スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

by BITTIMES   

スイ(Sui/SUI)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・対応ウォレット・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

スイ(Sui/SUI)とは?

スイ(Sui/SUI)のロゴ画像

スイ(Sui/SUI)とは、高い取引処理能力やスマートコントラクトの機能を備えたレイヤー1ブロックチェーン「Sui Network」で使用されるネイティブトークンです。

Suiは、Meta(旧:Facebook)が開発を進めていた仮想通貨プロジェクトDiem(旧:Libra)の元開発者らが率いる「Mysten Labs」によって開発されたブロックチェーンであるため、AptosのようなDiem系L1ブロックチェーンの1つとしても知られています。

Mysten Labsは「Circle、Binance Labs、Jump Crypto、a16z、電通ベンチャーズ」などから支援を受けており、2022年9月にはブロックチェーン開発のためのシリーズB資金調達ラウンドで3億ドルの資金を調達しました。

なお、Suiは2022年8月にテストネットを立ち上げた後、2023年5月3日にメインネットを稼働させています。

暗号資産「SUI」について

暗号資産SUIは、Suiのブロックチェーンで使用されるネイティブトークンです。

SUIは、ガス代の支払い・オンチェーントランザクションの実行・ステーキングなどに使用される暗号資産で、SUI保有者はプロジェクトのガバナンスに関わる権利を得ることもできます。

なお、SUIは「BINANCE・Coinbase・Kraken」などといった様々な大手暗号資産取引所に上場しており、日本国内の暗号資産取引所である「OKCoinJapan」からも上場発表が行われています。

スイ(Sui/SUI)の特徴

Sui-Build-Beyond

スイ(Sui/SUI)の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

トランザクション処理能力が高い

Sui Networkは、トランザクション(取引)の処理能力が高いのが特徴で「1秒あたり最大約30万件の取引を処理することができる」と伝えられています。

ブロックチェーンでは、1秒間に処理できるトランザクション件数を示す指標として「TPS」が使用されますが、このTPSに関してはビットコインが7件程度、イーサリアムは15程度とされています。

処理能力が低い場合には「取引処理の遅延」や「手数料の高騰」などの問題が発生する可能性がありますが、Suiは1秒間に12万〜30万件のトランザクションを処理できるとされているため、多くのユーザーに安定した取引環境を提供できると期待されます。

Diem関連のレイヤー1ブロックチェーン

Sui Networkは、Facebook主導で開発が進められていた暗号資産プロジェクト「Diem」の元メンバーによって開発された"Diem関連のレイヤー1ブロックチェーン"としても知られています。

Diemは元々「Libra」として知られていたステーブルコイン関連のプロジェクトで、2019年〜2021年頃まで世界的に注目を集めていましたが、規制当局や政府関係者から反対の声が多くあがり、2022年1月にはサービス提供を断念することが発表されました。

Diem関連のレイヤー1ブロックチェーンには「Aptos」と呼ばれるブロックチェーンもありますが、AptosとSuiは開発言語などでも共通点があるため、これら2つのチェーンは競合プロジェクトとしても注目されています。

開発言語で「Move」を採用

Suiは、Facebook(現:Meta)が開発を進めていたDiemの仕様を引き継いでいるため、スマートコントラクトを開発するためのプログラミング言語として「Move」と呼ばれる開発言語が採用されています。

Moveは安全性が高いのが特徴で、先述したAptos Labsが手がける別のレイヤー1ブロックチェーン「Aptos」でもMoveが使用されています。

Suiが採用しているのは、Move言語をベースにさらに改修した「Sui Move」と呼ばれる言語で、Move言語の見た目やファイル構造はRustに似ているため、NearやSolanaなどの開発者には触りやすいものとなっています。

トランザクションの並行処理

Suiは、トランザクション(取引)の並行処理を可能にすることによって、仮想通貨業界で重要視されている「スケーラビリティ問題」の改善に取り組んでいます。

スケーラビリティ問題とは、利用者の増加によってデータ処理が追いつかなくなり、トランザクション手数料の高騰や送金遅延などが発生する問題のことを指します。

Suiは、トランザクションを1つずつ順番に処理するのではなく、同時に複数のトランザクションを実行することによって、1秒間に処理できるトランザクションの件数を増やしています。

Delegated Proof of Stake(DPoS)

Suiは、コンセンサスアルゴリズム(取引承認・合意形成の仕組み)としてデリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)と呼ばれる仕組みを採用しています。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは、暗号資産の保有量に基づいてブロック承認の割合を決める仕組みのことであり、第3世代のブロックチェーンとも呼ばれる次世代型のブロックチェーンで広く作用されています。

DPoSは、コイン保有者の投票によって委任された承認者がブロックを承認するコンセンサスアルゴリズムであり、消費電力が少ない・中央集権化のリスクを抑えることができる・トランザクションの高速処理が可能など、様々な特徴を有しています。

SuiはこのDPoSを採用しているため、現在は複数の暗号資産取引所でも「Suiのステーキングサービス」が提供されています。

スイ(Sui/SUI)の基本情報

名称スイ(Sui)
ティッカーシンボルSUI
取引承認方法Delegated Proof-of-Stake(DPoS)
メインネット公開時期2023年5月3日
発行上限10,000,000,000 SUI
開発企業Mysten Labs

スイ(Sui/SUI)のコントラクト一覧

【Sui】
0x2::sui::SUI

SUIのリアルタイム価格・チャート

SUIを取扱う暗号資産取引所

スイ(Sui/SUI)が上場している暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます(2024年3月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)
Binance Japan(バイナンスジャパン)

【海外の暗号資産取引所】
BINANCE(バイナンス)
KuCoin(クーコイン)
Bithumb(ビッサム)
Coinbase(コインベース)
Kraken(クラーケン)
Bitfinex(ビットフィネックス)
OKX(オーケーエックス)
Bybit(バイビット)
Gate.io(ゲート)
Bitget(ビットゲット)
MEXC(エムイーエックスシー)
など

SUI対応ウォレット

スイ(Sui/SUI)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Sui Wallet(スイ・ウォレット)
Trust Wallet(トラストウォレット)
Ledger(レジャー)

スイ(Sui/SUI)関連リンク

SUI公式サイト
SUI公式X
SUI公式YouTube
SUI公式Discord
Github
ホワイトペーパー
エクスプローラー(Sui Explorer)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:新たな暗号資産マイニングサービス「Smart Pool」公開へ

BINANCE:新たな暗号資産マイニングサービス「Smart Pool」公開へ

東映アニメーション「The Sandbox」で新規事業スタート|先着1,000名Giveawayキャンペーンも

東映アニメーション「The Sandbox」で新規事業スタート|先着1,000名Giveawayキャンペーンも

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

カルダノ(ADA)価格上昇で「68円」まで回復|XRPを抜き時価総額ランキング4位に

カルダノ(ADA)価格上昇で「68円」まで回復|XRPを抜き時価総額ランキング4位に

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

危険なWeb3取引を事前通知「KEKKAIのモバイルアプリ」が登場|ポイント機能も搭載

危険なWeb3取引を事前通知「KEKKAIのモバイルアプリ」が登場|ポイント機能も搭載

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン投資戦略「NASDAQ上場の医療機器メーカー」も採用|約63億相当の購入報告

ビットコイン投資戦略「NASDAQ上場の医療機器メーカー」も採用|約63億相当の購入報告

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

ブラジル最大手銀行:仮想通貨取引サービスを「全ユーザー」に開放

ブラジル最大手銀行:仮想通貨取引サービスを「全ユーザー」に開放

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

BTC価格の高値更新が予想される中、ビットボットの成長に期待が集まる

BTC価格の高値更新が予想される中、ビットボットの成長に期待が集まる

世界初のSolana向けEVM互換L2「Solana VM」2024年にリリース予定|$SVMプレセールで100万ドル以上を調達

世界初のSolana向けEVM互換L2「Solana VM」2024年にリリース予定|$SVMプレセールで100万ドル以上を調達

オーストラリア初の現物ビットコインETF「Monochrome Bitcoin ETF(IBTC)」取引開始

オーストラリア初の現物ビットコインETF「Monochrome Bitcoin ETF(IBTC)」取引開始

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す