カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

by BITTIMES

DAppsの相互運用性を実現する大規模アップグレード

カルダノ(Cardano/ADA)の創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は2024年2月13日に、カルダノの分散型アプリケーション(DApps)とブロックチェーンの相互運用性を強化する大規模アップデートが迫っていることを報告しました。

今回の投稿は、現在カルダノのガバナンス機能テストネット「SanchoNet」でテストが可能となっている「Plutus V3」に関するもので、『Plutus V3は、Changハードフォークを伴う大規模なアップグレードであり、Cardano DAppsとブロックチェーンの相互運用性を実現する』と説明されています。

Plutus V3は、Changハードフォークを伴う大規模なアップグレードであり、Cardano DAppsとブロックチェーンの相互運用性を実現します。

スマートコントラクト機能・相互運用性・開発環境を強化

Plutus(プルータス)とは、カルダノでスマートコントラクトを記述するためのプログラミング言語のことを指します。

Plutus V3は、カルダノのスマートコントラクト機能・相互運用性・開発環境を強化するための大規模アップグレードであると報告されており、このアップグレードでは開発者により多くのツールが提供されるため、スマートコントラクトを作成する際の可能性が広がると説明されています。

これによって、開発者は充実した開発者向けツールキットを使用しながら、より効率的にスマートコントラクトを作成・展開できるようになるとのことで、「このアップグレードはコストを削減するだけなく、新しい開発者を取り込むのにも役立つ」とも説明されています。

Input Outputの公式発表によると、Plutus V3で新しく追加された「Sums of Products(SOP)」と呼ばれる機能によって、様々なタイプのデータを直接表現できるようになり、スクリプトがより小さく、より手頃な価格になり、結果としてプログラムの実行速度が30%向上するとのことです。

また、Plutus V3では、ユーザーが分散型ガバナンスメカニズムに関するカルダノ改善提案「CIP-1694」のガバナンス関連エンティティを表示できるように更新されたスクリプトコンテキストが提供されるとも説明されています。

Input Outputは『Plutus V3は、カルダノの開発者コミュニティにより優れた効率・オプション・使いやすさを提供し、この全てが開発者への普及を促がすための鍵になる』と語っています。

この改善によって、開発者はイーサリアムからスムーズにスマートコントラクトを移行できるようになり、サイドチェーンブリッジの作成が可能になるため、最終的にはCardanoエコシステムの拡大につながると期待されています。

>>カルダノ関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ブロックチェーンは「チャリティー」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「チャリティー」をどのように変えるのか?

メタマスク:Squid統合で「20秒以内のクロスチェーンブリッジ」が可能に

メタマスク:Squid統合で「20秒以内のクロスチェーンブリッジ」が可能に

IOSTを購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

IOSTを購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Opening Line:静岡県主催の人材育成プログラムで「NFT修了証の発行」をサポート【自治体初】

Opening Line:静岡県主催の人材育成プログラムで「NFT修了証の発行」をサポート【自治体初】

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

エルサルバドル:ビットコインをコールドウォレットに移動「予想外のBTC保有量」も判明

エルサルバドル:ビットコインをコールドウォレットに移動「予想外のBTC保有量」も判明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す