所KPMG:暗号資産関連企業2社と共同で「新サービス」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

Twitter「NFTをプロフィール画像に設定する新機能」を開発中

Twitter「NFTをプロフィール画像に設定する新機能」を開発中

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Chiliz&Socios:テニス業界初「Kosmos Tennis」と提携|$DAVISファントークン発行へ

Chiliz&Socios:テニス業界初「Kosmos Tennis」と提携|$DAVISファントークン発行へ

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す